スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#75-2 リーディングのコンチェルトが残って・・・

2010.08.26 01:08  レッスン日記

○リーディング コンチェルト

 とうとう4回目です。先週は「一応来週でおしまい」、ということでしたが、毎回カイザーで疲労困憊しているので、どうなることやら。

 大体、出だしの音、シ・ナチュラル。さっきまでずっと♭で下げるようにやっていたので微妙に低い。

 音も褒められた先週に比べるとどうもかすれがちです。やっぱりカイザーの後遺症は大きいです。

 あちこち弾きなおしながらも、よたよたと続けます。余裕がないのか、鼻が詰まったような音になっています。

 聞き終わった師匠:「音、きれいになっているので今日でおわりにしますが、何箇所か気になるところがあります。まず、3連符の移弦、2の指が全体的に微妙に高い、16分音符で転がるところがある。自分の弾きたい速さで確実に弾ける様に。」・・・あの、全部わかっているのですけど、出来ないのは仕方ないですね。

 もう一度。ゆっくり弾きなおしますがやっぱり2の指が高い。逆にこれ意識しすぎると極端に音が悪くなります。これ、左手に力が入るから。

 テンポ。3弦にわたる16分音符の移弦。どの音が間違ったかあとで自分で言えないのはテンポが速すぎて音が聴けていない証拠、との指摘。まあ、そのとおりですけど、これ以上テンポ下げると音楽になりません。何事も限界というのがあります。なので、少しだけテンポを下げて弾きなおします。もちろん音、聞こえていません。

 最後の師匠のコメント:「この曲これで終わりましょう。2の指、意識したら随分きれいに弾けていました。これ、2と4の指って意識しないといつまで経ってもきれいに弾けません。無意識でもちゃんと弾けるようになるより、自分で意識して持っていくほうが早いと思います。私もいまでも意識的にやっています。」

 というわけで、なんとなく不完全燃焼のままですが終了となりました。

 まあ予定通り終わったから、良しとしましょう。

レッスンの記録 第75回
2010.08.14
・カイザー17番
・リーディング コンチェルト (あたバヨ 2巻 61)
スポンサーサイト

タグ : リーディング コンチェルト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

お疲れ様でした

こんばんは。

リーディング、お疲れ様でした。
簡単めの曲を、丁寧にきれいな音でというのを
実際やってみて、感想はどうですか?

やっぱり、そういう練習も必要ですか?

次は、何の曲になるのですか?

ありるま | URL | 2010.08.26 21:37 | 編集

『自分の弾きたい速さで確実に弾ける様に』

現実は、『自分の弾ける速さで確実に弾けるように』です^^;
この曲は、本当は恐ろしいくらいの速さなのですが、ウチの師匠は常に『自分の弾ける速さで』と言います
教本全巻終わらないと無理だそうです(笑)

単に速く弾く練習はキレイに弾く練習になりませんもんね
先生曰く、「楽譜の速度記号はメトロノームで確かめることができるけど、大抵の曲は作曲されたとき、メトロノームなんかなかったんだからあてにならないわよ」

反対にゆっくりな曲もむずかしくて、たっぷりと一弓の中で表情を作るのが至難の業w
こういう曲もまずは『自分の弾ける速さで』になるかもしれませんね

私は11月から3年生になりますが、未だに弓の持ち方の練習から、です
教えてもらった技術のひとつひとつが、明日とか来週とかにできるはずもなく、すべてが「できるまでに○年はかかる」気の遠くなることばかりです

ただいま基礎の基礎習得めざしてまっしぐら!
鼻から4年や5年でなんとかなるとは思ってもいませんが(笑)

早く好きな曲が弾けるようになりたいcrezendaさんと早くいろんな技術をマスターしてほしい先生と・・・ここへくると毎回ほほえましい攻防戦が見られて楽しいです^^

いねむりチワワ | URL | 2010.08.26 21:57

Re: お疲れ様でした

ありるまさん

> こんばんは。

こんばんは!

