スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

歌の翼に

2010.01.01 23:39  レコード棚から

 新年明けましておめでとうございます。

 今年もよたよたと続く(?)このブログをよろしくお願いします。


 新年早々ヴァイオリンの練習をするのも何となく気が進まず、途中で放棄した大掃除の続きなどをやっていると一日が終わってしまいました。

 でも、やっぱりヴァイオリンということで夜になって少しだけ練習再開です。うーん、今年も前途多難を予想させる素晴らしいカイザーが弾けました。カイザーって12音音階で書いてたんだ(笑)。

 それとは別に蓄音器のかけ初め。

 毎年大抵はシュトラウスの「春の声」などをかけることが多いのですが、流石に今年はヴァイオリンです。あれこれレコードをとっかえひっかえしているとあっという間に時間が経ってしまいます。

 そんな中、何枚かかけたハイフェッツのなかの一枚です。

 完璧なテクニックを持ったヴィルトゥオーゾなので、得てしてその演奏は冷たく感じられることもあるのですが、彼自身が編曲したメンデルスゾーンの「歌の翼に(Auf Flügeln des Gesanges)」はしっとりした美しい演奏です。もともとはハイネの詩に曲をつけた歌曲ですが、ハイフェッツ編曲のこのレコード、なんとも歌心あふれる演奏でお気に入りの一つとなっています。

 ロシア革命の混乱を避け、横浜経由でアメリカにわたったハイフェッツが最初の録音セッション(このときハイフェッツ17歳)で吹き込んだレコードもいいのですが、こちらは後年電気吹き込みで入れなおしたもの。確かなテクニックに支えられた、余裕たっぷりの甘美なメロディーが楽しめます。

プレーヤーが開かない場合は「www.geocities.jp/credenza05/mp3/Heifetz1.mp3」からどうぞ。











スポンサーサイト

タグ : SPレコード HMV163 ハイフェッツ 歌の翼に

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(12) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

あけましておめでとう御座います~!
本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

蓄音機とは、なんとも良い音色ですね♪
その上この歌の翼に、良い曲な上ハイフェッツの演奏とは!
とても心が安らぐメロディーを有難う御座います(^^
年明け早々良い演奏を聞かせていただきました~♪

ありょう | URL | 2010.01.02 00:06

ステキ~!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!(≧▽≦)ノ゛゛

年明け早々、すてきな曲をありがとうございます。
ウットリしてしまいました~。
すごくステキな音色ですね~(*^ー^*)

ありるま | URL | 2010.01.02 00:46 | 編集

あけましておめでとうございます

蓄音機独特なんでしょうか、ジーって音が、レトロな雰囲気を醸し出していて素敵ですね。
以前アップされていた、「カヴァティーナ」もムード満点で好きでしたi-189
私は只今今年初の入眠ミュージックは何にしようか迷い中です。
シュトラウスか、ショパンか、久石譲か、ヴィエニアフスキー(←間違いなく目が覚める)か??

カイザー大変ですが、お互いに基礎強化、頑張りましょう。
ことしもよろしくお願いします。

キキ | URL | 2010.01.02 00:52 | 編集

Re: タイトルなし

ありょうさん

> あけましておめでとう御座います~!
> 本年もどうぞよろしくお願いいたします♪
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年も同素よろしくお願いします。

> 蓄音機とは、なんとも良い音色ですね♪

良い音でしょう(笑)。これ、ずっと以前に録音したものです。広くて天井の高い部屋で鳴らしてやるととても良い音がします。

> その上この歌の翼に、良い曲な上ハイフェッツの演奏とは!
> とても心が安らぐメロディーを有難う御座います(^^
> 年明け早々良い演奏を聞かせていただきました~♪

ハイフェッツの演奏、お気に入っていただいてよかったです。
とても良い感じですよね、ゆったりと余裕が感じられました。

credenza | URL | 2010.01.02 01:12

Re: ステキ~!

ありるまさん

> 明けましておめでとうございます。
> 今年もよろしくお願いします!(≧▽≦)ノ゛゛
あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

> 年明け早々、すてきな曲をありがとうございます。
> ウットリしてしまいました~。
> すごくステキな音色ですね~(*^ー^*)
聴いて頂き、ありがとうございました。
蓄音器の音というのは、人間にとって心地よい音域が中心に再生されますので、聞きやすいんですよ。特にヴァイオリンとチェロは良い音がします。

credenza | URL | 2010.01.02 01:18

Re: あけましておめでとうございます

キキさん

> 蓄音機独特なんでしょうか、ジーって音が、レトロな雰囲気を醸し出していて素敵ですね。
あれはスクラッチノイズといって、SPレコード特有のノイズです。LPには出ませんね。ノイズはもちろん無い方がいいに決まっていますが、あんまり気にならないと思います。

> 以前アップされていた、「カヴァティーナ」もムード満点で好きでしたi-189
あのカヴァティーナ、いつか自分でも綺麗に弾いてみたいです。

> 私は只今今年初の入眠ミュージックは何にしようか迷い中です。
> シュトラウスか、ショパンか、久石譲か、ヴィエニアフスキー(←間違いなく目が覚める)か??
ヴィエニアフスキーにも綺麗な曲あったと思いますよ。でもぜーんぶ超絶技巧ですね。乳民ミュージック、毎日日替わりなんでしょうか?それこそゴールドベルク変奏曲なんてどうですか?もともとそれように作曲されたわけですし(笑)

> カイザー大変ですが、お互いに基礎強化、頑張りましょう。
> ことしもよろしくお願いします。
ほんと、大変ですね。次のレッスンが思いやられます。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

credenza | URL | 2010.01.02 01:22

なんと!

