スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#78 不愉快なレッスン日記・・・

2010.10.06 00:30  レッスン日記

レッスン日記 第78回
2010.09.11

 調弦:うまくいきません。弾くたびに弦を押さえる強さが違うので合っていても外れているように聞こえてしまう。2弦を均一に弾くこと。

○カイザー18番

 一段目から何回か出てくる一弦飛ばしの移弦。以前よりは改善しているはずですが、まだかすかに隣の弦が鳴っているようです。で、E線とD線、A線とG線の開放弦を何回か弾きなおします。

 で、もう一度。でもそんなに簡単には出来ません。原因の一部はゆるい駒のカーブにあります。以前一度師匠に相談しましたが、「問題ないし、せっかくこの駒に慣れたのに・・・。」ということで、苦労して練習した結果ほとんど鳴らなくなっていますが、それでもだめ。

 「さっきより雑音は減りましたが、これだとこの曲で出来てほしいことが出来ていないのでだめです。音程は多分よくなっているのでしょうけど、大きな課題が出来ていないのでだめです。出来たり出来なかったりするのは、技術的に出来ないわけではなくって、あとは気持ちの問題。」ということでレッスン終了。

 せっかく練習してきてもレッスンになっていません。まあ、出来ない方が悪いといえばそのとおりですが、他の部分も弾かせないというのは、ちょっとね。師匠、どうやらイライラして虫の居所が悪いようで・・・。いずれにしてもやる気がうせますね、この調子だと。

○へ調のメロディ

 せっかく練習してきたカイザー、わずか数小節しか弾かなかったので思い切り不愉快です。もちろん音にそれがあからさまに出ています。師匠も明らかに気がついていますが、そこはお互い意地をはって平気な顔をしてレッスン継続です。

 サードポジション。左手の位置が低く、G線に置く指に余裕がない。もう少しひじを入れて指を上から落とす感じで弾くこと。確かにちょっと低くなっています。少し右ひじを入れて弾きなおします。

 指使いの変更。師匠が書き込んだ指使い。一部のみ変更されていてその他の部分は元のままだったのですが、これを揃える。あの、先週もやっていたのですから、そのときに直してもらわないと困ります。注意力散漫ですね、師匠。結局合計3週間、わざわざ違う指使いでやっていたことになるのですけど・・・。

 2ポジ。3ポジから降りた先がファ#なのであまり降りすぎないように注意。

 ポジション移動の際にアクセントがついてしまう。これ、音をちゃんと当てようと手に力が入っているのでもっとスムーズに弾くように。左手でネックを握り締めず、摩擦がないように動かすこと。

 ポジション移動で上がっていくいつものところ。音程がわるい。もう少ししっかり音程とるように。2ポジから4ポジまであがる途中に一音だけ3ポジでド。
 0melodyin F 1

 師匠が「ポジション上がるかどうかだけでも決めましょう。」って、指使い書いたの師匠です。いまさら4ポジにあがるのやめて3ポジのまま指を伸ばして取る、というやり方に変えるのは混乱するだけです。それだったら最初からもっと楽な指使いあります。あの、師匠今日はちょっと変です。これまでやってきたこと全部忘れてしまっているのでしょうか。
 
 E線4ポジでとるミ♭、レ♭そしてドの位置関係。かなり不安定な形で3ポジから4ポジに上がって半音、下がって全音というのは苦しいです。

 師匠がピアノ叩きますが、微妙に高い。これ、ピアノやっと調律したのでしょう。先週とはピッチが明らかに違います。結局どっちが悪いんだ?

 トリル。最初だけトリルつけていてあとは指示通りそのまま弾いていたら「トリルつけられるのだったら全部つけたらいいのに」。でもですね、「トリルつけるのはもっと後」といっていたのは師匠ですよ。
0melodyinF 2

 ついでに最後の音、トリルの幅を変更です。その直前に同じ音が半音のトリルですが、小節が変わるので直前でソに付いた♭が無効になるので、最後の小節は本当はファ-ソ・ナチュラルの全音になります。それを半音のまま。これはおかしいです。まあ、こっちのほうが楽なのでどうでもいいけど。

