スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#63-2 第63回その2 ようやく終わった1楽章・・・でも・・・

2010.05.14 00:03  レッスン日記

レッスン日記 第63回 その2

前の記事の続きです・・・

(・・・)
 一緒に弾き終えての師匠のコメント「うん、OK。しっかり数えて弾くとそんなに走らないでいけますね。でも16分音符が続くところは走りがちですから、一定のテンポで弾けるようにしましょう。自分の中に決まったテンポがあるのか、なんとなくどの曲やってもほとんど同じテンポですね。今のところ大してテンポの違いがない曲ばかりなのでいいですけど、遅いテンポでも速いテンポでも弾けるように。あと録音聞くときにテンポもそうですけど、音程がずれている所は自分がずれていると思って聞いてください。」ハイ。そりゃそうですね、師匠の音程が正しいわけですから。

 一部3ページ目の64小節目。3ポジから1ポジに降りてくるところがまだ高い。先週散々やったポジ移動、もう少し練習します。しっかり1ポジに降りきること、ということで2、3回弾き直します。
0Amoll B65

 「では、何にもなしでやってみましょう」、と言うことでメトロノームなしでもう一度最初から。

 でもやっぱり走るのですね。ゆっくり弾いていると、なんだか飛行機を飛ばしていてこれ以上遅くすると失速して墜落してしまうような恐怖感からテンポが走ってしまう感じです。

 結局、最後の最後まで残ったのは、1ページ目のラシラでも3ページ目の例の9小節でもなく、2ページ目の下から3段。もうどの指から走るのかも覚えてしまいました。楽譜には師匠にしっかり「あせならい!」「とくにゆっくり」などと書き込まれてしまっています。
0Amoll BB49

 ここ、どうしても転がってしまうような感じで走るのです。具体的には、51-2小節。レミファレドシのところです。これ、よせばいいのに、レミのミをA線4でとって、ファはE線、またA線にもどるので急がしく、レとミの間で走るのです。最初からミ、E線の開放弦で取っておけばよかった、と思ってもいまさら師匠の手前指使い変えるわけにはいきません。

 ついに師匠ともう一度この部分を合奏です。ゆっくりゆっくり。最後に自分で弾いてみるとさすがにテンポは維持されています。そのまま最後まで。3ページ目の64小節目あたりで手拍子が入りますが、何とかぶれずに最後までたどり着きます。

 師匠「うん、最後に一回通しましょう。な・る・べ・く、テンポを保って!」弟子は苦笑するのみです。

 で、最後の一回。師匠には申し訳ありませんが、最初から少しテンポを上げて弾きました。要はどうせ走るのなら、その分最初から少し速めに弾いた方が目立たないだろう、という考えです。

 気合を入れて弾きました。残念ながら楽譜に書いてあるディナミークを全部ちゃんとつけるには至りませんでしたが、音程もそこそこ、散々注意された移弦も比較的上手くいきました。

 テンポは・・・ぐっと押さえてギリギリ維持できました。一ヶ所、どうしても音楽が盛り上がってアッチェランドかけたくなる、66小節目からは少しだけ走ってしまいました。

 最後の師匠のコメント:「今のが今までで、一番テンポが上がらなかったので、これで終わりにしましょう。この曲、自分は4ヶ月くらいやりましたが、その後も3、4年は一ヶ月に一度くらい弾いていました。それぐらい勉強になる曲なので、6巻に行っても7巻に行っても時々弾いてみてください。」

 というわけで、苦節6週間、ようやくなんとかアーモールの1楽章、終了となりました。やれやれ。

 でも師匠との合奏、おっかなびっくりでしたが、本当に楽しかったです。

レッスンの記録:
第63回 2010.05.08
・カイザー12番
・鈴木4巻 4.ヴィヴァルディ 協奏曲イ短調 第1楽章

スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ヴィヴァルディ 協奏曲 イ短調 第1楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

credenzaさんのお師匠さまのコメントに「---この曲、自分は4ヶ月くらいやりましたが、その後も3、4年は一ヶ月に一度くらい弾いていました。それぐらい勉強になる曲なので、6巻に行っても7巻に行っても時々弾いてみてください。」とありますが、

