スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#67-1 時間をくうカイザー

2010.06.20 18:10  レッスン日記

レッスン日記 第67回
2010.06.12

 一気に夏のような暑さの中、レッスンへ。一週間音程に注意して練習はしてきましたが、果たして・・・

○カイザー14番

 例によってゆっくり弾きはじめます。さすがに先週より音程、リズムともに安定しています。ちょっと余裕も出てきているので、音も先週の貧相な音より多少改善しており、一応「なんだかわからないけれど、楽器を弾いている」とわかるような音です。
 
 でも、やっぱりフラジオの後が速くなってしまいます。これ、ちゃんと2拍数えていはいるのですが、どうしてもフラジオでA線のラ弾いてから次の3ポジのA線ソをとるため、手の型をリセットするためにあわててしまうのです。

 何度か出てきますが、師匠から「間があいてもいいですから、ゆっくりきちんと音程合わせましょう。」と言われます。まあ、ゆっくり下から指を置き直してやれば出来ないことはありません。フラジオの音は貧弱ですけど。

 あと、四分音符+八分休符+八分音符のパターン。最後の八分音符は2拍めの裏になるのですが、これが微妙につんのめってしまいます。こういうの、単純なだけに一旦癖になってしまうとなかなか直りません。散々師匠に手拍子を打たせてしまいました。

 ついでにE線の3ポジで結構高いところ。音程があいまい。というか指が苦しいのでちょと気をつけないと戻ってしまい音程が下がってしまっています。これ、思い切り指に力が入っているので、ちょっとでも動かすと3の指が勝手に戻ってしまうのです。

 でもって半音、全音の指の間隔がきちんとあっていません。「普段よく弾く調で1ポジだと無意識に指を落としてもちゃんと正しいところに指が行きますが、あまりやっていない調で、ポジションもあがると一つ一つ指の位置を調べて確認しないとダメです。」と師匠。

 「指の力を抜いてポトンと落とす」と言われます。うーん、力思い切り入れないと正しい音程にならないのですけど。このあたりの気持ち悪い高音域、何度かやってようやくOKとなりました。

 結局、何度もつっかえながら2回ほど通してようやく「まあ、この曲難しいからこれくらいにしておきましょう。家でしっかり復習しておいてください。」ということで大甘のおまけつきでOKとなりました。やれやれ。

(つづく)
スポンサーサイト

タグ : カイザー 14番

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

あらら、いつの間にやらカイザー追い越されてるじゃありませんか。
僕は今日13番が終ったところですよ。
鈴木教本の方も、追い越されるまで秒読み段階に入ってますね。
う~ん、僕も頑張らなきゃ。

che | URL | 2010.06.20 23:29

Re: タイトルなし

che さん

おひさしぶりです。

> あらら、いつの間にやらカイザー追い越されてるじゃありませんか。
> 僕は今日13番が終ったところですよ。

あはは。あの、カイザー、私の方はもうデタッシュで弾くだけですから。
スタッカートもなにも取っ払って弾いていますから速いです。あ、スラーは最近結構つめられていますけど。

あとここの所、カイザーが難しいのでレッスン時間のなんと8割くらいはカイザーだったりします。曲は一回弾いてお仕舞いなのでなかなか終わりません。

> 鈴木教本の方も、追い越されるまで秒読み段階に入ってますね。
> う~ん、僕も頑張らなきゃ。

と言うわけで鈴木教本は停滞中です。全然追いつきっこありませんから、ご心配なく(笑)

でも今年の秋にはドッペル弾けるようになりたいです、はい。

credenza | URL | 2010.06.21 19:53

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。