スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#56-2 Viva Vivaldi!

2010.03.29 00:11  レッスン日記

レッスン日記 第56回 その2

○ヴィヴァルディ 協奏曲イ短調 第1楽章

 というわけで、めでたくヴィヴァルディに突入です。ヴァイオリンやる人の間では俗称「アーモル」といわれていますが、他にもイ短調の曲があるのにこれだけ「アーモル」ですんでしまうのはそれだけ有名、というか旋律が知られているからでしょう。

 山ほどコンチェルトを書いたヴィヴァルディ。この曲はOp3の6曲目です。12曲の協奏曲を含む作品3ですが、独奏ヴァイオリンのためのコンチェルトはこの6番を筆頭に3曲入っています。

 で、全体につけられた副題は「調和の幻想(L'Estro Armonico)」、なんだかよく判りませんが、全12曲を聴くとスタイルもちょっとバラバラだったりするので、和声の自由な試みといったところでしょう。

 いずれもきれいな曲でとっつきやすいものです。その割には技術的に比較的簡単なので「おけいこ名曲」として取り上げられているのでしょう。ともあれ、鈴木の4巻には1楽章と3楽章、5巻に短いながらも美しい2楽章が取り上げられています。どうせなら全部頭から弾けるようにすればいいのに。

 ついでに書くと、古楽器演奏が今のようにはやる前は、多くは19世紀風の弾き方をされていて、鈴木教本も19世紀から20世紀にかけて活躍したヴァイオリニスト、ナッシェの編曲となっています。ですから最近のCDなんか買ってきて譜面を見ながら聴くとちょっと違和感を感じるはずです。

 まあ、スタイルの違いですからどっちでもいいのですけど「このような弾き方はヴィヴァルディではない!!」などと言っていてはとてもヴァイオリンのお稽古にはならないのは確実です。もうべったりテヌートも引っ張って弾くしかありません。というか、プロでもないので無理やり古楽器風に弾けといわれても無理です。

 一応、譜読みということで弾き始めます。

 最初の注意は3ポジの音程。久しぶりにファがナチュラルになるる調なのできちんと音程とること。そうそう、この曲からポジション移動がマストになっていますね。ザイツまでは全部1ポジで弾けますが、この曲は無理です。まあ、以前から無理やりポジション移動して弾くことにしていましたので多少は慣れていますが。

 譜読みなのでゆーっくり、みらららら のテヌートも思い切り弾きます。

 が、師匠は「もっとゆーっくりやってください」。どうしてもこういう曲は普段聴いているCDのテンポが耳に残っているので走り勝ちになります。何しろバロックですからね。最近の録音はみんな風が抜けるようにさわやかな速さで演奏されています。まあ、この曲で一番のお気に入りはもうちょっとクラシックな弾き方をしているグリュミオーだったりしますけど、それでもせっかちに弾いています。

 5段目ぐらいまできたときにちょうど時間となったのですが、最後に師匠。「credenzaさんいつも譜読み殆ど完璧なんで、ここで私が譜読みのお手伝いしないでも大丈夫ですね。この曲、じっくりやりましょう。」

 ということなんですが、あの、譜読みですね、この曲の弾きにくいのはスラーですね。その辺、きちんと弓のアップダウンとか確認していただかないと、弓順逆のまま練習してきてレッスンで叱られる、というのがいつもの黄金のパターンなんですけど。まあいいや、じっくり読んでくることしました。でも3ページもありますね、この曲。

 どうせ来週もカイザーで疲れ果てて曲をやる時間がそんなに取れそうにもないので、譜読み、まあ1ページくらいでいいや、って師匠にばれたら怒られる・・・。

レッスンの記録
第56回
2010.03.20
・カイザー10番(継続)
・3.ザイツ 協奏曲第5番 第4楽章
・4.ヴィヴァルディ 協奏曲イ短調 第1楽章(譜読み 途中まで)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ヴィヴァルディ協奏曲イ短調 第1楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんばんは

