スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

私はだ~れ? [自己紹介 その2]

2009.07.15 00:24  自己紹介

 えー、ヴァイオリンとはほとんど(?)関係のないお話です・・・

 このブログのアクセスログをみていると、たまーに私のハンドル名のcredenzaやブログのアドレスに入っているHMV163で検索して飛んでこられる方がいらっしゃるようです。

 これ、なんだかわかる方はちょっとしたびょーきです(笑)。なに、大人になってなーんにもびょーきを持っていない方がちょっと不思議なので、全然平気だと思いますけど。(笑)

 ハンドル名のcredenzaはあちこちで使っていますが、これは蓄音器の名前です。HMV163も別の蓄音器の名前なのでこれらの検索でこのブログにこられた方は大概蓄音器マニアの方ではないでしょうか?
 
 このブログでは蓄音器の話は今のところほとんど出てこないので、がっかりさせてしまって申し訳ありません。と書いても???な方が大半だと思いますので、簡単に紹介しておくと、

●credenza(クレデンザ)、
credenzaIMG_2283.jpg はアメリカビクター社が1925年に発売したアコースティック(=つまり音の増幅に電気を使わない)蓄音器の最高峰の名前です。(正式には、オルソフォニック・ビクトローラ、”クレデンザ”となります。)

 それまでの機械式吹き込みから電気録音に変わったレコードに対応するために開発された一連の蓄音機の中ではもっとも大型で高価な機種で、これを超える蓄音器はない、とまで言われる蓄音器の名機です。

 この当時発売された蓄音器にはcredenzaをはじめchippendaleとかちょっとしゃれた名前が付いています。その後単に8-30とか型番で呼ばれるようになります。どこの世界もつまらなくなっていくわけです(笑)。

 ちなみにcredenzaとはイタリア語で食器棚や大型の本棚を意味します。辞書を引いて見ると、

     【1】(特に脚のない)戸[食器]棚(sideboard, buffet).(また credence)
     【2】(書類・事務用品などを入れる)サイドキャビネット,脇机わきづくえ.

 と出てきます。まさに貫禄十分な蓄音器にふさわしい名前です。一度でもきちんと整備されたこの蓄音機で状態のいいSPレコードをお聴きになると、「昔の人はなんていい音で音楽を楽しんでいたのだろう」と思われるのではないでしょうか。

 昔、この蓄音器がたまらなく欲しかったのでそのままハンドル名にしました。(写真は、「銭形平次」の作者、野村胡堂氏が所有していたクレデンザ。)
  
●HMV163、
 は英HMV社(=アメリカ・ビクター社の親戚です)が1928年頃発売した中型蓄音器です。これ、もっています。

HMV163P1130679.jpg  先のcredenzaをやや小型にしたようなものですが、大きさのほかはほぼ同じ構造です。大きく違うところはクレデンサのホーンが木製なのに対し、一連のHMV製の蓄音器は同じようなリエントラント・ホーン(=内部で複雑に折り曲げたラッパのこと)ですが金属でできているところです。

 それにより再生される音の感じもちょっと異なったものとなるのですが、この蓄音器でクライスラーやエルマンの演奏を聴くのがなによりの楽しみとなっています。

 というわけで、長年の念願がかなって、3、4年前に当時住んでいたブリュッセルで手に入れた2台(もう一台はHMV130)の手巻き蓄音器で古いSPレコードを楽しむのが現在のところヴァイオリン以外の趣味の一つとなっているわけです。

↑ HMV130(左)とHMV163(奥)。 ブリュッセルのアパートで撮影。現在はほとんど物置状態の中に鎮座しています(笑)。

続きを読む

スポンサーサイト

タグ : 蓄音器 HMV163

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

はじめまして

2009.06.15 23:55  自己紹介

 突然ヴァイオリンを始めることにしました。

 これまで何度もヴァイオリンが弾けたらいいな、とは思っていましたが実際に習うまでには至りませんでした。そういえば、20年ほど前にある人から「ヴァイオリンを弾いてみれば?」と言われたこともありましたが、なぜかその時は気が進まず始めまるには至りませんでした。当時は外国にいて、いきなり外国語で楽器を習うことにためらいがあったせいもありますが、今から考えるととても残念なことをしたものです。

 しかし、昨年45回目の誕生日を迎え、元気で遊び回れる(?)のもあと20年ぐらいだろうと思ったことをきっかけに思い切って始めることにしました。(とはいえ実際に先生(師匠)を見つけてレッスンに通い始めたのは、2008年も押し詰まってからでした・・・)

 何事もそこそこプロとしてできるようになるためには約1万時間かかると言われています。パイロットだって1万時間の飛行時間があると「ベテラン」と呼ばれています。仕事だってやはり就職してから毎日一日8時間労働で年間300日くらい働くとしてして、4、5年。それぐらいたてばようやく一人前になる場合が多いのでは無いでしょうか。

 就職してから約20年。あと20年でとりあえず一区切りつく様になると考えると、ヴァイオリン習得に1万時間かけるためには、10000時間÷20年=500時間、つまり年間500時間、一年300日練習したとしても毎日平均1時間半弱練習する必要があります。

 こう考えてくると新しい趣味を始めて、そこそこ上手くなるためにはもうこのあたりがぎりぎりのタイムリミット、point of no returnであると考えた次第です。

 もちろん1万時間も弾ける訳がないですし、毎日そんなに練習する余裕もないと思うのですが、まあ、老後の楽しみを確保しておくためにもそろそろ始めておくに超したことはありません。

 ほら、論語にもあるでしょう、「四十にして惑わず、五十にして天命を知る。」そして「六十にして耳順う」。60歳になればいかに下手なヴァイオリンでも耳の方があきらめてしまうというものです(笑)。

 という訳で、よたよたと寄り道しながらもヴァイオリン弾きを目指す日記です。

 どうぞよろしくお願いします。



[プロフィール]

名前:credenza

年齢:1963年生まれ

性別:♂

生息地:東京

音楽歴:幼稚園~小学校高学年まで ピアノ
中学・高校  男声合唱ほか
その後  聴く方専門(笑)


テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。