それ程勉強になる曲なのですね。

この曲は私にとっては、最も中途半端に終わってしまった曲なのですが、
(レッスンでただ1回通しただけで終わってしまった、、、)
また、これから時々弾いてみようと思いました。
ありがとうございました。

バイオリンの持ち方も思い出せなかった頃、
夜中にひとり起きてガサガサ弾いていた思い出の曲です。

Fuyuko | URL | 2010.05.15 22:58

Re: タイトルなし

Fuyuko さん
こんばんは

> credenzaさんのお師匠さまのコメントに「---この曲、自分は4ヶ月くらいやりましたが、その後も3、4年は一ヶ月に一度くらい弾いていました。それぐらい勉強になる曲なので、6巻に行っても7巻に行っても時々弾いてみてください。」とありますが、
>
> それ程勉強になる曲なのですね。
ずっと「この曲は難しいですが、勉強になりますから」とおっしゃっていましたが、レッスンの最後にこうおっしゃったので納得しました。ずーっと練習を続けて、レパートリーに入れておく、と言うことでしょうか。

> この曲は私にとっては、最も中途半端に終わってしまった曲なのですが、
> (レッスンでただ1回通しただけで終わってしまった、、、)
> また、これから時々弾いてみようと思いました。
> ありがとうございました。

え、1回通しただけで合格してしまうと言うのは素晴らしいです。きっともう十分に弾けていらっしゃったのでしょう。

師匠にああまで言われたので、私も今のところ毎日一回は通して弾くようにしています。が、今のところ全く進歩がありません・・・


>
> バイオリンの持ち方も思い出せなかった頃、
> 夜中にひとり起きてガサガサ弾いていた思い出の曲です。

credenza | URL | 2010.05.16 22:56

こんばんは


A-mollも無事終了し、オフ会も楽しまれ
バイオリンライフ充実されていますね。

A-moll、私も先生から「あせらない」としょっちゅういわれます。
8分音符のところがまちきれず、走っちゃうんですよ~
音程が安定されたとのことですが、さすがです。
見習いたいと思います♪

それと先生との合奏、私も経験しました(ぜんぜん弾けませんでしたが)
緊張したけどホント楽しかったです。

でも、ふゆこさん暴れ馬を一回通しでOKだなんてすごすぎ~

次は3楽章ですね。頑張ってください。

ゆこべえ | URL | 2010.05.17 23:24

Re: こんばんは

ゆこべえ さん

こんばんは

> A-mollも無事終了し、オフ会も楽しまれ
> バイオリンライフ充実されていますね。

なんとかA-mollおわりました。オフ会も楽しかったです。次回は是非ゆこべえさんも。

> A-moll、私も先生から「あせらない」としょっちゅういわれます。
> 8分音符のところがまちきれず、走っちゃうんですよ~
> 音程が安定されたとのことですが、さすがです。
> 見習いたいと思います♪

たしかに「止まってはいけない」と思うあまり、あせってしまうんですよね。自分でも気がつかないうちにテンポが上がっていたりするので、ぐっとこらえて弾きました。
ずーっと遅いテンポで練習していましたが、昨日、思い切り速く弾いてみたら、以前に比べてずっと弾けるようになっていました。やっぱりゆっくり確実に練習することが大事みたいですね。

音程は、あくまで以前に比べて、と言うことだと思いますが、カイザーを音程だけに注意しながら練習していたせいか、確かにマシになっているような気がします。

> それと先生との合奏、私も経験しました(ぜんぜん弾けませんでしたが)
> 緊張したけどホント楽しかったです。

ゆーっくり目のテンポでしたが、楽しかったです。とにかく落ちないように、音程はずさないように、耳を尖らせて聞きながら弾きました。今聴きなおしても部分的にはぴたっとテンポも音程も合っていて我ながら綺麗に弾けていました。

> でも、ふゆこさん暴れ馬を一回通しでOKだなんてすごすぎ~

そうそう、これ本当に凄いです。きちんと基礎力がついていればこういう感じでさくっと進むのでしょうね。うらやましいです。

> 次は3楽章ですね。頑張ってください。

ありがとうございます。1楽章に負けず劣らず大変(しかも似ているフレーズが出てくる)ですが頑張ります。おとといのレッスンで一応譜読み全曲終わりました。これからが大変です。

credenza | URL | 2010.05.18 00:09

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。