スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

レッスン50回のまとめ

2010.02.11 23:20  レッスン日記


 例によって、レッスン日記のアップが滞っていますが、2月6日のレッスンがちょうど50回目のレッスンでした。(本当は1月30日になる予定だったのですが仕事でレッスン一回飛びました(悲))。

 この前師匠に「次で50回目です。」と申し上げると、「へぇ~、よく覚えていますね。もうそんなになりますか・・・。」とのこと。この「・・・」をどう解釈するか、ちょっと悩ましいところ(笑)ですが、ともあれ良く続けてこられたものです。

 もっとも、この50回のうちには、発表会のピアノリハーサルと本番をそれぞれ1回と数えています。まあいずれにしても大体50回というのには違いはありません。

 というわけで区切りがいいので、ここで50回のレッスンを振り返ってまとめてみます。
 以前の記事に書いたとおり、体験レッスンが2008年の12月6日、次の週が第1回目のレッスンでした。そこから数えてちょうど14ヶ月で50回、一月あたり約3.6回レッスンに通ったことになります。

 本当は一月あたり4回のレッスンでスケジュールを組んでいるので、欠席率約11%となりますが、同時にこの14ヶ月間で長短併せて11回海外出張していたり週末仕事が入ったりしていたので、まあぎりぎりのペースでしょう。これからもこのペースが維持できるとはちょっと考えにくいです。

 統計的に見ると、発表会で弾いたバッハのブーレが5.5回(リハ、本番除く)と一番長く見て頂きましたが、その次はベッカーのガヴォットが3.5回かかっていて一番苦労しています。

 もっとも、レッスンが一回お休みになり、結果的に長期間(2週間)練習してようやくOKになった曲もありますから、一概には言えませんが。とくに3巻の最後になった、バッハのニ長調のガヴォット。トリルが弾けずに本当に落ち込みました。

 50回のレッスンを振り返って、いろいろ悩んだり落ち込んだりしたことも多かったですが、良く途中であきらめずに通ったものです。

 次は100回目。どんな曲を弾いているのでしょうか、楽しみでもあり、進歩が無くって停滞しているのではないか、とちょっと先行き不安なところもあります。でも脱落せず続けていられるよう頑張っていきたいと思います。

 データ:(元の記事に飛びます。)
 2008年
    12月 6日  体験レッスン
    12月14日  鈴木1巻開始
 2009年
     1月18日  ヴァイオリン(Gliga Maestro 2008)到着
     4月 4日  1巻終了、2巻開始(レッスン14回目)
     7月 末  弓(Atlier Guillaumeプロトタイプ)購入
     8月 1日   2巻終了、3巻開始(レッスン28回目)
    10月24日  ピアノ・リハーサル
    11月 1日  発表会
    11月 7日  カイザー開始
 2010年
    1月 9日  3巻終了、4巻開始(レッスン47回目)
     2月 6日  ザイツ5番1楽章練習中 (レッスン50回目)
スポンサーサイト

タグ : レッスン日記 鈴木第1巻 鈴木第2巻 鈴木第3巻 カイザー 鈴木第4巻

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

50回目

こんばんは!
レッスン50回目おめでとうございます☆

実は私の体験レッスンの日が2009年12月7日なのです!
ちょうど1年違いなのですね。
何だか勝手に縁を感じてしまい、コメントしてしまいました(笑)

まとめから、過去の記事を読ませていただきました。
教本も鈴木ということで、読んでいてとても興味深かったです。
教本の進むペースの速さにびっくり・・・!しつつも、
マイペースに、「続ける」ことに重きを置いて頑張ります。

*アリア* | URL | 2010.02.12 21:11 | 編集

Re: 50回目

アリアさん

こんばんは。

> レッスン50回目おめでとうございます☆
ありがとうございます。いろいろありました・・・

> 実は私の体験レッスンの日が2009年12月7日なのです!
> ちょうど1年違いなのですね。
本当にぴったり一年違いですね。

> 何だか勝手に縁を感じてしまい、コメントしてしまいました(笑)
いえいえ、きっと何かのご縁ですよ(笑)どうぞご遠慮なく。

> まとめから、過去の記事を読ませていただきました。
> 教本も鈴木ということで、読んでいてとても興味深かったです。
> 教本の進むペースの速さにびっくり・・・!しつつも、
> マイペースに、「続ける」ことに重きを置いて頑張ります。

かなりいいペースで進んで来ましたが、ここにきてやっぱり基本的なところが固まりきらず、苦労しています。さすがに鈴木の教本だけでは間に合わなくなってきました。

アリアさんも頑張ってくださいね。少しづつでも続けていくことが一番だと思います。

credenza | URL | 2010.02.13 00:43

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。