スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

半年ぶりのレッスン(まとめ)その2

2013.03.11 12:09  レッスン日記

半年ぶりのレッスン(まとめ)その2

もう一つの課題はビブラートです。

去年の夏までのレッスンでは、ビブラートをしっかり教えていただく機会はありませんでした。バッハ、2つのヴァイオリンのための協奏曲第2楽章のレッスンでは、できるところだけビブラートをかけてみてもいい、との指摘でしたが、そんな余裕はさらさらなく、また、レッスン時間の方も余裕はなく、時間切れ、というところでした。

もちろんビブラートの簡単な練習方法については教えていただいたのですが、それをレッスンで確認することはなかった、というわけで、ずっと一人で練習していたもののはたしてそれが正しいやり方できちんとビブラートがかかっているのかどうか、どうしてもわからなかったのです。

師匠とメールで何度かやり取りした際に、「ガラミアンの解説が一番わかりやすいのでは?」とのご指摘がありました。「この本は自分もいつも傍らに置いていて参考にしています。」とまでおっしゃっていますので、改めてガラミアンを見ると指、手首、肘(腕)のビブラートについてそれぞれ詳しく解説がされています。




まあ、きわめてオーソドックスな記述で、練習方法も「まずは一弓にひとつ、ふたつ・・・と指を倒す回数を増やしていって最後はビブラートになる」というこれも古典的なもの。師匠のお持ちの版は初版かそれに近いもの。お値段も1500円!って、今はまた値上がりしたのか8000円もしますね、この本。

師匠の指導もまさにその通りでした。結局エックレスのソナタ第2楽章を見ていただいた際には「ビブラートの幅も良くそろっているので、今度は肘(腕)からビブラートがかけられるように意識して練習してください。」というご指摘でした。ついでに1から4の指までそれぞれどんな具合にかけられるかのテスト。もちろん指によってバラつきはあるのですが、一応それぞれきちんとかかっている、ということで一安心です。

自己流で練習してきたので、変な風になっていないかがとても心配だったのですが、一応師匠のOKを頂いたので引き続きゆっくり練習を続けていきたいと思います。

なお、師匠ご推薦のガラミアンの他に、ビブラートのかけ方・練習方法の詳しい本に英文ですが、ドロシー・ディレイの弟子だったSimon Fischer の「Basics -300 Exercises and practice routines for the violin」 があります。譜例、写真も豊富なので一冊あるとなにかと便利なのですが、とても通読する元気はありません。それにしてもこの本、日本語に翻訳したら売れると思うのですけどね・・・


スポンサーサイト

タグ : ビブラート ガラミアン サイモン・フィッシャー

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

半年ぶりのレッスン(まとめ) その1

2013.03.11 00:36  レッスン日記

半年ぶりのレッスン(まとめ)

さて前後のお茶を挟んでの長時間にわたったレッスン。いつものような指摘事項が中心でしたが、中でもヴァイオリンの構え方、弓の引き方、といった本当の基礎的なところの注意も多く受けました。

一番特徴的だったのは、難しいパッセージなどになるとヴァイオリンのネックが上がってしまうこと。また、必要以上にヴァイオリンが左に開いていること、(本来は左足の延長線上に来るのが正しいとの指摘ですが、さらに左に構えていました。)、その結果として体が傾いていること、の3点でした。

これはなかなか自分一人で練習していると気が付きにくいところです。姿見でも買ってきて見ながら練習すればいいのかもしれませんが。

師匠は「鈴木の1巻に出ている写真をみてください」とおっしゃっていますが、もうちょっといろいろ調べたいので適当な本はないかと探してみたら、ネットや雑誌などでよく見かける柏木先生の本が出ていたので買ってきました。まだ読んでいませんが、これを見ながら少しづつ調整しようと思っています。



同じ類の本に「ヴァイオリニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと 」という本もありますが、こちらはやたら骨の図などが出てくる一方であまりヴァイオリンそのものについては述べていないようです。




テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

半年ぶり?のレッスン その2

2013.03.02 15:28  レッスン日記

(つづき)
ようやく終わった音階、次はカイザーです。「カイザー?まだやってたんでしたっけ?」とは師匠。あの、33番までやりましたけど、34番のオクターブなかなか上手くいかないんでずーっとやってます。

というわけで、まずはオクターブを重音で鳴らしながら弾きます。うーん、あちらで普段使っているヴァイオリンとはちょっと感覚が違うので余計に音程が微妙。

最初のうちはそれでもきれいにオクターブが鳴っていますが、だんだん怪しくなってきます。

ところどころ音程を直されながら弾き終わったところで、「意外とちゃんと弾けてるじゃないですか。」と師匠。注意は先ほどと同じでシフトするときに指を弦から離さず、滑らせること。それと1の指で音程をきちんと確保すること、です。

では譜面通りに・・・これ、これがうまくいかないのです。オクターブで重音押さえているときは、音がずれても瞬間的に指をずらせて調整できるのですが、一音づつスラーで弾いているとずれがはっきり目立ちます。

訂正される箇所がさらに増えながらも、最後まで通します。師匠のコメント「うーん、やっぱりオクターブの間隔がずれてきますから、そこをよく注意して。あとは、弓が随分指板寄りをひいているので、もうちょっとコマ寄りを弾かないときれいに響きません。」

