スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#72-2 リーディング コンチェルト

2010.08.03 00:00  レッスン日記

○リーディング コンチェルト

 さて、今回から鈴木4巻はしばらく置いておいて、ドッペルの前に「きれいに弾くための曲」を何曲か挟むことになりました。その第一弾はリーディングのコンチェルトです。

 3楽章あるはずなんですけど、新しいバイオリン教本2巻の61番にあるのは第一楽章だけです。

 そもそもこの「きれいに弾くための曲」シリーズ、「技術的には簡単なのであせらなくていいから、いい音で弾くように」ということだったのですが、ザイツやアーモールなどに比べると簡単であるとはいえ、コンチェルトですからそんなに余裕があるわけではありません。まあ1ポジだけで弾けるのでそこは少し楽ではありますけど。

 というわけでゆるゆると弾き始めますが、先ほどのカイザーに引き続いて左手に力が入っており、なんだか硬い音です。

 一番引っかかったのは16分音符の速さ。あの旗がついた音符をみるとついついあせってしまって速くなってしまいます。一部のところだけテンポが上がってしまう上に刻んでいくところは逆に遅くなってしまって変な感じです。3拍目に移弦ある三連符も走り勝ち。とうとうメトロノームを投入して強制的にスローダウンです。

 とくに何カ所かでてくる、4の指を巻き込んでモルデントのように弾くところ(例えばA線で れ、れみれどし、みれどしら )で、4の指が旨く動かず「階段からころがりおちるような」(by師匠)弾き方になってしまいます。焦らずゆっくりやろうとすると3,4の指に力が入ってこちらもスムーズには行きません。
0rieding1.jpg

 そんなこんなで、「音楽に合わせて弓を動かしているのではなく、弓にあわせて音楽が動いている!」とは師匠のコメントです。あはは。バラバラで練習していてあまり全体を通していないので、普段以上に変てこな緩急がついてしまいました。

 あとスラー。音符の数に惑わされず、同じ長さのところは同じ弓の量で弾くこと。これ、意外と難しいです。

 出だしの2段はそれぞれ2拍づつなので弓はゆっくり同じ分量で往復。その次は1拍つづつ、といった具合。先に行くとさすがに少しずれてきますが、それでも弓の分量の目安を考えてちゃんと弾くこと。音の見た目に惑わされて、音の数が多いとゆっくりになってしまうので弓の速さを考えて弾くようにすること。音に対して最適な速さで弓を動かすこと。
0rieding2

 これ、拍数が同じだとまだわかりやすいですが、2拍半+1拍半の組み合わせだとどれぐらいの比率になるのか、ぱっとはわかりません。一小節4拍の半分の2拍を基準に考えるとそれほど違いはありません、と師匠。

 でも例えば先ほどの例で5:3になるとして、弓をこの配分で動かすと明らかに戻しきることはできません。その分弓の速度が上がるわけですから、理屈では弓の速度はこの拍の長さに反比例します。つまり3:5。拍が短いところはゆっくり、長いところは早くなるわけで、これが「音符の数に惑わされずに!」と言うことでしょう。

 もっともそんなに数学的にきっちりコントロール出来るわけありませんけど。考えて見れば、あのヴァイオリンを弾くロボットのプログラミングってこうやってやっているのでしょうね。

 アルペジオであがったり下がったりのところ。移弦のタイミングをよく考えてやらないと音がかすれる。微妙に長さが違ってきたりして指が転げそうになります。移弦のところは、開放弦で練習するように。・・・

 最後の分散和音。ついつい走りがちになります。どうも16分音符とか三連符になるとちゃんと弾かないといけない、という意識からか早めになってしまいます。

 「音符の数に惑わされず、拍数を考えて弓を使うこと。あと移弦。きれいに弾けるように。この曲で音質をちゃんと出せるように勉強しましょう。」

 ということで当然次回に繰越です。これ、たぶん普段の基準で行くともうちょっとで合格ラインに達すのでしょうけど、きちんときれいに弾くのは結構むずかしそうです。

レッスンの記録
第72回 2010.07.24
・カイザー16番
・リーディング コンチェルト(1回目)
スポンサーサイト

タグ : リーディング コンチェルト ト長調 第1楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

リーディングのコンチェルト!!
懐かしいです~♪
そして多分もう忘れて弾けない曲のひとつです…
キレイに弾くという点では多分私の場合はキラキラ星すらダメです(汗

なんだか、効率の良い感じでレッスンが進んでますね~♪
ちょっと羨ましいです(^^

ありょう | URL | 2010.08.03 01:15

Re: タイトルなし

ありょうさん

こんばんは
> リーディングのコンチェルト!!
> 懐かしいです~♪

発表会で弾かれたのですよね。動画や録音、参考にさせていただいています。

> そして多分もう忘れて弾けない曲のひとつです…

いえ、きっと覚えていらっしゃると思いますよ。一度暗譜したものは、多分指が覚えていると思います。

> キレイに弾くという点では多分私の場合はキラキラ星すらダメです(汗

「キレイに弾く」というの、いろんな意味があるようです。最終的にはヴァイオリンらしい音を出すこと、も入っているようです。

> なんだか、効率の良い感じでレッスンが進んでますね~♪
> ちょっと羨ましいです(^^

いえいえ、曲のレベルからすれば随分戻っているので、その分ロスが多いのだと思います。
きちんとこれまでの曲が弾けていればこうはならなかったかも・・・

でもいい機会だと思って、せこせこやっております。

credenza | URL | 2010.08.03 23:46

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。