スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

弓の毛替え

2010.10.26 01:17  マイ・ヴァイオリン

 発表会までそろそろ一月となりました・・・全然弾ける気がしませんが。

 去年はソロ1曲だったのに比べ、今年は生徒有志でのアンサンブル2曲がくわわり、こちらで意外に苦戦しています。時々アンサンブルのレッスンがあるのですが、あまりの出来の悪さに流石に師匠も危機感を感じたらしく、冷静を装いながらも時々個別のレッスンでもちょっと見ていただいています。

 ここに来て「焼け石に水」、のような気もしますが、師匠にダメだしされて「頑張ってください!」などといわれると流石に一寸練習しないとまずいな、と言う感じにはなっています。夏以降、仕事も忙しいですし、アンサンブルの曲の分を勘案してソロの曲は短めにしたのですけど、結局土壇場までどたばたしそうです。

 というわけで、発表会を前にしてやっぱり現実逃避です。

 えー、弓の毛、替えたのは3月ごろだったので実はそろそろ半年。3曲ともこれまであんまり鳴らさなかったG線をガンガン弾くので、弓のすべり具合がなんとなく気になってきました。

 ま、それ程練習に励んでいるわけではないので、あまり痛んでいないといえばその通りなのです、やっぱり一寸気になります。
 
 と言うわけで、レッスンの帰りいつもお世話になっている楽器店に電話を入れると、「あ、今週ちょっと・・・最短で水曜日預かり木曜日上がりになりますね。」と言われてしまいます。あの、木曜日飲み会だったりするのでそうすると弓、回収できるのがレッスン直前になってしまいます。これは不安です。

 仕方が無いので、その場でやってくれる工房のある楽器屋さんをあちこち探します。そして、最安値だったのが早稲田の駅からも程近いY楽器店。雑誌などにも載っているお店です。もともとは楽器の卸専門だったのが小売も始めたようで、メンテのための工房が店内にあります。

 日曜日の朝、いきなり電話をかけてから早速弓を持ち込みます。毛を交換してもらう40分ほどの間、店でかっている?子犬と戯れて待ちました。

 出来上がりは・・・まあまあ。一寸毛の量が多めで少し張り方のバランスが悪いような気もしましたが、まあ、こんなものでしょう。どうせ弓の張り具合で影響のでるような腕はありませんし、それほどややこしい曲を弾くわけではなし、しっかり新しい毛に張り替えてあればOKです。なによりお値段もとてもリーズナブルでした。

 翌週。アンサンブルのレッスンの後、ワイワイやっていると師匠から「そろそろ弓、替えたら?」といわれたお仲間もちらほら。カクカクシカジカで・・・と言っているとその場で件の楽器店に電話して、3人ばかり駆け込みで毛替えをしたようです(笑)
 
 あとは弦をどうするか。これはもう少し考えてから交換しようと思っています。とはいうものの、エヴァ・ピラッツィに戻したのが8月なので、E線以外はこのままでもいいのですけど・・・
スポンサーサイト

タグ : 毛替え

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(14) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Credenza の本棚

2010.10.19 01:03  credenzaの本棚

 本棚を整理していたら、ヴァイオリン関係の本もそこそこ出てきました。

 ほとんどは積読になっています・・・何冊かは記事にもしましたが、とても全部を書く気になりません。

 とはいえ、せっかくなので、Amazon Storeに纏めて、ちょこっとコメントを書くことにしました。何しろいい加減な斜め読みが身上なので、眉にツバつけてご覧ください。(右側のコラムにリンクがあります。)

 あるいはこちらから↓

 Credenzaの本棚

 それにしてもこうやって見て見ると、ヴァイオリン関係って結構絶版が多いですね。

 
こちらはリアルな本棚の一部(本文とは関係ありません(笑))
1231IMG_5088.jpg

タグ : Credenzaの本棚

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

#80-2 へ調のメロディ・・・ン?何回目?