もう一回の前に、いつも思っている4の指で押さえている音、この場合オクターブの高い方の音がどうもきれいに響かない、というか貧相な音になっている理由を尋ねますが「小指の押さえ方が不安的なのでは?」というくらいしか思い当たらないようで・・・

まあもう一度、譜面通りに注意深く弾いたところで、まあ、いいでしょう、ということになりました。

師匠の口癖は「クロイツェルの最初よりカイザーの後ろの方がずっと難しいです」、というもの。確かに。「でも、オクターブ、クロイツェルの何番かでまた出てきますから、しっかりやっておいてくださいね。」・・・

ここで「ヴァイオリンの持ち方が気になっているのだけれど・・・」と指導が入ります。
一つはネックを上にあげすぎていること、もう一つはヴァイオリンが左側に開きすぎていること。この二つに注意してしかも体に力が入らないように、ということなのですが、ついつい癖なのかそうなってしまうのですね。

なんのかんの言って、ここまでで1時間半経過。あ、お茶の時間は入っていません・・・

で、曲。

エックレスのソナタです。

なぜこの曲になったのか、よく覚えていませんが、最後のレッスンの時に「次はエックレスでもどうですか」と言われたのがきっかけです。その後、日本を離れる直前に師匠をお招きして我が家で蓄音器をかけたのですが、その時のリクエストはティボーが中心、中でもエックレスのソナタは2回かけました。どうやら師匠、自分でおさらい中だったような(笑)

ともあれ、最初から弾きます。ゆっくりと繰り返しも入れてずーっと黙って聞いていた師匠。第一楽章が終わったところで、「とてもよく弾けていますね。」と一言。

第2楽章。ここは一か所だけテンポの狂いを指摘されます。で、こちらもほとんどノーコメント。もう一度弾きなおします。今度はテンポもOKです。

第3楽章。懸案の緩徐楽章です。ゆっくりビブラートをかけながら弾いて終了。音程がちょっと微妙なんですけど・・・。師匠のコメント「ビブラート、手のひらでかかっているようだけれど、できれば腕からかけた方がいいのでは?もっとも、この曲はあんまりかけなくてもいいけど。」としばらくビブラートの練習です。これはちょっと別の記事にします・・・。

第4楽章。「やってます?」と聞かれますが、何しろ半年近く有ったわけで、一応通せます。コメントは「できればもうちょっとテンポを上げて、弓も飛ばせればいいですね。」ってそれはできませんって。

最後に一度最初からとおしておしまい。

合計3時間弱にわたるレッスンは終了です。

おやつの時間頃からお邪魔しているのですが、もう夕食の時間です。さすがにお暇しようとすると、「まあ、ケーキでも」ということになりまたしてもご馳走になってしまいました。

すっかり暗くなってしまったので駅まで送っていただきました・・・

タグ : カイザー 34番 エックレスソナタ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

半年ぶり?のレッスン その1

2013.03.01 23:04  レッスン日記

2013.03.01

久しぶりに開いたこのブログ、すっかり更新が滞っています。
お正月以来ですから・・・もう誰も読んでいないでしょうね(笑)

昨年8月末にこちらに来てから、もちろんヴァイオリンのレッスンは中断、一人でこそこそ練習する毎日でした。

で、2月半ばからしばらく帰国する機会があって、久しぶりに師匠に見ていただくことになりました。

とはいうものの、自宅から徒歩数分のところにある教室はもうやめてしまったので、そこは使えず、また、お忙しい師匠のご都合もなかなかつかないので、ご自宅に伺うことに。
出発する前に「久しぶりなので一度きちんとレッスンしていただきたい」旨のメールを差し上げたら、「一度だと心もとない(?!)ので2回はやりましょう」とのありがたいご連絡をいただいたのですが、何しろ毎日40度近くある場所から真冬そのものの日本に帰ったのでいきなり体調を崩し、結局最初のレッスンはキャンセルせざるを得ず、電車を乗り継いで閑静な住宅街にある師匠のご自宅に伺ったのは出発の直前、3月に入ってからでした。

さっそくご挨拶して・・・と、「まずコーヒーでも」ということであれこれお話。一向にレッスンが始まる気配がありません。まあ、つもる話もありますから(笑)

半時間ほどしてようやく、開始です。
まずは音階から。

小野アンナの音階教本、これはこちらにも持ってきており、1オクターブの音階は大体ほとんどの調性でおわり、シフトを入れた2オクターブを始めたところです。

久しぶりのレッスンで緊張しているのか、音程はかなりボロボロ。それでもゆっくり繰り返しているうちにだんだん安定してきて、まずまずOKということになりました。

注意は、シフト。特に降りてくるときに指を弦から離さず、ぎりぎりまでポルタメントのように引きずってから正しい音程にくる直前に次の指と入れ替える、という練習をすること。これにより音程がより安定するとのこと。

なんどもやってみますが、シフトの際、かなり指に力が入っているのでなかなかスムーズに行きません。

何のかんのと言いながら、45分くらい音階ばかりやっていました・・・まさか師匠、半年分のレッスンを一回でやろうとしているのではないでしょうね(笑)

(つづく)

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。