ご無沙汰しています。

ザイツ卒業おめでとうございます。
私はこの曲やっていませんが、
家チョコチョコひいてます。
難しい~

難しいと言えばカイザー10も…
これも腱鞘炎になりそうな曲ですね。

ビヴァルディ、わたしは2ヶ月もやってますが、
音程、スラーの運弓と未だにてこずっています。

最初のミララ…がバッチリ弾けるようになりたいものです。
お互いにがんばりましょうね。

ゆこべえ | URL | 2010.03.30 18:53

こんにちは。
アーモール、私も3か月目に入りました(笑)
ゆこべえさんと同じく、なかなか、最初のミラララがいい感じに
弾けないんですよね。なぜかいつもためらいがちになるんです(笑)
思い切って弾くと、微妙に音をはずしてしまったり。。。
ロングトーンのビブラートは私の苦手な3の指ばかりで、
毎回気持が萎えます(悲)
書かれている音符のとおりをサラーと平たく弾く分には、
あまり難しさを感じないのですが、いろいろと曲想をつけようとすると、
完全に技量不足で思いのほか手こずってます。
ほかの曲ももちろんなのですが、この曲は特に音程が決まらないと
なんだかカッコ悪くなってしまいますよね。
3ポジ、外しまくってます。。。(笑)

りょう | URL | 2010.03.30 19:53 | 編集

Re: こんばんは

ゆこべえさん

こんばんは。こちらこそご無沙汰しています。

> ザイツ卒業おめでとうございます。
ありがとうございます。結構苦労しました(笑)

> 私はこの曲やっていませんが、
> 家チョコチョコひいてます。
> 難しい~

一度弾けるようになるとそれ程でもないのですが、やっぱり大変です。

> 難しいと言えばカイザー10も…
> これも腱鞘炎になりそうな曲ですね。

この曲をやり始めてから、左手がしびれています・・・。

> ビヴァルディ、わたしは2ヶ月もやってますが、
> 音程、スラーの運弓と未だにてこずっています。

おお、頑張っていらっしゃいますね。
スラーの運弓、滅茶苦茶大変ですね。

> 最初のミララ…がバッチリ弾けるようになりたいものです。
> お互いにがんばりましょうね。

はい。音程も難しいですね。頑張りましょう!!!

credenza | URL | 2010.03.31 23:34

Re: タイトルなし

りょうさん

こんばんは。

> アーモール、私も3か月目に入りました(笑)
りょうさんもアーモールなんですね!

> ゆこべえさんと同じく、なかなか、最初のミラララがいい感じに
> 弾けないんですよね。なぜかいつもためらいがちになるんです(笑)

この部分、いろんな弾き方があると思いますが、譜面どおりしっかりテヌートで引っ張って見てはどうでしょうか。スッスッと切れるように弾けるといいですね。

> 思い切って弾くと、微妙に音をはずしてしまったり。。。
> ロングトーンのビブラートは私の苦手な3の指ばかりで、
> 毎回気持が萎えます(悲)

楽譜は意外とシンプルなのに、音をとるの難しいですね。
ビブラートですか?私はまだまだです。習っていませんのでその分気楽です(笑)

> 書かれている音符のとおりをサラーと平たく弾く分には、
> あまり難しさを感じないのですが、いろいろと曲想をつけようとすると、
> 完全に技量不足で思いのほか手こずってます。

うーん、まだ私は音を拾っていくだけで精一杯です。曲想をつけるの、こういった曲だと帰って難しいですね。

> ほかの曲ももちろんなのですが、この曲は特に音程が決まらないと
> なんだかカッコ悪くなってしまいますよね。
> 3ポジ、外しまくってます。。。(笑)

この曲、和音が単純なだけに少しでも音程ずれると聞きづらいですね。3ポジはもう、置いた瞬間から師匠に「違う!」と言われています(笑)

credenza | URL | 2010.03.31 23:40

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。