2010.10.18 00:50  レッスン日記

○ヘ調のメロディ

 さて残りの時間はヘ調のメロディです。

 前回の注意からあまり変わっていません、というか、この曲単純なので注意されるところはもう決まっています。でもできないんですね。

 といことで、今回の注意点は

・5ポジの音程。ここは一番盛り上がるところなので余裕を持って弾くこと!ってできれば苦労しません。

・トリル トリルがきちんとかかっていない、テンポ、リズムが崩れる(とくに3拍のばすところが完全に2拍になってしまっている)

・カデンツの一弓スラー 全然だめ。というかですね、師匠の前ではじめて一弓でスラーかけたのですが・・・特に最後のリズムがおかしい。フレーズの切れ目は、ドド♯ミ レレ♭ドとなるのに、ミーレとスラーがかかっている!等々。
0melodyin F cadenza

 ここ全然弾けません。先の記事に書いたとおりです。

 といったことをやっているとあっという間にレッスン修了です。

師匠のコメント「中間部ですね、あとは。それから主題再現部で最初のテンポに戻るように。もうテンポ決めてしまってもいいかもしれません。がんばってください!」

 うーん、全然いい音で鳴っていないのですけど・・・

レッスンの記録
第80回
・カイザー18番
・ヘ調のメロディ(3回目)

タグ : カイザー 18番 ルビンシュティン へ調のメロディ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

#80 おはこのおわり

2010.10.15 00:55  レッスン日記

レッスン日記 第80回
2010.09.25

 気がつけばレッスンも80回目。ようやく涼しくなってきました。
2週間ぶりの師匠、お元気そうです。

 「先週代講をお願いしたQ先生、ほめていましたよ。」と伝聞形で少しほめられます。どこがよかったのでしょうかね?

○カイザー18番

 「Q先生、あと一歩だと言ってましたけど・・・」と師匠。まあ、ずいぶんやっていますからね。

 さすがに今回は10小節で打ち切りになることなく、所々で音程のまだ少し曖昧なところを修正されます。あと、ずいぶん弾いていることもあって、かなり走りがちになるのをゆっくり弾くように何度も指摘されます。

 懸案の一弦飛ばしの移弦については、「E線、D線の移弦はちゃんと弓を止めてからやっているのでうまく行っています。A線、G線はときどきそのまま移弦しちゃっているのでもう少し。でもこれまでよりずっと良くなっています。」というところ。

 A線、G線の方はそれほどD線を鳴らすことなく移弦できていたため、あまりわざとらしくやっていなかったのでかえって目立つのかもしれません。

 ともあれ、「この曲、一月以上やっているのでなんだか『もう飽きた』、という感じの音がしていますし、たぶんあと2,3週間やっても今の段階ではあまり変わらないでしょうから、終わりにしましょう。もう少し気をつけて弾けるようになると、もっともっとよくなります。」ということでようやくおしまいになりました。

 レッスンが飛んだり、代講だったりしたこともあるのですが、結果的に一月以上これやっていたの、ちょっと時間がもったいなかったです。

 移弦は・・・気をつければそこそこできるようになりましたが、前の音に変にアクセントが付きがちです。このあたりスムーズにできるようになりたいものです。

(つづく)

タグ : カイザー 18番

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

#79 代講レッスン

2010.10.09 01:42  レッスン日記

レッスン日記 第79回
2010.09.18

 さてなんとなく気まずいまま終わった前回のレッスン。最後に突然師匠から、「来週申し訳ないけれど、代講になります。」。もうちょっと早く教えてほしかったですけど、師匠のご都合は十分承知していますので・・・。

 ということで、代講の先生は師匠の後輩。もともとお若い師匠の後輩なので、ひょっとして現役の音大生かと思いましたが、もう卒業して2年になるとか。これは失礼しました、などとご挨拶します。

 早速調弦しますが、なかなか合いません。途中先生に微調整していただきました。季節の変わり目なのか、最近うまくいきませんね。

 で、レッスンの前に少しおしゃべり。なぜヴァイオリンをはじめたのか、いつからはじめたのか、今何をやっているのか、などなど。こちらからもあれこれ質問しているうちにかなり時間がたってしまいました。

○カイザー18番

 「なにからやりますか?」と先生が聞かれるので、かくかくしかじかで、と申し上げると、「始めて2年もたたないのにこんなに難しいのやってるのですか!」とおっしゃいます。あの、引継ぎってやらないんですかね。普通の仕事だとやるんですけど・・・まあいいや。

 一通りゆっくり弾きます。特段コメントなし。

 懸案の移弦について感想を伺うと「そんなに言うほど気になりませんでした。練習の成果が出ているのでは?どうしても引っかかるようだったら、直前で一旦切って、改めて弾きなおす。そして、その間隔をだんだんつめていくように練習すればいいでしょう。」ということで何回か弾いてみます。

