スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#47-2  そして4巻へ

2010.01.18 00:01  レッスン日記

レッスン日記 第47回 つづき

○ガヴォット ニ長調 (バッハ)

 さて、前回散々だったバッハ。果たしてリベンジはなるのか。

 その前に、弓の毛が随分緩んでいたので張りなおします。ついでにまだやっぱりスティックで弦をこする音がするので、弓を立てて弾くようにとの指摘です。

 で、バッハのガヴォット。ゆっくりはっきり弾きはじめます。

 さすがにザイツの譜読みを封印して2週間やっただけあって、自分で弾いていても前回のレッスンのときとは音が違います。師匠もそれはお分かりのようで、!という顔をされています。

 問題のトリルは・・・上手くいきました。とりあえず最初の繰り返し前まででストップ。師匠からの指摘は最後の3の指でとるD線のソ♯。ちょっと低いので、D線、G線を引くときは指を伸ばすだけでなく、きちんと土台(=左手全体)をD線、G線が弾けるよう、右ひじを入れること、そうすればA線と同じ感覚で弾けるようになります、との注意です。

 そのまま続き。2番目のトリルも無事きれいに決まって、師匠がにっこりされていました。ずっと弾きとおしてDCまでたどり着いたところで、師匠のコメント。

「トリル、さすがによくなっていますね。言うことありません。あとこの曲はニ長調なので2の指の位置をもう少し気をつけてください。ちょうど1巻の後半で出てきたのと同じ調なので、そのときの感じで2の指を思い切り高くとってください。前回より良くなっていますが、もうちょっと高めに。あとスタッカート、いつものことだけど。」ということでもう一度注意しながら後半からDCで最初にもどって最後まで弾いて、「この曲、っもう大丈夫ですね。」とOKになりました。やれやれ。

○鈴木第4巻 ザイツ 協奏曲第2番第3楽章

 ということで残り時間10分少々です。「4巻持ってきてますか。」と師匠。いえ、前回からちゃんと持ってきてますし、少しばかりザイツの譜読みもしてありました(最近弾いていませんでしたけど。)。

 「譜読みしていたのドレでしたっけ?1曲目?じゃあ、そこからやりましょうか。」ということになりました。

 師匠は「別の教本ではこの曲、2巻めの最後にでてきて、鈴木の2巻でやったベートーヴェンのメヌエットの方が後に来てるんですよ」などと繰り返しおっしゃいます。はい、もちろん「あたらしいバイオリン教本」では2巻の最後にこのザイツのコンチェルト2番、全楽章載っていますね。ベートーヴェンもボッケリーニもついでに発表会で弾いたバッハのブーレもぜーんぶその後の3巻ですね。もちろん知っています。ちなみに「新しい」3巻の最初はザイツの5番全楽章、というのももちろん知っております。

 でも師匠になんて答えたらいいのかわからないので、「ふーん」と感心したふりしてうやむやになりました。こういう時って、師匠、大抵別のことを考えているんですけど、今回、何を考えていらっしゃったのかよく判りませんでした。

 ともあれ、おずおずと弾きはじめます。出だしのところ、いきなり3ポジで始まり、1ポジ、2ポジ、1ポジとポジションがぐるましく変わります。いえ、全部1ポジで弾ける楽譜ですが、せっかくなので出来る限りポジション移動を入れて弾くのがお約束です。2Seitz2theme.jpg


 が、2ポジのところでちょっと混乱してごちゃごちゃやっていると「あ、そこのところポジ移動するならちゃんとやりましょう。ついでに2ポジやめましょうか。・・・でもまあ出来ますよね。2ポジ、大丈夫でしょう。」ということで???なのですが、そのまま続行することになりました。

 というかですね、師匠、あの発表会のときのブーレで2ポジ入れたの師匠でしょう。3ポジも随分はいって結構大変だったのです。本番ではあまり上手くいきませんでしたが、ポジション移動はなし崩し的に随分やったことになります。ほんと、大変でした・・・

 問題は次の2ポジから1ポジに降りてくるところ。どこで降りてくるのか、ファラ ドとなっている間に降りてくるのですが、ここはラがA線の開放弦指定なので、その間にきちんとおりてきてドをとること。指を伸ばして1ポジだか2ポジだかあいまいなまま弾いてしまうとその後めちゃくちゃになります、との指摘です。これ、ブーレの時と同じですね。きちんとポジション移動しましょう。

 ついでに、スラー、一ヶ所間違えていました。レソ シレ の次のレドと下がってくるところ。ずっとダウンで弾いていましたが、シレで弓を返しているのでアップです。ダウンで弾くとどうしてもドのスタッカートが重くなってしまうのでアップの方がいいのですが、次の前打音付きのドミもアップなので連続アップですね。うーん、難しいです。

