スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

練習のお献立

2010.02.10 00:07  レッスンの周辺

 レッスンに通っていて最近何となく感じているのは、「このままでいいのだろうか」、という漠然とした不安です。

 いえ、師匠の教え方に問題があるわけではなく、きちんと教えて頂いていることには変わりありません。でも鈴木の教本+カイザーだけではすこし不安を感じていることも事実です。

 たとえば、ポジション移動。

 4巻に入ってからも、教本では所々にポジション移動が出てくるのでその都度きちんと弾けるように練習し、レッスンでも教えていただいています。ですからその特定部分については何とか弾けるようになりますが、すぐに応用できるかといえば???です。本当は別メニューでポジション移動と3ポジ~をやるべきなのでしょう。

 たとえばカイザー。

 カイザーはいろんな弾き方で弾くように指定されていますが、これまでのところ、カイザーの使い方は「いかに正しい指使いで正しい音程を弾くか」で一つ一つ音を切って(デタッシュで)弾いています。たまにスラーをつけたりしますが、師匠は「スラーもスタッカートも対して重要でないのでかまいません。」とおっしゃっています。これ、ちょっともったいない気がします。

 もちろん師匠には師匠の考え方がおありなので、こちらからあれこれ言うつもりはありません。というか、「カイザーを使い始めてから音程が良くなっている」、と時々ほめていただいていますので、所期の練習効果は出てきているのだと思います。多分師匠としては基本的な指の型を固めようとしているのに違いありません。まあ、現実は遠いのですけど。

 であるとすれば、レッスンでやる教本とカイザー以外にもすこしづつ自分で何かしら練習メニューを組んで、毎日5分でも10分でもやっていった方が良さそうです。そういえばスケールもまともにやっていません・・・。

 もっとも、毎日それほど練習時間がとれるとは限りませんので、あれもこれも手を出すわけにも行かないのも事実です。

 これまで練習できる日は大体1時間から1時間半くらい練習していますが、カイザーと曲と半分づつくらい。あとは以前に弾いた曲をたまに弾いてみる、という感じです。

 このうち、自己練習をたとえば10~15分まわすとすれば、どういうメニューがいいのでしょうね。パターン化すべく少し考えて見たいと思います。

 主として
(1)ポジション移動(とりあえず3ポジ)
(2)スケール
(3)スタッカート、スラー(カイザーの復習?)
(4)重音
をやらないと駄目でしょうね、うーん、いい知恵ないでしょうか。皆さんの練習メニュー、伺ってみたいです。

 あ、ありるまさんのところでアンケートをお願いすればいいか(笑)>>>ありるまさん、どうでしょうか??
スポンサーサイト

タグ : 練習 スケール ポジション移動 カイザー

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

いろいろなやりかたが

はじめまして! 私は50歳で始めて3年半です。
たしかに鈴木の教本とカイザーの組み合わせは標準なのですが、4巻までいっているのであれば、小野アンナのスケール、運指の練習では、セブシックのOP1、ポジション移動では、篠崎のサードポジション など適宜加えていったほうが効率的ではとも思います。
しかし、先生の教え方にもいろいろあるようですので、先生に不安を相談されるのが、一番と思います。
私は、篠崎の教本ではじめました。篠崎の教本は、スケール、カイザー、サードポジションが教本の中に入っているので、篠崎2巻まで教本の全曲を弾き、3巻にあるサードポジションのエキスと曲をちょっとをやってから、小野アンナのスケール、クロイツェルを練習メニューに加えて、鈴木の5巻にワープして、現在、始めて3年半で鈴木6巻終了という段階です。
スタカートは、右手の技術の中でも、最も重要なもののひとつで、いろりろな切り方、はね方、また、ひと弓連続などのバリエーションが豊富ですから、いつも意識して、切れない、飛ばないでもいいですから、譜面どおりに気持ちだけは、弾くようにしていた方が良いと思います。
いつかは、はっきり切れる、きれいに飛ぶになれると信じて、私もやっています。

testu | URL | 2010.02.10 08:38 | 編集

練習メニューって、なんとも悩ましいですよね。
僕も、もっと効率のよい方法があるんじゃないかと色々考えてますけど、なかなか思いつきませんね。
バイオリンの学習方法なんて、システマティックなものがあるはずなので、そういうのが公開されていれば使いたいんですが、見つからないんですよね。
アメリカならそういうのを公開しているのかな。

che | URL | 2010.02.10 09:59

Re: いろいろなやりかたが

testuさん

はじめまして。詳しいコメントありがとうございます。

> たしかに鈴木の教本とカイザーの組み合わせは標準なのですが、4巻までいっているのであれば、小野アンナのスケール、運指の練習では、セブシックのOP1、ポジション移動では、篠崎のサードポジション など適宜加えていったほうが効率的ではとも思います。
そうなんでしょうね、やはり。でもそうするとレッスンの時間ではほとんど何も出来なくなってしまうかも知れません。

> しかし、先生の教え方にもいろいろあるようですので、先生に不安を相談されるのが、一番と思います。
おっしゃるとおりです。カイザーも始めてまだ2ヶ月少々なのでもう少し様子をみようかと思います。

> 私は、篠崎の教本ではじめました。篠崎の教本は、スケール、カイザー、サードポジションが教本の中に入っているので、篠崎2巻まで教本の全曲を弾き、3巻にあるサードポジションのエキスと曲をちょっとをやってから、小野アンナのスケール、クロイツェルを練習メニューに加えて、鈴木の5巻にワープして、現在、始めて3年半で鈴木6巻終了という段階です。
詳しいご説明ありがとうございます!。確かに篠崎の教本はうまくいろんな要素がちりばめられていて、始めのうちはバランスがいいのでしょうね。多分エチュードの方は、カイザーからクロイツェルに行くと思うので、スケールはその間ぐらいに始めるのではないか、と思っています。

> スタカートは、右手の技術の中でも、最も重要なもののひとつで、いろりろな切り方、はね方、また、ひと弓連続などのバリエーションが豊富ですから、いつも意識して、切れない、飛ばないでもいいですから、譜面どおりに気持ちだけは、弾くようにしていた方が良いと思います。
> いつかは、はっきり切れる、きれいに飛ぶになれると信じて、私もやっています。
やはりそうですか。なかなか指導されたとおりに弾けず、だんだん「もういいや、」という感じになりかかっていたのですが、やはりゆっくり取り組むことが大事なようですね。

どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

credenza | URL | 2010.02.11 00:02

Re: タイトルなし

cheさん

こんばんは。
> 練習メニューって、なんとも悩ましいですよね。
> 僕も、もっと効率のよい方法があるんじゃないかと色々考えてますけど、なかなか思いつきませんね。
やはりそうですか。そうですよねぇ。絶対何かもうちょっとバランスのいい方法があると思うんですよね。

> バイオリンの学習方法なんて、システマティックなものがあるはずなので、そういうのが公開されていれば使いたいんですが、見つからないんですよね。

多分システマティックなものはあると思うのですが、日本ではなんだか昔から精神論的な鍛え方がずっと継承されてきているのかもしれません。システマティックといえば、シュラーディックやセヴシックなんてその部類かもしれませんが。

> アメリカならそういうのを公開しているのかな。
こちらはありそうですね。でもなかなか見つかりません・・・

credenza | URL | 2010.02.11 00:06

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。