 あとテンポがゆっくりなのとスタッカートを全部飛ばしてレガートで弾いている点を指摘されます。あ、これ師匠の指定なんですけどね。まあついでなので少しテンポを上げてスタッカートでも弾いてみます。「そうそう、そういう感じ。とてもいいですよ。」ということで終了。

 まあ、先週師匠に「来週もう一度聞かせてください。」と言われていたので、もう一回やるわけですけど。

○へ調のメロディ

 カイザーが終わって「次は何ですか?」と聞かれたので、これまでの経緯をご説明。ついでに発表会ではこの曲をやることを説明します。

 こちらもゆっくり弾き始めます。さすがに先週よりはマシになっていると思いますが・・・やっぱり重音のところがまだまだですね。ポジション移動も少し不安定ですけど。

 先生のコメント「ヴァイオリンはじめて2年弱でそこまで弾けるのなら言うことありません。音楽の流れとかばっちりですし、譜読みも正確にできているのであとは音程に気をつけて練習していけばいいでしょう。」

 うーん、これはこれでレッスンにはならんですね。音楽の流れはまあ、適当にいつもやるので極端な話、レッスンで見ていただかなくても一向に構いませんが、そうではなくってもっと細かいところ、どうすれば良くなるか教えていただきたいものなんですけど。

 というわけで特に気が付いた点をお聞きすると「重音のところは、どちらかといえば下の音をしっかり響かせること。あとはあまり私がごちゃごちゃかき回すのは悪いので・・・でもよく弾けていましたよ。」ということで、これ以上やってもあまりレッスンにはなりそうもないので、もう一度弾くのはやめにして、師匠についての四方山話などをして早めにレッスン終了です。

 うーん。

レッスンの記録
第79回 Q先生代講 2010.09.18

・カイザー18番
・へ調のメロディ

タグ : カイザー 18番 ルビンシュティン へ調のメロディ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

#78 不愉快なレッスン日記・・・

2010.10.06 00:30  レッスン日記

レッスン日記 第78回
2010.09.11

 調弦:うまくいきません。弾くたびに弦を押さえる強さが違うので合っていても外れているように聞こえてしまう。2弦を均一に弾くこと。

○カイザー18番

 一段目から何回か出てくる一弦飛ばしの移弦。以前よりは改善しているはずですが、まだかすかに隣の弦が鳴っているようです。で、E線とD線、A線とG線の開放弦を何回か弾きなおします。

 で、もう一度。でもそんなに簡単には出来ません。原因の一部はゆるい駒のカーブにあります。以前一度師匠に相談しましたが、「問題ないし、せっかくこの駒に慣れたのに・・・。」ということで、苦労して練習した結果ほとんど鳴らなくなっていますが、それでもだめ。

 「さっきより雑音は減りましたが、これだとこの曲で出来てほしいことが出来ていないのでだめです。音程は多分よくなっているのでしょうけど、大きな課題が出来ていないのでだめです。出来たり出来なかったりするのは、技術的に出来ないわけではなくって、あとは気持ちの問題。」ということでレッスン終了。

 せっかく練習してきてもレッスンになっていません。まあ、出来ない方が悪いといえばそのとおりですが、他の部分も弾かせないというのは、ちょっとね。師匠、どうやらイライラして虫の居所が悪いようで・・・。いずれにしてもやる気がうせますね、この調子だと。

○へ調のメロディ

 せっかく練習してきたカイザー、わずか数小節しか弾かなかったので思い切り不愉快です。もちろん音にそれがあからさまに出ています。師匠も明らかに気がついていますが、そこはお互い意地をはって平気な顔をしてレッスン継続です。

 サードポジション。左手の位置が低く、G線に置く指に余裕がない。もう少しひじを入れて指を上から落とす感じで弾くこと。確かにちょっと低くなっています。少し右ひじを入れて弾きなおします。

 指使いの変更。師匠が書き込んだ指使い。一部のみ変更されていてその他の部分は元のままだったのですが、これを揃える。あの、先週もやっていたのですから、そのときに直してもらわないと困ります。注意力散漫ですね、師匠。結局合計3週間、わざわざ違う指使いでやっていたことになるのですけど・・・。

 2ポジ。3ポジから降りた先がファ#なのであまり降りすぎないように注意。

 ポジション移動の際にアクセントがついてしまう。これ、音をちゃんと当てようと手に力が入っているのでもっとスムーズに弾くように。左手でネックを握り締めず、摩擦がないように動かすこと。

