スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

はじめまして

2009.06.15 23:55  自己紹介

 突然ヴァイオリンを始めることにしました。

 これまで何度もヴァイオリンが弾けたらいいな、とは思っていましたが実際に習うまでには至りませんでした。そういえば、20年ほど前にある人から「ヴァイオリンを弾いてみれば?」と言われたこともありましたが、なぜかその時は気が進まず始めまるには至りませんでした。当時は外国にいて、いきなり外国語で楽器を習うことにためらいがあったせいもありますが、今から考えるととても残念なことをしたものです。

 しかし、昨年45回目の誕生日を迎え、元気で遊び回れる(?)のもあと20年ぐらいだろうと思ったことをきっかけに思い切って始めることにしました。(とはいえ実際に先生(師匠)を見つけてレッスンに通い始めたのは、2008年も押し詰まってからでした・・・)

 何事もそこそこプロとしてできるようになるためには約1万時間かかると言われています。パイロットだって1万時間の飛行時間があると「ベテラン」と呼ばれています。仕事だってやはり就職してから毎日一日8時間労働で年間300日くらい働くとしてして、4、5年。それぐらいたてばようやく一人前になる場合が多いのでは無いでしょうか。

 就職してから約20年。あと20年でとりあえず一区切りつく様になると考えると、ヴァイオリン習得に1万時間かけるためには、10000時間÷20年=500時間、つまり年間500時間、一年300日練習したとしても毎日平均1時間半弱練習する必要があります。

 こう考えてくると新しい趣味を始めて、そこそこ上手くなるためにはもうこのあたりがぎりぎりのタイムリミット、point of no returnであると考えた次第です。

 もちろん1万時間も弾ける訳がないですし、毎日そんなに練習する余裕もないと思うのですが、まあ、老後の楽しみを確保しておくためにもそろそろ始めておくに超したことはありません。

 ほら、論語にもあるでしょう、「四十にして惑わず、五十にして天命を知る。」そして「六十にして耳順う」。60歳になればいかに下手なヴァイオリンでも耳の方があきらめてしまうというものです(笑)。

 という訳で、よたよたと寄り道しながらもヴァイオリン弾きを目指す日記です。

 どうぞよろしくお願いします。



[プロフィール]

名前:credenza

年齢:1963年生まれ

性別:♂

生息地:東京

音楽歴:幼稚園~小学校高学年まで ピアノ
中学・高校  男声合唱ほか
その後  聴く方専門(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。