スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#44-2 散々のベッカー

2009.12.28 22:35  レッスン日記

第44回 その2

 さて、カイザーで十分左手を酷使した後の鈴木教本の方は、懸案のベッカーのガヴォットです。これ、意外と難しく全然進歩がありません。

 出だしで下のB♭をとるところはカイザーと同じ。フラジオレットは流石に練習してきたのでまあまあですが、一寸弓を早く引き過ぎて音が飛んでしまうのを修正。アップボウスタッカートも先週に比べれば安定してきました。

 で、問題は音程。「前半の4の指のフラットはちゃんとあっていますが、元に戻すときに戻りきれていない。」というのが全般的な問題。そしてその上に、
(1)スタッカートで降りてきていきなり4の指で3ポジにあがるところ(4段目第3小節)
(2)3ポジに上がったときのシ♭、(5段目)、
(3)今度は1ポジに戻した後の3ポジ、16分音符でドシラソと降りてくるときの音程(ら、し、どの指の位置が不安定。
そして最大の難関
(4)3ポジでソを4でとってから降りてくるところ。これ、ミを2の指で押さえながらシフト、4に取り替えて1ポジに戻ってくるのですが、スラーがかかっている上に、テヌートまでついていて一旦弓を弾きなおす形になります。さらに最初のミは付点四分音符ですから、音の長さが違います。あまつさえ、ここアップボウですから左手でどたばたやっていると弓までおかしくなってきます。

 とくに(4)で随分引っかかってなかなかきちんと降りてこられません。「シフトする途中で指の型をかえて、4の指を伸ばすこと」と師匠のお手本を見せてもらうときちんと性格に指の型が変っています。うーん、下から一つづつ音を拾っていても不安定なのに、練習するしかないのでしょう。必死になって何度も弾きますが、全然上手くいきません。
 ついでにその次の小節。ソーと引っ張ってファソラ シ、となるのですが、まず音の長さが足りない。タイでつながっている十六分音符一つ分をちゃんと取ること。そして、最後の16分音符だけA線の開放弦ですが、これ、きちんと音に出ていない・・・この3小節で結構パニックです。

 師匠の前で何度も弾きなおしますが、あせればあせるほど上手くいかず、何となく情けなくなってきます。レッスンの後半25分くらいのうち、15分くらいはここを弾いていたのですが・・・

 とうとう師匠が珍しくも一緒に弾いてくださいます。やって見ると大体はあっているのですが、微妙にタイミングがずれ、一人で弾きなおすとやっぱりうまく行きません。

 ということでとうとうタイムアップです。「うーんと、もうこの2箇所(実際には上に書いたとおり4箇所、とくに(2)以降の3箇所)だけなので、ちょっとおまけして終わってしまってもいいけど・・・どうせ3巻終わるまでにもう一曲あるから、来週、この部分だけもう一度やってきてください。」ということになりました。ハイ。この曲終わんなかったのちょっと残念ですが、今の出来では確かに納得がいきませんです。

 とはいえ、「この2箇所だけ」と言うわけにはいかないのでもう一度全体ちゃんとやってこないとダメそうです。ついでに「バッハのガヴォットも譜読みしてきてくださいね。」と師匠。

 あの、譜読みは終わってますけど、例のところ上手く弾けないのですけど、などとごちゃごちゃ言っていたら、肝心の指使いで一箇所?なところを確認するのを忘れてしまいました。あーあ。

 バッハのガヴォットを見ながら師匠が一言。「鈴木の教本って時々改訂されていて、売れ行きのよくない本屋さんだと昔の版が置いてあったりするんだけど、昔はこの曲、重音があったり、弓使いが違っていました。そうそうユーモレスクって音まで違います。でも、3ポジも一応このままでやってきてください。」とのこと。「でも改訂されている割には、無茶な弓使いとかスタッカートのミスプリとか直っていませんね。」と言うと、師匠は苦笑いです。

 というわけで正味55分くらいのレッスンでした。なんだか最近のレッスンは随分スパルタになってきました。特に音程。誤差の範囲がずっと狭まったような気がします。多分師匠は意識してやっているのだとは思いますが、発表会の前とは随分違います。確かにここのところこちらも随分音程に意識が行くようになりましたが、結構大変です。

 音程を正確にとることは、もう繰り返しやって音と指の関係が自動的に正しくなるようにひたすら繰り返し練習するしかありません・・・

レッスンの記録
第44回 2009.12.12
・カイザー(1)4番(再)
・鈴木3巻 ガヴォット(ベッカー)(再)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第3巻 ベッカー ガヴォット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。