 ここ、弓使いがまちがっていたのでしばらく弓がガタガタになってしまいます。

 ついでにラーソとおりてくるところ、ちゃんと指を離して音程をきちんとすること。ラソがくっついてしまっていました。

 淡々と弾きつづけます。重音のところとかもちろん滅茶苦茶なのですが、今日は譜読みなので音が合っている限り何も言われずずんずん進みます。

 ちなみに、途中で何回か出てくる付点4分音符+8分音符が短い。合計4拍分をきちんととる様に。

 49小節目の3ポジにあがってミレドシとおりてくることろ。今度は3と4の指をちゃんとつけて音程をきちんと取ること。とっさに3と4が離れているとの指摘。

 最後に、「この曲、来週からしっかりやりますけど、スタッカートがすごく大事なので、いろんなパターンのスタッカートを弾き分けるように。可愛らしい、軽い感じの曲なので、スタッカートをしっかりつけてやってきてください。」ということで、さっとお手本で一部弾いていただきました。

 というわけで無事鈴木3巻は終了し、4巻に突入しました。ザイツについて師匠は「この曲弾いていて楽しい曲ですよ。」とおっしゃっていますが、なかなか大変そうです。

 確かにこの曲、とりあえず初心者がやってみたいと思うようなことがてんこ盛りの曲で、面白いです。「浪花節の曲ですね~。」と申し上げると、師匠は笑っていました。この曲、ロマン派の作曲ということもあり、本当はビブラートがかけられるともっと気持ちいいでしょうね。

 ザイツの面白さについてはまた別途書くかもしれません。

レッスンの記録
第47回 2010.01.09

・カイザー6番(再)
・ガヴォットニ長調(バッハ)
鈴木4巻
・1.ザイツ 協奏曲2番第3楽章(譜読み開始)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第3巻 バッハ ガヴォット 鈴木第4巻 ザイツ 2番第3楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

ザイツのこの曲、3曲の中で一番好きでした~
私が弾いたのは、教本に書いてある、一番簡単な指番号ででしたがi-201
ザイツの中間部は、どれも演歌調ですね(笑)

習ったことは積極的に取り入れていくべきだなあと、最近感じます。
習ったけど避けて通ってきた偶数ポジションに苦戦中((+_+))

キキ | URL | 2010.01.18 00:09 | 編集

Re: タイトルなし

キキさん
こんばんは

> ザイツのこの曲、3曲の中で一番好きでした~
少なくとも、これが一番弾きやすそうですね。5番の1楽章、譜読みしましたが大変そうです。

> 私が弾いたのは、教本に書いてある、一番簡単な指番号ででしたがi-201
> ザイツの中間部は、どれも演歌調ですね(笑)
そうそう、浪花節ですね、ザイツ。でももう一工夫あるとよかったかなぁ、と思います。
学生向けだからって、もう一ひねりあっていいと思うんですけど。

> 習ったことは積極的に取り入れていくべきだなあと、最近感じます。
> 習ったけど避けて通ってきた偶数ポジションに苦戦中((+_+))

というか、練習曲だけやっているのつまらないので、出来そうなことは全部やってみる!と言う方針にしました。
偶数ポジション、使えると便利なのでしょうけど、なんだか頭の中が混乱しますね。2ポジですでに沈没寸前です(笑)。

credenza | URL | 2010.01.18 01:32

わーザイツですか!

ザイツ 協奏曲第2番第3楽章。
あれ?あのザイツ?とか思いつつ調べてみたら、私が今やってる教本の最後の曲でした(汗
あれは難しいですよね・・・・
曲とかとても楽しい感じ曲ですよね♪
でもちょっと譜面が鬼だな~と思いましたが(笑)
スタッカートの嵐やら、アップの重音やら。
この曲をポジション移動しつつやるcredenzaさんには頭が下がりますよ~(^^;
でも、弾けたら凄く楽しそうですよね!

ありょう | URL | 2010.01.22 23:34

Re: わーザイツですか!

ありょうさん
こんばんは。

> ザイツ 協奏曲第2番第3楽章。
> あれ?あのザイツ?とか思いつつ調べてみたら、私が今やってる教本の最後の曲でした(汗
> あれは難しいですよね・・・・
です。え、っと、とても、大変です。
鈴木は3楽章だけなのですが、それでも結構大変で、苦労しています。

> 曲とかとても楽しい感じ曲ですよね♪
師匠は「弾いていて楽しいでしょう?」とおっしゃって、確かに面白いのですが、その前に指がおかしくなりそうです。

> でもちょっと譜面が鬼だな~と思いましたが(笑)
> スタッカートの嵐やら、アップの重音やら。
まだ5番の3楽章よりはマシかも。
重音、苦労しています。というか重音になっていません。空中分解です。
あとスラー。これどうもうまく行きません。

> この曲をポジション移動しつつやるcredenzaさんには頭が下がりますよ~(^^;
> でも、弾けたら凄く楽しそうですよね!

ポジション移動はもう、突入してしまいました。音程わるーいのですけど。
軽く、蝶がひらひら舞うように弾けるといいですね。
いまはもう、なんだか、台風の日に看板が飛ばされてあちこちに当たっているようなイメージです。とほほ。

credenza | URL | 2010.01.23 00:04

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。