 あと、トリルの上の音で終わっているのはおかしいので元の音でちゃんと終わるように数を考えること。

 カデンツ。一音づつばらばらに弾きます。さすがに音程はよくなっています、というか先週とほとんど変わらないのですが、よくなっているとのこと。シ♭はもう少し下げる。

 重音。音程は改善しているとのこと。そりゃそうでしょうけど、これで大丈夫なのでしょうか。ちょっと不安。

 最後の音。あまり音強く弾いて音をつぶさないように。

 師匠「最初の部分、音がきれいです。その他の部分も音程もよくなってきているので、余裕が出てくれば全体的に音ももっとよくなると期待しています。」

 期待するのは勝手ですけど、ちょっと今日は何というか我関せず、みたいな感じですね師匠。まあ、理解できますけど、なんとなくこちらはやる気が失せます。

 大人気ないけどほとんどお互いに口を利かなかったレッスンもこれで終了。

レッスンの記録 第78回
2010.09.10
・カイザー18番(最初の10小節くらい)
・へ調のメロディ (2回目)
スポンサーサイト

タグ : カイザー 18番 ルビンシュティン へ調のメロディ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(10) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

あらら・・・信頼感?なくなっちゃいました?
そうですねぇ、だいたい本番の1ヶ月前で、指使いや弓使いの変更はおしまいになりますが、例外ってのもありますし(困るけどw)
私も、今回のコンサートは曲が決まったのが本番からもう1ヶ月切ってたのでしかたないですが、3日前まで変更ありましたよ
時間がないからしかたないけど・・・

いねむりチワワ | URL | 2010.10.06 00:41

Re: タイトルなし

チワワさん

> あらら・・・信頼感?なくなっちゃいました?

うーん、信頼感、というか、ちゃんと見てもらっていない、どうでもいいと思われている感じがします。教える気が無くなったのなら、それはそれでもいいんですけど、別の先生探すだけですし。無理してまで師匠に義理立てして続けられるほど余命は長くありませんから。

> そうですねぇ、だいたい本番の1ヶ月前で、指使いや弓使いの変更はおしまいになりますが、例外ってのもありますし(困るけどw)

いや、変更するのはいいのです。
でも、どう考えても同じパターンのところを同じ指使いにする、というように、最初のレッスンで気がついたはずなのに何週間も見過ごしているのはちょっと如何なものか、と思います。こちらはわざわざ別の指使いをやっていたわけなので、結局その分練習がムダになります。

> 私も、今回のコンサートは曲が決まったのが本番からもう1ヶ月切ってたのでしかたないですが、3日前まで変更ありましたよ
> 時間がないからしかたないけど・・・

チワワさん、今回は大変でしたね。でも立派に弾いていらっしゃったじゃないですか(笑)

credenza | URL | 2010.10.06 01:30

こんにちは。
以前も思いましたが、
「出来たり出来なかったりするのは、技術的に出来ないのではなくって、
あとは気持ちの問題」というのは個人的には思いっきり違和感あります。(--)
単に「残念ながら技術がまだ安定していない」ということではないでしょうか?
練習とキャリアを積むことで出来る確率が少しずつ上がっていくもんだと思いますが。。
「技術が足らない」といわれたら、納得できますが「気持ちの問題」
といわれると、ちょっと悲しい。。いや、かなり悲しい。。

師弟関係とはいえ、大人の他人同士ですから、
それぞれが違う方向を向き始めると、ちょっと難しいですね。。。

りょう | URL | 2010.10.06 12:53 | 編集

Re: タイトルなし

りょうさん

こんばんは。

> 以前も思いましたが、
> 「出来たり出来なかったりするのは、技術的に出来ないのではなくって、
> あとは気持ちの問題」というのは個人的には思いっきり違和感あります。(--)
> 単に「残念ながら技術がまだ安定していない」ということではないでしょうか?

安定していない、というよりもまだ定着していない、と言ったところでしょうか。
「気持ちの問題」というのは、「やれば出来る!」といったある意味励ましだろうと前向きに捉えてはいます。

> 練習とキャリアを積むことで出来る確率が少しずつ上がっていくもんだと思いますが。。
> 「技術が足らない」といわれたら、納得できますが「気持ちの問題」
> といわれると、ちょっと悲しい。。いや、かなり悲しい。。

うーん、これはどれくらいの頻度で出来るか、によるのだと思います。練習をつむにつれだんだん100%に近づくのかも知れませんが、たまに後退しますし。それにそもそも今の段階で云々する技術って程が知れていますから、「なんとか頑張ればできる!」と考えるようにしています。

