スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

最近考えること

2010.03.11 01:51  レッスンの周辺



 レッスン日記にも繰り返し書いているとおり、最近師匠の指摘は一言で言えば「もっときちんと、ゆっくり深く練習してくること。」に尽きています。

 鈴木の4巻に入り最初のザイツ3曲で格段に難しくなって来ましたが、曲が難しくなるのと同時に感じるのは基本的なところがしっかり身についていない、という例のあれです(笑)。

 いえ、こちらの予想に反して(?)教本はそこそこ進んでいるので、一応進歩はしているのだとは思いますが、こういっては何ですが上手くなっている感じが殆どありません。内容的に深まっていませんし、なんとなく停滞しています。端的に言うと、直前のレッスンで合格した曲をひいて見るとわずか一週間しかたっていないのにボロボロです。これでは全然身についていない、と言っていいでしょう。

 最近、ある方と話をしていて、やっぱりこのあたりで少し基礎を振り返った方が長期的に見ていいのでは無いかと感じています。
 
 具体的な話は書きにくいのですが、数ヶ月前に聴いたその方の演奏、最近また聴かせて戴く機会がありました。

 以前はほとんどかかっていなかったビブラートがこの数ヶ月ですばらしく綺麗にかかるようになっていたり、また音程も格段に安定していました。その間、その方が進んだ教本のペースはそれほど多くはないようです。

 むしろ基礎的な練習に多くの時間を割いていらっしゃったのだろうと思います。もちろんついていらっしゃる先生も使っている教本も別で、当然指導の仕方も違っているので一概に比べるのも無理がありますし、第一、大人から習い始めたヴァイオリンの上達具合を他人と比べるのは全く無意味です。

 とは言うものの、このあたりで基礎をしっかり固め直した上で、もう一度教本を続けた方が今後の進展に大きな影響があると思うのですが、どうでしょうか。ちょうど、「ザイツ祭り」が終わり、ヴィヴァルディにさしかかるタイミングです。

 教本を見てみるとこれからさらに難しくなっていくので、このタイミングを逃すと、なかなか元に戻れる機会は無いかもしれません。教本が格段に難しくなる前に、振り返って置いた方がいいかもしれないので、悩ましいところです。

 とはいえザイツが終わるまでまだ少し(?)時間がかかりそうなので、師匠に相談する前に考えてみたいと思っています。
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ザイツ

| コメント(14) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんばんは!
そうなんですよね~…(汗
基礎とかもっとちゃんとしっかりとやっておくべきなんですけど、ついついなぁなぁになってしまう部分とかがあって、宿題をやらないと!って焦ったりしてしまいがちです。
やはり先生と相談して基礎も固めていった方が、今後楽なのかもしれませんね。
(私の場合はレッスン毎に、基礎も先生は注意して下さってるのにレッスン終わるとすっかり忘れてしまってます…汗)

お互い頑張って行きましょうね~!

ありょう | URL | 2010.03.11 02:27

行き詰まりを感じると色々考えちゃいますよね。
私も一時、先生を変える事まで考えた事ありますよ。
大波はやっぱり鈴木四巻で来ましたし。

でも、結局、寄せくる波をなんとなく越えても、すぐ次が来て、もう、ずっと行き詰まりっぱなしというか、「行き詰っている状態」に慣れてしまってます;
他者がどうなのか知りたいところです。
みなさん、「なんとなく」越えるんじゃなくて、「きっちり」越えていらっしゃるのでせうか、ね。

i-hana | URL | 2010.03.11 14:10 | 編集

分かります~!

こんばんは。

教本が進むにつれて、嬉しさと、それ以外に
と言いいますが、それ以上に、不安がつのっていきます・・・

私もザイツの練習をするようになって、
こんな難しい曲やって、この次どうなるの?って不安だらけです。

基礎をやると言っても、宿題をやるので精一杯で、
何もできないし・・・(T_T)

先生を信じて、ついていくしかないんでしょうかね?

ありるま | URL | 2010.03.11 21:02 | 編集

Re: タイトルなし

ありょうさん

> 基礎とかもっとちゃんとしっかりとやっておくべきなんですけど、ついついなぁなぁになってしまう部分とかがあって、宿題をやらないと!って焦ったりしてしまいがちです。

おっしゃるとおりですね。宿題やっていかないといけないし、でもちょっと基礎的な部分も心配だし・・・と言う感じですね。

> やはり先生と相談して基礎も固めていった方が、今後楽なのかもしれませんね。
> (私の場合はレッスン毎に、基礎も先生は注意して下さってるのにレッスン終わるとすっかり忘れてしまってます…汗)

