スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#66 出来ないものは出来ない・・・

2010.06.12 00:13  レッスン日記

レッスン日記 第66回
2010.06.05

 5月は5週あったので、最後の週は一回おやすみです。で2週間あいたレッスン。なんだか随分久しぶりな感じがします。

 が、ここのところずっと公私ともに忙しかったり、ちょっと気になることがあったりとヴァイオリンを弾いていても落ち着きません。心ここにあらず、と言う感じのままレッスンに入ってしまいボロボロです。

○カイザー14番

 この曲、意味もなく5拍子なんですね。それだけでもとても弾きにくく、音の長さがばらばら。ちゃんと2拍のばすところが、付点四分音符に近い長さになっているのを散々注意されます。要はちゃんと数えていないということなのですが、半分考え事しながら弾いている感じなので、たとえきちんと拍を数えていてもテンポが狂ってしまいます。

 例えば、冒頭、ふぁ ↑ふぁーあ、そふぁれ どっみ という組み合わせが出てきますが最初の ふぁーあ で2拍、そふぁれ は3連符。どっみ はスラースタッカートです。

 さらにタチが悪いのが、これにタイが付いた、らーぁあ~あ そふぁ みれ みたいなところ。最初の2拍でのばす らー が次の 三連符 らそふぁ の ら にタイでつながっているので、3音目は2拍+1/3拍で入る筈なのですがボーッと弾いているとなんだか判らなくなってしまいます。で、まとめてみーんな拍数が足りなくなってしまっています。

 ついでに同じパターンで一オクターブ上を弾くのがあるのですが、A線上のラ、フラジオでとるので、長さをちゃんと引っ張るのが難しい。というか、フラジオがちゃんと鳴っていないので弾いていて気持ち悪くなって早めに次の音に移ろうとしてしまいます。3ポジに上がっているので音程はもちろん合っていません。

 さらに言えば休符。ちゃんと数えられていないので、端折ってしまいます。師匠から「弾いていないときもちゃんと数える。音楽がとまってしまっているので全然ダメ。」とダメだしです。まあ、何回か弾いているとそこそこ安定してきますが、根本的にどうしてもやる気が出ないときは集中できないので仕方ありません。

 あとは音程・・・のはずなのですが、今日はそこまで行きませんでした。それほど滅茶苦茶だったということ。

 当然一回で上がるわけはなく、持越しです。それでも根気よく指導してくださる師匠にとても申し訳ないのですが、この曲、今日は全く弾く気が起きませんでした。

○ヴィヴァルディ Amoll 第3楽章

 と言うわけでこちらもボロボロです。書くことありません。

 唯一、アルペジオのところ。さすがに2週間ゆっくり弾いてきたので指が勝手にそこそこ正確に動くようになりました。ここだけ褒められました。「この部分とおなじ集中力で他の部分(とくにページの変わり目からの3ポジで弾く部分)もやれば絶対にできますから。」

 というか、本日集中力殆どゼロなので、出てくる音もとても貧相なやる気のない音しか出ませんでした。

 全般的コメント:
・ 音が全体にカサカサしているので、弓にしっり重さをかけること。また音のムラがでないように。
・ 同じ音が続くところで音をはずした時には、気づいているのなら2回目できちんと直すこと。
・ もし気づいていないのなら、音を覚え直さないと行けないので、これからレッスンのやり方を変えないといけない云々。

 いえ、気づいていますよ、音程がおかしいの。でも集中力切れていて直すだけの気力もなかったのです。というか全体的に音程が微妙に滅茶苦茶だったのでちょっとやそこら直したところでどうにもなりませんから。

 熱心に指導してくださる師匠にはとても申し訳ないですが、本日のレッスンは来ないほうがよかったかもしれません。

 ちょっといろいろあって精神的に参っていたのでなんだか弾く気がしない中、無理やり練習してレッスンに来ているようなものです。

 次のレッスンまでにはなんとか調子を元に戻さないと、本当に叱られそうです・・・

レッスンの記録
第66回 2010.06.05
・カイザー14番(再)
・5.ヴィヴァルディ Amoll 第3楽章(再)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ヴィヴァルディ A-moll 第3楽章 カイザー 14番

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

週1のレッスンって、大変そうですね。
隔週で1回のレッスン時間が長いほうが、楽かもしれません。
間が2週間あれば、そのうち何日かは練習できるけれど、
1週間だと、何かあると全く練習できないこともありますね。
練習できていない時は、先生の前で練習だと思ってやっています。
弾く気がしない時は、無理して練習しなくても、
したい時、できる時にしたらいいかなあーと思います。

fuyuko | URL | 2010.06.12 21:16

Re: タイトルなし

fuyuko さん
こんばんは

> 週1のレッスンって、大変そうですね。
> 隔週で1回のレッスン時間が長いほうが、楽かもしれません。

これ、以前師匠と議論したことがあります。
そのときの結論は、たとえレッスン時間が短くっても毎週レッスン通った方がいい、と言うことでした。

> 間が2週間あれば、そのうち何日かは練習できるけれど、
> 1週間だと、何かあると全く練習できないこともありますね。

はい。結構無理して何とか練習は毎日やっていますが、如何せん夜しか出来ませんから、ミュートをつけざるをえず、結果、音が全く響かず開放弦が共鳴したりもしないので、音程がいい加減になっています。

でも2週間あるとかえって安心して練習サボリ勝ちになったりしています(笑)

> 練習できていない時は、先生の前で練習だと思ってやっています。

同じくです。でもその「練習」ばかり続いているようだと申し訳なくって。

> 弾く気がしない時は、無理して練習しなくても、
> したい時、できる時にしたらいいかなあーと思います。

本当はそうなんでしょうね。でもある程度弾けるようになっておかないと、あっという間に限りなくゼロに近くなってしまうのではないか、と恐ろしいです。

credenza | URL | 2010.06.13 00:19

週1のレッスン

こんばんは(´▽`)

今日レッスンだったので、先生とそんな話をしました。
私の先生も、たとえ練習がそんなにできなったとしても、
週1でレッスンを受けるほうがいいと、おっしゃておられましたよ。

とは言え、
実際練習できないで、レッスン行くのは
度胸?がいりますよね・・・(;´д`)

ありるま | URL | 2010.06.13 21:35 | 編集

Re: 週1のレッスン

ありるまさん

> こんばんは(´▽`)

こんばんは。

> 今日レッスンだったので、先生とそんな話をしました。
> 私の先生も、たとえ練習がそんなにできなったとしても、
> 週1でレッスンを受けるほうがいいと、おっしゃておられましたよ。

ありるまさんもレッスン、頑張っていらっしゃいますね。
やっぱり定期的にきちんと見ていただいたほうがよさそうですね。

> とは言え、
> 実際練習できないで、レッスン行くのは
> 度胸?がいりますよね・・・(;´д`)

いや、もう慣れました(笑)。それより問題は、そこそこ練習しているのに全然弾けないこと、なのです。これは落ち込みますです。

credenza | URL | 2010.06.14 23:41

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。