とはいえ、なんでもかんでも「気持ちの問題」と片付けられることには、りょうさんおっしゃるように違和感を感じないではありません。

> 師弟関係とはいえ、大人の他人同士ですから、
> それぞれが違う方向を向き始めると、ちょっと難しいですね。。。

そうなんですね。いろんな意味でだんだんすれ違うようになってきているのかもしれません。レッスン受けていて楽しくない、充実感がない、何のためにやっているのかわからない、となってくると本当に難しいです。

credenza | URL | 2010.10.07 00:18

こんばんは。

あらら・・・・
レッスンって信頼関係って大事だと思うんです。
ちょっと信頼関係が崩れかかってしまってるのでしょうか・・

このままだと楽しくないですよね。。
不穏な空気が漂うレッスンでは、できるものも出来なくなっちゃうような気がします(>_<)

koyuki | URL | 2010.10.08 21:26 | 編集

Re: タイトルなし

koyukiさん

こんばんは。

> あらら・・・・
> レッスンって信頼関係って大事だと思うんです。
> ちょっと信頼関係が崩れかかってしまってるのでしょうか・・

一寸いろいろあって、微妙なところです。
もちろん信頼はしていますが、時々感じることがあります。

> このままだと楽しくないですよね。。
> 不穏な空気が漂うレッスンでは、できるものも出来なくなっちゃうような気がします(>_<)

確かに。でも関係良好なときでも結構黙々と弾いていたりするのであんまり気にしないことにします。
師匠は気にしているのだろうか、その辺がちょっと気にはなりますが。

credenza | URL | 2010.10.09 00:43

「無理してまで師匠に義理立てして続けられるほど余命は長くありませんから。 」

この気持ち、よくわかります。
最近、ひらめいた名(迷)言
「中年のおじさんに楽しくないことを趣味にしている時間はない」

続けられるにせよ変えられるにせよ、credenzaさんの納得がいくような選択をしてくださいね。

SLAN | URL | 2010.10.12 01:03 | 編集

Re: タイトルなし

SLANさん

こんばんは。

> 「無理してまで師匠に義理立てして続けられるほど余命は長くありませんから。 」
>
> この気持ち、よくわかります。

この通りですね。でもまあ、そこは不惑を越えたストレイ・シープなおじさんなので、ざっくりとはなかなか行かないかもしれません。

> 最近、ひらめいた名(迷)言
> 「中年のおじさんに楽しくないことを趣味にしている時間はない」

ははは。でも趣味ってムダだから楽しいんですよ。カネ儲けにつながるようなことになるとそれだけで×です。

> 続けられるにせよ変えられるにせよ、credenzaさんの納得がいくような選択をしてくださいね。

ありがとうございます。SLANさんは新しい先生につかれて順調のようですね。またお話聞かせてください。

credenza | URL | 2010.10.12 01:23

あれ?

>> 「中年のおじさんに楽しくないことを趣味にしている時間はない」
>
> ははは。でも趣味ってムダだから楽しいんですよ。カネ儲けにつながるようなことになるとそれだけで×です。

ムダかどうかとか儲けとかはなんて関係ないです~。
何のためにやっているのかわからないことが、バイオリンを楽しみにつながると自分で思うならそれでいいと思うし。

でも、本当にレッスンがいやになってしまったら、バイオリン自体がいやにならないうちに、楽しさを感じられるほうに舵を切ったほうが・・・と思いました。

でも、最新のレッスンレポート読ませていただくと、それほどの心配はいらなさそうですね(^^)

SLAN | URL | 2010.10.17 07:07 | 編集

Re: タイトルなし

SLANさん

> あれ?
>
> >> 「中年のおじさんに楽しくないことを趣味にしている時間はない」
> >
> > ははは。でも趣味ってムダだから楽しいんですよ。カネ儲けにつながるようなことになるとそれだけで×です。
>
> ムダかどうかとか儲けとかはなんて関係ないです~。
> 何のためにやっているのかわからないことが、バイオリンを楽しみにつながると自分で思うならそれでいいと思うし。

うーん、そもそも出来ないことを出来るようになるために練習しているわけで、練習することがそもそも目的ではないと思います。たとえば、セヴシックなんてやっていてちっとも面白いとは感じませんが、仕方なくやっていることになりますね。

なので、基本的にレッスンって楽しむものではないはずなんですよね。まあ、それでも行っているということは自分なりにその中でも何らかの意味を見出しているわけですから、それが見えなくなる、あるいは効果が疑問、となってくると継続は難しいと思います。


> でも、本当にレッスンがいやになってしまったら、バイオリン自体がいやにならないうちに、楽しさを感じられるほうに舵を切ったほうが・・・と思いました。

目標の水準がどこにあるにせよ、ヴァイオリンが弾けるようになりたい、との目的を達成するための手段ですから、楽しくなくても割り切って通うことはできると思います。ただし、投資するリソースに見合ったリターンが得られていない、となるとおっしゃるように舵を切ったほうがいいと思います。


> でも、最新のレッスンレポート読ませていただくと、それほどの心配はいらなさそうですね(^^)

はい。レッスンの内容自体は、山あり谷あり派別として、問題ないのですが、やはり割り切れていないところは残っています。

credenza | URL | 2010.10.17 11:34

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。