同じように注意はされるのですが、レッスンでそれをやっているわけではないのでなかなか自分できっちり練習できなかったりします。かといってレッスンの時間を使うのももったいないですし・・・
>
> お互い頑張って行きましょうね~!
ほんと、頑張っていきましょう!!

credenza | URL | 2010.03.11 23:14

Re: タイトルなし

i-hana さん

> 行き詰まりを感じると色々考えちゃいますよね。
> 私も一時、先生を変える事まで考えた事ありますよ。
> 大波はやっぱり鈴木四巻で来ましたし。
やっぱりそうでしたか。4巻で急に難しくなって、ふと振り返ると、と言う感じですね。
先生を変えること・・・実は私も考えていたりしますが、でも今の師匠、とてもよく指導してくださるのと、やはり本当にヴァイオリンの構え方から教わっていますのでイジイジと思い悩んでいるだけで結論は出ません。先生変えても今よりよくなるとは到底思えないのです。


> でも、結局、寄せくる波をなんとなく越えても、すぐ次が来て、もう、ずっと行き詰まりっぱなしというか、「行き詰っている状態」に慣れてしまってます;

レベルは全然違いますが、まさに同じ感じがしています。3巻の後半からずっとこんな感じです。

> 他者がどうなのか知りたいところです。
> みなさん、「なんとなく」越えるんじゃなくて、「きっちり」越えていらっしゃるのでせうか、ね。

どうでしょうか。結局「なんとなく」になっている場合が多いような気がします。問題はそれでよし、とするか、それとも別の方向を考えるかの違いだと思います。

credenza | URL | 2010.03.11 23:18

Re: 分かります~!

ありるまさん

> 教本が進むにつれて、嬉しさと、それ以外に
> と言いいますが、それ以上に、不安がつのっていきます・・・

とくに入門入門したような曲を超えるとうれしいですよね。
不安はもう、累積債務のように脹らんでいます(笑)。

> 私もザイツの練習をするようになって、
> こんな難しい曲やって、この次どうなるの?って不安だらけです。

ザイツ、楽しいのでとてもいいのですが、ハタと振り返るととても不安を感じています。

> 基礎をやると言っても、宿題をやるので精一杯で、
> 何もできないし・・・(T_T)

基礎練習、レッスンにもちこむと時間がもったいないですしね。悩ましいところです。

> 先生を信じて、ついていくしかないんでしょうかね?
確かにそうですが、大人のレッスンだと先生の方も「基礎が足りないのでもう一度・・・」と思っても言い出しにくいのではないかと思います。正直に相談するのがベストなんでしょうけど・・・それもちょっと怖いんですよね、どうなるか判りませんし。

credenza | URL | 2010.03.11 23:22

思い立ったが吉日、でしょうかね。
というか、本来は毎日基礎重視でやるべきなのかもしれませんね。
祭りの後にやるか、教本の変わり目にやるか、それとも思い立った瞬間にやるか。

ところで、基礎を固めるって、具体的にどんな事をやります?
僕も考えてはいるんですが、結局はいつもと同じような基礎錬を、時間ばかり長めにやるだけです。
効果的な練習方法があれば、ぜひ教えて下さい!

che | URL | 2010.03.12 00:38

Re: タイトルなし

cheさん

> 思い立ったが吉日、でしょうかね。
> というか、本来は毎日基礎重視でやるべきなのかもしれませんね。
> 祭りの後にやるか、教本の変わり目にやるか、それとも思い立った瞬間にやるか。

祭り、もう先が見えていますのでとりあえず祭りの後を考えています。ここで、ザイツ放り投げてしまうと、なんとなくこれまでの努力が一旦パアになってしまうような気がします(笑)。
本来、基礎重視でやるべきなのは明らかです。でもですね、それだけだととても退屈してしまうだろうなぁ、とも思っていてそのバランスが難しいのだと思います。

> ところで、基礎を固めるって、具体的にどんな事をやります?
> 僕も考えてはいるんですが、結局はいつもと同じような基礎錬を、時間ばかり長めにやるだけです。
まずこれまで散々指摘されているのに一向に出来ていないところ、例えばスタッカート、移弦などでしょう。そのためには開放弦からスケールだのなんだのと言う話になると思います。

いつも基礎練って何をやっていますか?

