スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

霧の彼方のヴァイオリン~アウグスト・ウィルヘルミ

2010.02.24 00:50  レコード棚から

 ヴァイオリンを弾かない人でもバッハの「G線上のアリア」を聞いたことの無い人はほとんどいないでしょう。「G線上のアリア」、もともとは管弦楽組曲第3番の2曲目、「アリア」が原曲です。

 オーケストラで演奏されるこの組曲ももちろん悪くないのですが、ヴァイオリン、しかもG線一本で弾く哀愁を帯びたメロディは、最初からヴァイオリンのために作曲されたのかと思うほどのできばえですっかり名曲として定着しています。さらにヴァイオリンの他様々な楽器でも演奏されます。チェロなんかで聞くといいですね。

 で、このヴァイオリンとピアノのために「アリア」を編曲したのが19世紀のヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミ(August Wilhelmj, 1845年9月21日-1908年1月22日)です。

 ちなみにヴィルヘルミの編曲の通り、本当にG線上でこの曲を弾くには結構なハイポジションまで使わなければいけませんのでG線の太い柔らかい響きを得るためとはいえ大変です。初心者にはとても手を出せる曲ではありませんが、D線まで使っていいのなら3ポジまでで弾けますのでそこそこ手軽に遊ぶことができます。さらにA線まで使えば1ポジだけでも弾けますし・・・。

 さて、このヴィルヘルミ、以前サラサーテのA音という記事の中で「ウィルヘルミの録音が大英博物館に保存されているらしい。ダウンロードするのわすれたけど。」ということを書きました。このウィルヘルミの録音についてはたとえば中村稔著「ヴァイオリニストの系譜」に「ウィルヘルミのレコードはイギリスで見たという人もいる・・・」などとあるように昔から噂はあったのですが、2006年頃に大英博物館のサイトに公開されました。

 その後も「ウィルヘルミの録音、聞いてみたい」と思いながらなかなか探すこともせず放っておいたのですが、あれこれ検索してみると、あるサイトにあったインターネットラジオ放送のアーカイヴにありました。

 聞いてみるとなんだか本当に幽霊がしゃべっているような番組ですがなんとか音は拾えそうでした。(どなたか大英博物館のHPにあったオリジナルのmp3ファイル、お持ちだったらアップしていただけるとうれしいです。)もともとあまり音の良くないその放送音のmp3ファイルからウィルヘルミの部分を切り出して、あまりにひどい欠落などを少し修正した演奏がこれです。パガニーニ作曲、ウィルヘルミ編曲による「妖精の踊り(Witch's Dance)」。


 この曲、例によって鈴木の教本でも弾かされますが、意外と付点音符の弾き方が難しかったように覚えています。ふぁーみれどれ そーふぁみれみ で始まるあれです。

 さて、ウィルヘルミの演奏。すさまじい雑音と不安定な回転の「霧」を通して聞こえてくるのは、堂々とした力強い音です。相当ひずんでしまってはいますが、ヴァイオリンの音自体もとても美しい響きがしています。いや、こんなにルバートかけたりしたらレッスンではとても駄目でしょうけれど、そこは19世紀末の大家の演奏です。うーん、それにしてもすさまじい音ですね、これ。まあ、ほとんど何も聞こえないあの有名なブラームスのピアノ録音よりはましですが。

 放送によると、これは1889年の録音。多分史上最古のヴァイオリンの録音です。大英博物館にはこのほか数本のシリンダー(蝋管)が保存されているそうですが、残念ながら公開されておらず、また研究者にも配布されていないようで、とても残念です。ひょっとしてG線上のアリアがあったりして。

 1908年に亡くなっているのでもっと録音があっても良さそうですが、ものの本によるとウィルヘルミ先生、40代のはじめには不摂生から体調を崩してもう一線の演奏活動からは退いた、とされています。

 その意味で、劣悪な録音とはいえその演奏の片鱗が伺えるのは、ご同慶の至りです。

(2011.08.11追記)

 この記事をアップしたときには以上の次第で「魔女の踊り」しかなかったのですが、その後British LibraryのHPでその他の録音も含め全5曲、シリンダー16本分の録音が公開されました。

 思ったより良い音です?

アウグスト・ウィルヘルミ録音集

スポンサーサイト

タグ : ウィルヘルミ 妖精の踊り パガニーニ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

'Wilhelmj' cylinders

Credenzaさん、こんにちは、ごぶさたしています。
もう引っ越しされたのでしょうか?

すでにご存じかもしれませんが、最近、下記のアーカイブに漂着しました。
5曲あります、シリンダーの本数にすると20本くらいありそうです。
しかも、思ったよりまともな音です。
http://sounds.bl.uk/Browse.aspx?category=Classical-music&collection=Wilhelmj&browseby=Browse+by+date&choice=ca.1900
ダウンロードの仕方がわかれば教えてください。

ibotarow | URL | 2011.06.29 18:38 | 編集

Re: 'Wilhelmj' cylinders

いぼたろうさん

> Credenzaさん、こんにちは、ごぶさたしています。
> もう引っ越しされたのでしょうか?

おかげさまでなんとか終わりました。まだSPレコードはダンボールのなかですが・・・

>
> すでにご存じかもしれませんが、最近、下記のアーカイブに漂着しました。
> 5曲あります、シリンダーの本数にすると20本くらいありそうです。
> しかも、思ったよりまともな音です。
> http://sounds.bl.uk/Browse.aspx?category=Classical-music&collection=Wilhelmj&browseby=Browse+by+date&choice=ca.1900
> ダウンロードの仕方がわかれば教えてください。

別途コメント差し上げましたが、このページ知りませんでした。
ご紹介、ありがとうございます。

ダウンロードは・・・どうやっても今のところ出来ていません。

credenza | URL | 2011.07.15 21:14

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。