 ポジション移動で上がっていくいつものところ。音程がわるい。もう少ししっかり音程とるように。2ポジから4ポジまであがる途中に一音だけ3ポジでド。
 0melodyin F 1

 師匠が「ポジション上がるかどうかだけでも決めましょう。」って、指使い書いたの師匠です。いまさら4ポジにあがるのやめて3ポジのまま指を伸ばして取る、というやり方に変えるのは混乱するだけです。それだったら最初からもっと楽な指使いあります。あの、師匠今日はちょっと変です。これまでやってきたこと全部忘れてしまっているのでしょうか。
 
 E線4ポジでとるミ♭、レ♭そしてドの位置関係。かなり不安定な形で3ポジから4ポジに上がって半音、下がって全音というのは苦しいです。

 師匠がピアノ叩きますが、微妙に高い。これ、ピアノやっと調律したのでしょう。先週とはピッチが明らかに違います。結局どっちが悪いんだ?

 トリル。最初だけトリルつけていてあとは指示通りそのまま弾いていたら「トリルつけられるのだったら全部つけたらいいのに」。でもですね、「トリルつけるのはもっと後」といっていたのは師匠ですよ。
0melodyinF 2

 ついでに最後の音、トリルの幅を変更です。その直前に同じ音が半音のトリルですが、小節が変わるので直前でソに付いた♭が無効になるので、最後の小節は本当はファ-ソ・ナチュラルの全音になります。それを半音のまま。これはおかしいです。まあ、こっちのほうが楽なのでどうでもいいけど。

 あと、トリルの上の音で終わっているのはおかしいので元の音でちゃんと終わるように数を考えること。

 カデンツ。一音づつばらばらに弾きます。さすがに音程はよくなっています、というか先週とほとんど変わらないのですが、よくなっているとのこと。シ♭はもう少し下げる。

 重音。音程は改善しているとのこと。そりゃそうでしょうけど、これで大丈夫なのでしょうか。ちょっと不安。

 最後の音。あまり音強く弾いて音をつぶさないように。

 師匠「最初の部分、音がきれいです。その他の部分も音程もよくなってきているので、余裕が出てくれば全体的に音ももっとよくなると期待しています。」

 期待するのは勝手ですけど、ちょっと今日は何というか我関せず、みたいな感じですね師匠。まあ、理解できますけど、なんとなくこちらはやる気が失せます。

 大人気ないけどほとんどお互いに口を利かなかったレッスンもこれで終了。

レッスンの記録 第78回
2010.09.10
・カイザー18番(最初の10小節くらい)
・へ調のメロディ (2回目)

タグ : カイザー 18番 ルビンシュティン へ調のメロディ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(10) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

サビゆくE線

2010.10.03 23:20  マイ・ヴァイオリン

 なんだか最近高い音がおかしいなぁ、と思いながら弾いていました。3ポジから上がっていくとだんだん音程が変になるし、なんだか痰がノドに絡まったような音・・・

 ある日のレッスンで「そろそろE線替えたら?錆びていますよ・・・」と師匠に指摘されるまで気がつきませんでした。

 E線のサビ。一度本当に錆びたことがありますが、大抵は銀色の線が黒くなっているだけなのでそれ程影響ないか、と思っていたのですが・・・でもこのE線、エヴァ・ピラッツィなので替えてからそんなに経っていないのですが・・・「人によって違いますが、大体他の3本の弦の半分くらいで交換しましょう。汗かきだったり、体温高かったりすると数週間で交換した方がいいです。」

 あの、汗かきですけど・・・と言うわけで2週間ほど前からE線はもったいないのでゴールドブラカットになりました。たまたまあった0.27の方ですが、2週間もしないうちに指で押さえるあたり、何となく黒ずんできたのですけど・・・まあ、一度使った金メッキのエヴァ・ピラッツィよりはマシかも知れませんが。
IMG_6001.jpg

 ゴールドブラカット、300円くらいなのでまあいいですけど、それでも2~3週間で交換になるとちょっとねぇ・・・

 そうそう、このE線、0.26と0.27があります(0.25もあるらしい)が今ひとつ違いが分からないです。なんとなく0.27の方が元気がいいような気がしますけど。

 発表会はどの弦にするのかあれこれ検討中・・・

タグ : エヴァ・ピラッツィ ゴールドブラッカット E線

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。