スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#44-1 手を壊すためのカイザー

2009.12.27 00:01  レッスン日記

レッスン日記 第44回 2009.12.12

(その1)

 なんだか急に暖かくなった土曜日。

 レッスン室に入ったら、暖房が入っていました・・・その上、師匠、使い捨てカイロをカシャカシャ振っていたり・・・寒がり(笑)

まずカイザー4番から始めます。えっと、16音スラーはハナからあきらめて4音づつスラーです。きれいに響くときっとキラキラしたような感じだと思うのですけど・・・

 この曲、楽譜面は簡単でなんと言うことは無いのですが、思い切り音程が離れていて左手の1と4の指を酷使します。要はどうやって安定してこれらが取れるか、だけなのですが、これが結構大変です。一週間ずーっとやっていたら1と4の指はもちろん、変に力が入るのか親指まで痛くなってきました。

 師匠曰く、「左手ってぜーんぜん痛くなりませんよ。痛くなるのは変な力が入っているから。とくに親指は力抜いてください。」

あの、わかってはいますがどうやったら力が抜けるかがわからないのです。それはずーっとヴァイオリンやっている師匠に教えてください、と言っても多分師匠ご自身が自覚ないですから、これは言っても無理でしょう。

 と言うわけでひたすら手の力を抜くことに集中してやっていたら、しっかり腕と肩が懲りました。(笑)

 何しろ、1の指でE線ファを押さえて、3の指でA線のレ、そこから4の指をぐっと伸ばしてミではなく、ファの音をとるのでとにかく思い切り指を伸ばさないと届きません。

 ついでに2の指をE線のソをとったまま4の指で同じE線のドを押さえるのも大変です。もう一つかなり面倒なのはA線のシ♭を押さえたまま同じくA線のド♯を2の指でとること。これ、同じパターンがたまーに出てきましたが、実際は1と3の指の距離があるのを無理やりとるので音が当たりません。命中率良くて30%台です。この打率、野球ならプロですけど、ヴァイオリンではそういうわけに行きません。

 師匠の実演をなんども見させてもらいますが、良く伸びますね、指。「えっと、音を押さえに行くのではなくって、指を置く感じ。こんな感じで(指を縦方向にずらす)やると、どこまでも伸びていきますよ。」ということですが、ロクロクビではあるまいしそんなに伸びません。うーん。

 他に注意点は、1の指の下げ方。手のひら全体の位置はかえずに指だけ動かして下げること、逆に4の指でドをとり、1でソを押さえるパターンでは先に高い方を押さえてから親指の位置を決めて下の音をとるととりやすくなる、等々。

 それからD線、G線を弾くときにはしっかり肘を中にいれること。基本的にA線を弾くときと同じ指の型、とくに4を弾くときには肘の位置で調整するように、ということ。

 「随分音程は良くなっていますけど、もう一週間やっておきましょう。」と言うことでひきつづき みそみそみそみそみそみそれふぁれふぁ・・・とやってくることになりました。次回までにはもう一寸手が楽になるといいのですけど。

 ちなみに、これまで数曲カイザーをやってきて、いえることはチューナーを見ながら練習していてあまり針が大きく振れず、真ん中あたりでキープできるようになったら一応合格、という感じです。ですから、師匠に褒められたとはいえ、残念ながら今回はそこまで音程が安定していなかったのでもう一週間は仕方のないところです。

(つづく)
スポンサーサイト

タグ : カイザー 4番

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんにちは。
カイザー4番、私も今やってます。
EからAへの「ふぁれふぁれ」、でのAの小指、本当にとどきません。。
「そどそど」もとどきません。。
先生は「脱力すればとどきます。」と断言されるのですが、
脱力した状態で指を延ばすことそのものができません。。。
途中から、親指の付け根がカキンカキンに強張ってきてしまいます。。。
毎日溜息つきながら、やってます(泣)
バイオリンを始めたばかりの頃は普通の4の指が全然とどかなかったのが、
いつの間にかとどくようになったように、これもそのうちできるように
なるのでしょうか?
なんだか全然そうなる気がしません(T T)



りょう | URL | 2009.12.27 00:46 | 編集

Re: タイトルなし

りょうさん
こんばんは。

> こんにちは。
> カイザー4番、私も今やってます。
をを。この曲大変ですよね。ほんと、困りました。

> EからAへの「ふぁれふぁれ」、でのAの小指、本当にとどきません。。
> 「そどそど」もとどきません。。
もう、これはほとんど無理に近いのですが、ぐっと肘を内側に入れて指を伸ばしてやっと届くと言う感じです。

「そどそど」の方は、一発では届かないので、まず小指で 「ど」をとってから1で「そ」をとる。そのときの親指の位置をキープしてエイヤッともう一度小指を伸ばしなおすとギリギリ届きます。まあ、打率2割ぐらいですけど。

> 先生は「脱力すればとどきます。」と断言されるのですが、
> 脱力した状態で指を延ばすことそのものができません。。。
> 途中から、親指の付け根がカキンカキンに強張ってきてしまいます。。。
> 毎日溜息つきながら、やってます(泣)
そうそう。ヴァイオリンって、教え方下手ですよね。子供の頃からやっている人はその頃の苦労を忘れてしまうのと、なんだか秘密を教えたがらないのか、あるいは教える手段を知らないのかどちらかではないか、と思うことがあります。

確かに脱力した状態では指は伸ばせませんが、伸びた指は脱力してポンと落とすようなイメージでした。親指の付け根はもう、ガリガリにこっています(笑)

> バイオリンを始めたばかりの頃は普通の4の指が全然とどかなかったのが、
> いつの間にかとどくようになったように、これもそのうちできるように
> なるのでしょうか?
> なんだか全然そうなる気がしません(T T)
私も、最初は結構絶望的でした。その後悪態をつきながら2週間やったら多少マシにはなったようです。

と言うことで、一応許容範囲と言うことでOKもらいました。もう二度と弾けないと思いますが、やっていると完璧とはいえないまでも何とかなるようになるのは不思議です。ただし、闇雲にやっていると指を痛めるだけなので、チューナーとにらめっこしながら音程がとれる様にひたすらゆっくりゆっくりやっていくしかないと思います。

頑張ってください!

credenza | URL | 2009.12.27 01:01

カイザーの4番は危険ですよね。
僕も何度かツリそうになりましたよ。
あれは全部を一気にやろうと思ったらいけないんでしょうね。
何回かに分けて弾くのがいいみたいです。

che | URL | 2009.12.28 00:09

cheさん
cheさんもカイザーなさってたのですね。

いや、4番本当に大変でした。
もしうまくいかずにもう一週間やらされていたら多分負傷していたと思います。
何回かに分けるのもいいかもしれませんね。

credenza@出張中 | URL | 2009.12.28 23:18

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。