スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#54-2 混戦模様のザイツ 第5番 3rd.mov

2010.03.17 00:38  レッスン日記

○ザイツ 5番 第3楽章

 さて、前回ようやく全体の譜読みが終わったザイツの3楽章。これ、やっぱりかなり難しいです。いえ、重音が難しい、というのももちろんそうですがそれ以外の部分も結構大変です。

 先週散々だったので、ゆっくり弾きはじめます。半分くらい弾いたところでストップ。

 師匠が同じテンポで弾いてくださいます。「同じテンポだけど、私の方が速く聞こえるでしょう。速いというか、軽い感じです。これはスタッカートが重くなっているからです。この曲、スタッカートがちゃんと切れないとロンドに聞こえません。」と厳しい指摘です。まあ、この曲の「ロンド」って結構眉唾ですけどね。これ、曲が悪い(笑)。

 スタッカート。何時までたっても上手くいかないんですね、これ。ピタッと弓が止められないので少し弓を浮かすようにして音を切ってしまうと、やっぱり音が微妙につながってしまうんですね。

 うーん。「スタッカート、ちょっと勉強しておいてくださいね。」といわれてしまいましたが、どうすればいいのでしょう??

 メノ・モッソのゆったりしたパッセージ。ここ、音的にはそれほど大変ではないのですが、相当ゆっくり弾かないと、次の部分でアテンポになって死にます。ということで師匠が実演してくださいます。自分で考えているよりずっとゆったり弾いて、アテンポで戻すところはテンポの調整が難しいです。

 また、音程。この部分3ポジが入り乱れていますが、なんとなく音程が悪いなぁ、と感じているだけではなく、どの音が原因でそうなっているのかきちんと確認すること。ここでは2の指。

 先週、4の指をぐっと伸ばして3ポジで上のラをとるところをフラジオレットに変更したので、久しぶりにフラジオの練習です。なかなか指を弦にあてる加減が上手くいかず苦労します。

 ページを超えて、アルペジオの前。ここの部分どうしても走り勝ちになるのは、弓が足りなくなってあせっているから。弓を節約しながらゆったり弾けるように弓の配分をよく考えること。

 アルペジオの部分。音程をしっかりとること。全体に手に力が入っていて音がきれいに響きません。ついでに右手の方も力がかかっていて変な音がしているのを指摘されます。いえ、判ってはいるのですがなかなか余裕がなくって右手、左手ともに力が上手く抜けないので直らないのです。
0seitz5-3arpeggio1.jpg

 この部分、速度指定はアテンポ。どのテンポに戻すか、という問題がありますが少なくとも前の部分より速くなるはずなのですが、アルペジオが綺麗に弾けないので逆に速度落としてしまいます。なので、逆にその前をずっとゆっくり弾くように、というご指摘です。ちなみにアルペジオの最後の音、中途半端なところでA線→E線の移弦が入っていて綺麗に響きません。うーん。

 さて重音。さっと弾くと、「音程とてもいいですね。もう一回。」と一応褒められます。でも、それからのダメだしは・・・

 この部分で一番難しいのはなんと言っても合計4回出てくる、レ♯ーラード・ナチュラルーラの音を1-2-3の指でA線とE線でとっていくところです。まあその後に続く部分もむずかしいのですが。レ♯は1の指がかなり低くなりますし、ドは周りの音と違って低くとった上でE線のラを3の指でとるのは大変です。

 この部分、1と2の指で変な音を出さないためにも右手をネックからぐっと離してから3の指をえいやっと伸ばしてとっていたのですが、そうするとかなり厳しいので逆に手のひらをネックに近づけ、かつ3の指が第一関節で折れない(マムシ指にならない)様に上から押さえること、との注意。これもともと無理に指を伸ばしているので結構大変です。
 0seitz5-3b133.jpg

 そしてその次の音。今度は1の指でシ、2の指はE線のソです。さっと戻さないといけないのですが、パッと指がその型になりません。結果的に重音の最初でシの音が鳴らない。「一瞬間を空けてもいいのできちんと最初から鳴らせるように。」との注意です。まあ先週から較べるとさすがにマシにはなっていますが。

 最後の部分は出だしと同じなので殆ど同じ注意ですね。今回の指摘は、スタッカートに代表されるようにその場ですぐに直るようなものは殆どありません。うーん。

 最後に師匠が一言。「まだ外枠だけ、曲の雰囲気だけを気にして弾いているような感じです。なんとなく変な箇所は一体どの音がおかしいのかきちんと追求してください。そのためには自分の音がきちんと聴けて直せないといけないので、まだテンポ速いです。これ、ザイツの中では一番難しいのでゆっくりやってきてください。」ということで殆ど時間いっぱいのレッスンも終了となりました。

レッスンの記録
第54回目 2010.03.06
・カイザー9番 (再)
・ザイツ 5番第3楽章(再)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ザイツ 第5番 第3楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

確かに、どの辺りがロンドなのか問いただしてみたくなるような曲でしたね、そういえば。
弾いてる時は必死で、あんまりいろんなこと考えてられませんでしたけど。

i-hana | URL | 2010.03.17 01:41 | 編集

Re: タイトルなし

i-hana さん

> 確かに、どの辺りがロンドなのか問いただしてみたくなるような曲でしたね、そういえば。
> 弾いてる時は必死で、あんまりいろんなこと考えてられませんでしたけど。

 そうなんですよね。これ、一体どこがどうロンドになっているのか判りません。
まあどうでもいいことですけど。
 なんだか練習すればするほど音も汚く、下手になっているような気がします。

credenza | URL | 2010.03.17 23:50

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。