あちらのブログで何かやられていると書かれていたので、なんだろうと思っていましたが、ヴァイオリンを始められたとは、なんと無謀なことを(笑)。

しかしそれにもまして驚いたのは、このことを1年以上もだまっておられたことです。
手に入れたレコードをすぐ見せびらかしたくなるボクにはとてもマネできません。

いつの日かcredennzaさんの演奏が貼り付けられることを心待ちにしています。

ibotarow | URL | 2010.01.02 13:21 | 編集

あけましておめでとうございます。

>>カイザーって12音音階で書いてたんだ(笑)。
ああ、それはカイザーの37番ですね。
12音技法を駆使した、かなりの難曲だと噂に聞いた事ありますよ。
もうそこまで進んでいたんですね!

さて、このハイフェッツの演奏ですが、なんとも情緒がありますね。
こういう昔風の演奏スタイルとノイズの組み合わせはなかなかいいですね。

che | URL | 2010.01.02 13:58

あけましておめでとうございます

歌の翼に 聴かせていただきました
ハイフェッツ編曲のものいろいろあるのですね。
ハイフェッツ=冷たい のイメージかわりました。

重音のところきれいです~

それと
前の記事「まっかだな~」のところおもわず
くすっときちゃいました。合格おめでとうございます。

カイザーも楽譜見ましたが、メチャ長い練習曲ですね。
(シュラーディエックの単純2小節とは偉い違いです。)
12音階は????な音楽素人の私ですが
(お勉強しないと・・・)

本年もよろしくお願いいたします。

ゆこべえ | URL | 2010.01.02 23:19

Re: なんと!

ibotarowさん
いらっしゃいませ。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

> あちらのブログで何かやられていると書かれていたので、なんだろうと思っていましたが、ヴァイオリンを始められたとは、なんと無謀なことを(笑)。
わはは。みつかりましたね。
20年くらいやってもモノになりそうも無いので、もう、これが最後の無謀なことです(笑)。

> しかしそれにもまして驚いたのは、このことを1年以上もだまっておられたことです。
> 手に入れたレコードをすぐ見せびらかしたくなるボクにはとてもマネできません。
いやー、なんとか1年続きました。
で、ですね、もうすでに巨匠の域に達しています。

つまり、
往年のヨアヒムのように指がまわらず、
サラサーテのようにビブラートをかけず、
そして、ブラームスのように雑音だらけです(笑)
もちろん晩年のコルトーのように音はずしまくっているのは言うまでもありません。

そのうちイザイのように太って弾けなくなる日も遠くないかもしれません。

> いつの日かcredennzaさんの演奏が貼り付けられることを心待ちにしています。

すでに何箇所か貼ってありますが、そのうちちゃんとメニューインの弾くようなフィオッコをアップする日も近いと思います。あ、33回転での再生ですけど(笑)

credenza | URL | 2010.01.02 23:47

Re: タイトルなし

cheさん

> >>カイザーって12音音階で書いてたんだ(笑)。
> ああ、それはカイザーの37番ですね。
> 12音技法を駆使した、かなりの難曲だと噂に聞いた事ありますよ。
> もうそこまで進んでいたんですね!
はい。進んでいます。ただしですね、いきなり37番は流石にきついので、現在5・1/3版でその導入練習中です。

> さて、このハイフェッツの演奏ですが、なんとも情緒がありますね。
> こういう昔風の演奏スタイルとノイズの組み合わせはなかなかいいですね。
後年のハイフェッツのイメージからちょっと違うでしょう。この頃の演奏好きです。
蓄音器でかけるとなおさらです(笑)。

credenza | URL | 2010.01.02 23:49

Re: あけましておめでとうございます

ゆこべえさん
あけましておめでとうございます!

> 歌の翼に 聴かせていただきました
> ハイフェッツ編曲のものいろいろあるのですね。
> ハイフェッツ=冷たい のイメージかわりました。
>
> 重音のところきれいです~

そうそう。そうなんですね。それから重音、こういう風に響かせられればいいですね。
自分ではもう、滅茶苦茶な音を弾いております。あとはクライスラーなどもとても綺麗ですよ。
でもこれはとてもマネできそうにありません。

> それと
> 前の記事「まっかだな~」のところおもわず
> くすっときちゃいました。合格おめでとうございます。
あ、あのですね。この曲不合格なんですね。実は。
で、これで年越しになりました。師匠もちょっとがっかり。
私は大きく凹みました・・・

> カイザーも楽譜見ましたが、メチャ長い練習曲ですね。
> (シュラーディエックの単純2小節とは偉い違いです。)
> 12音階は????な音楽素人の私ですが
> (お勉強しないと・・・)
カイザー、何も2ページのエチュード書かなくてもいいのに、と思うのですが。
シュラーディックとセヴシックは短めですね。
12音階は単純に無調で12の半音で構成される音階です。要は調性など何も無いような音楽ですが、ちょうどカイザーの臨時記号の嵐を弾いているとこういう感じになります(笑)

> 本年もよろしくお願いいたします。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

credenza | URL | 2010.01.02 23:54

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。