スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#70-2 むきゅうどう

2010.07.23 01:27  レッスン日記

○ボーム 無窮動

 これ、なんとなくエチュードみたいな曲です。ららららら・・・

 4巻が改訂され、初めて入った曲ですがいまいち意味が良くわからないです。何でも鈴木先生はこの曲を教本に入れたかったのだけれど、著作権だかの関係でダメだったのがようやく、と言うことです。

 ゆーっくり弾きはじめますが・・・あの同じ音ががんがん続くので時々数え間違えて落っこちます。

 「四拍子の拍子感覚がない。ちゃんと拍子が聞こえるように弾いてください。」あはは。
2BohmB1.jpg

 冒頭。E線のラ、A線のラ、G線のラと続きますが、移弦の度に弓を返さない。今はゆっくり弾いているのでいいけど、本当はプレストなので弓元から順番にずらしてダウンで弾きつづけること。指定はプレスト、スタッカート クワジ スピッカートなんて書いてありますけど無視。

 あとはひたすら弾いていきます。何箇所かややこしい移弦があったり、押さえにくい箇所があります。が、カタカタとゆっくりやっているとそこそこクリアできるのでずーっと殆ど最後まで通ります。途中何箇所か音程の指摘。殆どが4の指、とくに上のシの音が低くなり勝ち。ポジションが上がったとき、他の指がきちんと置けていないと4の音が狂ってしまいます。そこ。

ちなみに43小節目からはポジションが結構難しいです。1→2→3→4→3→1と動きます。その移動が全音分だったり半音分だったりと結構面倒です。ゆっくり弾いているとはいえ、そこそこテンポも上がっていますし、16分音符の連打ですから、最初の音が狂うと全滅します。
2BohmB43

 最後のところ。例によって休符をいい加減に数えていると叱られます。

 師匠のコメント「全般的に1の指の音程が上ずりがちです。もう一回だけやりましょう」

 ということで、振り出しに戻って弾きます。でもこの「もう一回だけやりましょう」というのは鬼門ですね。こう言われると間違わなくてもいいところを間違えて・・・といつものパターンで引っかかります。

 特にまずかったのはフラジオレット。フラジオはそこそこ弾けましたが、その次の音。E線4のレ。さっと指を戻せずに落っこちてしまって・・・ああ。2BohmBBfragio.jpg


 「フラジオ、まずちゃんと音当てましょう。で、フラジオは音をとるより戻す方が難しいので、ちゃんと左手の形を下から取ること。」と、いつもの注意です。

 これ、さっと出来るときはちゃんと出来るのですが、一旦はまってしまうとなかなか出来ません。ちょっと油断すると4のレが高くなってしまいます。

 ということで、久しぶりに一発であがるかと思ったこの曲、やっぱりもう一週間やることになりました。来週はなんとかクリアしたいですね。だいたいこの曲、やっていると肩が腱鞘炎になりそうですし。

レッスンの記録 第70回
2010.07.10
・カイザー15番
・6.ボーム 無窮動(再)

スポンサーサイト

タグ : 鈴木第4巻 ボーム 無窮動

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

この曲、才○○○のコンサートでお子様達が超スピード(プレスト)で弾いているのを聴きました。とても楽しそうでした。

大人のレッスンでやるには、いまいち意味が良くわからないかもしれませんが、オケの交響曲(ベートーヴェンなどの)を弾くには良い練習になるかも、、、(かどうか知りませんけど)。

fuyuko | URL | 2010.07.25 00:17

教本って改定されても内容は変わらないのだ、と思ったら変わるんですね
私が使っていた大昔と収録曲の順番や内容が違うような気がしてたのですが、あながち記憶違いではなさそうです
当時のバイオリン関係のものは一切合切処分して何も残っていないので確かめようがありませんけど(笑)
むきゅーどう、名前は聞いたことがあるけど、はじめてお目にかかります
休止符がない?だから?
指の練習より弓の練習がメイン?
なんか意図がよくわからないですけど、キビシそう^^;


いねむりチワワ | URL | 2010.07.25 07:11

Re: タイトルなし

fuyukoさん

こんばんは。

> この曲、才○○○のコンサートでお子様達が超スピード(プレスト)で弾いているのを聴きました。とても楽しそうでした。

確かにこういう曲、超スピードで弾くと楽しいでしょうね。それ程速くなくっても結構面白いので。


> 大人のレッスンでやるには、いまいち意味が良くわからないかもしれませんが、オケの交響曲(ベートーヴェンなどの)を弾くには良い練習になるかも、、、(かどうか知りませんけど)。

ああ、そういう考え方もありますね。同じ音をずっと刻んで行くといのはオケの曲には多く出てきますから。

でもこの曲、ポジションの移動が結構面倒なので、その練習かとおもいました。

credenza | URL | 2010.07.25 23:54

Re: タイトルなし

チワワさん

こんばんは。

> 教本って改定されても内容は変わらないのだ、と思ったら変わるんですね
> 私が使っていた大昔と収録曲の順番や内容が違うような気がしてたのですが、あながち記憶違いではなさそうです

微妙に指使いや弓使いが変ったりしているようですが、はなはだしいのは音まで変っていたりするようです。改訂されて元に戻った、なんてケースもあるようで結構いい加減にやっているのだと思います。
でも曲の追加は珍しいかも。よほどお気に入りだったみたいですね。

> 当時のバイオリン関係のものは一切合切処分して何も残っていないので確かめようがありませんけど(笑)
> むきゅーどう、名前は聞いたことがあるけど、はじめてお目にかかります
> 休止符がない?だから?
> 指の練習より弓の練習がメイン?
> なんか意図がよくわからないですけど、キビシそう^^;

無窮動、なんて書くとわかりにくいですが、いろんな作曲家が同じように速くってずっと刻み続ける曲を書いていますね。ラテン語でPerpetuum mobile、永久機関のことですけど、音楽で言うとこれです。

多分弓の練習だと思いますが、結構な速さの中でポジ移動するのも練習かもしれませんね。

credenza | URL | 2010.07.26 00:01

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。