> 効果的な練習方法があれば、ぜひ教えて下さい!
こちらこそ知りたいです!でもなんとなく「標準メニュー」みたいなのがあってもいいと思うんですよね。実際問題、基礎練習だけでは飽き足らなくなりますので、教本もある程度薦めながら、基礎練習にまわす時間を増やしていく、ということになるのでしょうけど、具体的な内容ってどうやって決めればいいのかわかりません。

credenza | URL | 2010.03.12 00:57

あの~一言だけ。

運指の教本(sevcik1-1のような)とエチュード(カイザーのような)とスケールの教本(小野アンナのような)を「先生の指導で」やっているなら、それが充分基礎練習だと思います、けど。
(私はスケールの教本はやってませんが;)
始めたばかりの人は効果がいまひとつ実感できないかもしれませんが、一年くらいやると変わってきますよ?
あと、白本や篠崎は、曲の間にエチュード的なものが一杯あるみたいなので、最初の一年くらいはそれで充分基礎練習だと思います。

あ、一言じゃないや;

私の悩みはずっと常に弓手で。
三年くらいで漸く「これからは右手ですね」と先生に言われましたが。
それにしてはあんまり具体的な指導が無いので、相変わらず四苦八苦しています。

i-hana | URL | 2010.03.12 02:13 | 編集

Re: タイトルなし

i-hanaさん

> 運指の教本(sevcik1-1のような)とエチュード(カイザーのような)とスケールの教本(小野アンナのような)を「先生の指導で」やっているなら、それが充分基礎練習だと思います、けど。
> (私はスケールの教本はやってませんが;)

えっと、この中でやっているのはカイザーだけです。今のところ、音階と運指はなしです。

> 始めたばかりの人は効果がいまひとつ実感できないかもしれませんが、一年くらいやると変わってきますよ?

確かにカイザー始めてから音程は大分よくなってきたようです。

> あと、白本や篠崎は、曲の間にエチュード的なものが一杯あるみたいなので、最初の一年くらいはそれで充分基礎練習だと思います。

えっと、問題はこれで教本が鈴木なのでほとんどありません。音階ですらほんのちょっぴりです。

> あ、一言じゃないや;

いえいえ、二言でも三言でも大歓迎です。


> 私の悩みはずっと常に弓手で。
> 三年くらいで漸く「これからは右手ですね」と先生に言われましたが。
> それにしてはあんまり具体的な指導が無いので、相変わらず四苦八苦しています。

うーん、とても右手まで気が回らないのが現在の状況なのです。ときどき忘れた頃に少し指導がありますが、とりあえずそこまで言ってもとても対応できないと思われているのかもしれません。

credenza | URL | 2010.03.12 07:43

あ、いや、他の方のコメント読んでて、「基礎練習」の認識が自分と違うなあと思ってつい;
(ちゃんと先生に指導してもらってる方もいらっしゃるように思うんですが)
credenzaさんが鈴木とカイザーなのはわかってます;すんません;

i-hana | URL | 2010.03.12 09:32 | 編集

Re: タイトルなし

i-hanaさん

こんばんは

> あ、いや、他の方のコメント読んでて、「基礎練習」の認識が自分と違うなあと思ってつい;
> (ちゃんと先生に指導してもらってる方もいらっしゃるように思うんですが)
> credenzaさんが鈴木とカイザーなのはわかってます;すんません;
あ、なるほど。理解しました。

確かに自分で言っておきながら「基礎」って何でしょうね。改めて考えて見ると、何をもって基礎練習とするのか迷います。

credenza | URL | 2010.03.12 23:34

難しい曲にぶつかると、私も自分に身についていないものが沢山あることに気づきます。
難しい曲がかえって基礎の大切さを教えてくれるので、曲を進めていくのもこれはこれで必要かなとも思います。

基礎練習をやっていて一番困るのは、レッスンで教えてもらったものの、家に持ち帰って練習すると、果たしてこの弾き方、押さえ方でよかったのかという疑問がいつも抜けないことです。

先生は、大人は試行錯誤も大切なプロセスだと言いますが・・・

サエモンノスケ | URL | 2010.03.13 11:50

Re: タイトルなし

サエモンノスケ さん
こんばんは

> 難しい曲にぶつかると、私も自分に身についていないものが沢山あることに気づきます。
> 難しい曲がかえって基礎の大切さを教えてくれるので、曲を進めていくのもこれはこれで必要かなとも思います。

確かにそうですね。今日もレッスンだったのですが、結局かなり基礎的なところが引っかかってザイツ終了とはなりませんでした・・・

> 基礎練習をやっていて一番困るのは、レッスンで教えてもらったものの、家に持ち帰って練習すると、果たしてこの弾き方、押さえ方でよかったのかという疑問がいつも抜けないことです。

はい。その通りです。レッスンの最中は結構頭に血が上っていたりしてちゃんと覚えていないことも多いですね。録音させてもらうようになってからは、あとで聴き直せるのでかなり緩和しましたが。

> 先生は、大人は試行錯誤も大切なプロセスだと言いますが・・・
私もたまーに、「いろいろ研究して見てください」と言われたりしますが、次のレッスンで完全に間違っていたことが判明したりして、ちょっと複雑な思いもあります。

大人から始めるって習うほうも教えるほうもいろいろ大変なんですね。

credenza | URL | 2010.03.13 23:50

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。