> リーディング、お疲れ様でした。
> 簡単めの曲を、丁寧にきれいな音でというのを
> 実際やってみて、感想はどうですか?

これはちょっと複雑なものがあります。
なぜなら、わざわざ簡単めの曲をやらずとも、だんだん余裕がでてきて多少は音も綺麗に弾けるようになるからです。
まあ、技術的に簡単な分だけ弓の配分だとか音程とかにも神経がいくので、確かにいつもよりかは綺麗に弾けたと思います。

> やっぱり、そういう練習も必要ですか?

ザイツだとかアーモール、ドッペルのように弾くだけで大変な曲がつづく場合には、たまにはいいかも知れません。

ありるまさんの場合、発表会で弾かれる曲がゆっくりの曲なので十分かもしれませんね。

> 次は、何の曲になるのですか?

あ、もう決まっています。またアップしますね。お楽しみに(笑)

credenza | URL | 2010.08.27 00:49

Re: タイトルなし

チワワさん

> 『自分の弾きたい速さで確実に弾ける様に』
>
> 現実は、『自分の弾ける速さで確実に弾けるように』です^^;

そのとおりです。大抵『弾きたい速さ』>『弾ける速さ』ですから。

> この曲は、本当は恐ろしいくらいの速さなのですが、ウチの師匠は常に『自分の弾ける速さで』と言います
> 教本全巻終わらないと無理だそうです(笑)

指定はAllegro Moderatoですね。大体四分音符=120~128くらいだと思います。弾いていた速さはその半分とまでは行きませんが、それに近いゆっくりした速さですね。

うちの師匠もいつも『ゆーーくり。』と言い続けています。とにかく自分で自分の出した音が合っているかどうか、一音づつ確認できる速さで、ということです。

> 単に速く弾く練習はキレイに弾く練習になりませんもんね

おっしゃるとおりです。だんだん速度を上げていくのはアリだと思いますが、あえてやらなくてもいいかもしれませんね。

アーモールの1楽章、大抵毎日弾いていますが、だんだん速度上げても弾けるようになって来ましたから。

> 先生曰く、「楽譜の速度記号はメトロノームで確かめることができるけど、大抵の曲は作曲されたとき、メトロノームなんかなかったんだからあてにならないわよ」

メトロノームの速さを楽譜に書き込みだしたのはベートーヴェンあたりが最初なので、それ以降の作曲家は速度記号が書き込めたはずです。でも、それが四分音符換算でどれぐらいになるのか、はかなり巾があるように思います。

> 反対にゆっくりな曲もむずかしくて、たっぷりと一弓の中で表情を作るのが至難の業w
> こういう曲もまずは『自分の弾ける速さで』になるかもしれませんね

そうですね。さらにテンポを落として練習することになりますが、そうすると弓が全然足りなくなりますのでその辺りのバランスで『自分の弾ける速さ』が決まってきそうです。

> 私は11月から3年生になりますが、未だに弓の持ち方の練習から、です
> 教えてもらった技術のひとつひとつが、明日とか来週とかにできるはずもなく、すべてが「できるまでに○年はかかる」気の遠くなることばかりです

でもすこーしづつかも知れませんが、きちんとした練習を続けていくと、すこしづつですが身についていくのだと思います。「できるまで○年」というのは、確かにそうかもしれませんが、では○年かければ確実にできるか、と言われるとそうでもないでしょうし、半分でも出来る人は出来るはずです。

ヴァイオリンに限ったことではありませんが、とくにこの楽器、あまりといえばあまりに教授法が確立しておらず、これは教えるほうの怠慢だと私は思います。

> ただいま基礎の基礎習得めざしてまっしぐら!
> 鼻から4年や5年でなんとかなるとは思ってもいませんが(笑)

うーん、確かにそうですけど、これ、『練習していたら、知らないうちに出来ていた』パターンですね。出来ない今と出来るようになったときで何が違うのでしょうか。

> 早く好きな曲が弾けるようになりたいcrezendaさんと早くいろんな技術をマスターしてほしい先生と・・・ここへくると毎回ほほえましい攻防戦が見られて楽しいです^^

ははは。いや、師匠が言っていることはたった一つなんです、『楽譜のとおりに弾くこと』。それ以上でも以下でもありません。『好きな曲を好きなように弾くこと』、確かにこれが目的です。でも曲のアナリーゼやそれに基づいた適切な解釈などは教えてもらわなくても自分でやればいいと思います。(むしろ、師匠よりくわしいと思います。あっ!)なので、ひたすら正しく、綺麗な音で弾くこと、が最大かつ唯一の眼目なのですが、これがなかなか・・・

credenza | URL | 2010.08.27 01:07

ふふふ・・・知らないうちにできていた、な~んてものは、弓がまっすぐに行って帰ってきているか?以外、まずないでしょう

あ、できたっ!

必ずその瞬間に気がつきます
私はまだ「技術」らしい技術をほんのわずかしか習っていないので、「気づく」チャンスと経験が少ないのですが(笑)
できる以前とできるようになったときは、音も、自分に伝わる感覚も、何もかもがちがいますよ^^

いねむりチワワ | URL | 2010.08.27 12:28

Re: タイトルなし

チワワさん

> ふふふ・・・知らないうちにできていた、な~んてものは、弓がまっすぐに行って帰ってきているか?以外、まずないでしょう
>
> あ、できたっ!
>
> 必ずその瞬間に気がつきます

ははは、そうではなくって、まさに気がついたら出来るようになっていた、です。例えばスタッカートがちょっとマシになったとか、あるパッセージがいつの間にかインテンポで弾けるようになっていたとか、・・・そういうちょっとした幸せのことです(笑)。いきなりビブラートがかかったり重音でトリルかけられたり出来るようになるわけではありません。

> 私はまだ「技術」らしい技術をほんのわずかしか習っていないので、「気づく」チャンスと経験が少ないのですが(笑)
> できる以前とできるようになったときは、音も、自分に伝わる感覚も、何もかもがちがいますよ^^

うーん、「技術」となるとね、まだ全然・・・

credenza | URL | 2010.08.28 01:07

おじゃまします~

こんばんは!
こちらでははじめまして!
早速、遊びに来させてもらいました。

さかのぼって、少しずつ読ませてもらってます、
いつも丁寧なレッスン記録ですね。

リーディングのコンチェルトのレッスン記録などいろいろ参考になりました。

指は私も意識してなkったら高くなったりするので、意識するようにしてます。
意識して弾くようにしたら、だいぶ違ってきたように思います。

次は、何の曲をされるのですか?

またおじゃまさせてもらいます!
リンク、ありがとうございます。
私の方もさせてもらいました。
これからもよろしくお願いします。


koyuki | URL | 2010.08.29 22:58 | 編集

Re: おじゃまします~

koyuki さん

こんばんは。いらっしゃいませ。
> こんばんは!
> こちらでははじめまして!
> 早速、遊びに来させてもらいました。
>
> さかのぼって、少しずつ読ませてもらってます、
> いつも丁寧なレッスン記録ですね。

ありがとうございます。最初のうちはコンパクトに纏めていたのですが、だんだん面倒になって
ダラダラと書き綴っています。

> リーディングのコンチェルトのレッスン記録などいろいろ参考になりました。

ちょうどkoyukiさんもリーディングが終わったところでしたね。参考になっていればうれしいです。

> 指は私も意識してなkったら高くなったりするので、意識するようにしてます。
> 意識して弾くようにしたら、だいぶ違ってきたように思います。

2の指とかちょっと気を抜くとずれてしまいますね。これ、意識をし続けるのはかなり大変かも。

> 次は、何の曲をされるのですか?

あ、これは近々書きますね。しばらくは鈴木4巻から離れています。何時になったらドッペルやらせてもらえるのでしょう・・・


> またおじゃまさせてもらいます!
> リンク、ありがとうございます。
> 私の方もさせてもらいました。
> これからもよろしくお願いします。

リンクありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いします!

credenza | URL | 2010.08.29 23:18

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。