スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#83 やっぱり へ調のメロディ

2010.11.16 23:48  レッスン日記

 ついつい書き溜めてしまったレッスン日記、一気にアップします。本来の日付は一月ほど前ですけど・・・

 こうやって連続して読み直してみると、よくもまあ、同じことばかり注意されているものだ、と感心するやら、あきれるやらですが・・・


レッスン日記 第83回目

 前回カイザーの19番が無事終わり、発表会までしばらくの間カイザーはお休みすることになりました。なにしろ次は20番・・・バンバン重音が出てきてとても一筋縄ではいきそうにありません。なのでこれからしばらくの間、レッスンはへ調のメロディ一本です。

 その前に、発表会のプログラムが出来ていました。うーん、今年も大勢出演されますね。ちらっと曲目をみると、昨年から目覚しい上達を遂げられたと思われる方々がちらほら・・・うーん、あっという間に追い越されていますね。まあ、これは人それぞれ事情も違いますからなんともいえませんけど。

○へ調のメロディ
 数えてみると、今回で6回目です。さすがに注意事項はほとんど同じ。短い曲なのに結構大変で、ほとんど上達していないことになります。
0Melody in F B1

 この曲、どーしど、どーしど、ふぁーみふぁ どー で始まる4小節の主メロディが繰り返されるのですが、最初は しーらそ らーそ ふぁーみれ みーれ の合計8小節。次の7小節は最初の4小節+フレーズの切れ目の3小節の組み合わせでひとつのまとまりになります。つまり合計15小節でひとつのフレーズです。冒頭これが2回繰り返されるのですが、へ調なのにシの音がナチュラルで戻ったりして結構音程が微妙にずれてしまいます。またポジション移動も低いほうの2弦を上のポジションで弾くのでなおさらきちんととるのが難しいです。あまつさえ、ピークのD線3ポジのレはフラジオレットです。これでピタリと音程が合えば言うこと無いのですが、ゆっくりな曲だけに余計に音程がシビア。
0Melody in F BBB

 次の2段は主題展開部。みーしら そーれみ ふぁそらし どーど↓ とここも4小節のメロディですが、最後のどーど↓は一オクターブの跳躍です。これが繰り返されるのですが、次は全体が一オクターブ上で、途中から3ポジにあがっています。また、その次のメロディにつなぐため、スタッカートの中で弓順が異なってきます。ああややこしい。

 そしていつも引っかかるポジション移動が続く箇所につながります。どーど↓と降りる先は2ポジ。次に3ポジにあがって4ポジからまた1ポジに戻ってくるわけですが、ここで困るのは、音を張るべき最高音がミ♭なのはいいとしても4ポジで非常に苦しい体勢になっていますので、とてもそこまで気が回らず、何とかギリギリ音程を当てるだけで精一杯、となっているので毎回注意されているわけです。
0melodyin F 1

 E線の3ポジから4ポジの移動。音程がずれないように3の指で4の指を押し出すような形で移動していたのですが、4の指はとれても今度は戻ってくるレ♭が高くなりがちです。なので、あまり指をバタバタせずそのままポジ移動し、あとは指を離すだけ、という弾き方にすべきなのはわかっているのですが、これが難しく、なんども弾きます。ポジション移動するとどうしても手の型が崩れてしまいやすいので、型を作ったまま平行移動がなかなか出来ません。

 ここの部分、メロディ自体はどーみ♭れ♭ど がオクターブで降りてくるのですが、これ、3と4の指をしっかり離すのが難儀するところです。音程最悪。

 6小節の休符。ここはピアノがオクターブで下りてくるところですね。でまた どーしど・・・なんですが今度はオクターブ上がってA線です。3ポジと2ポジが入り乱れていますが、どのポジションだったか考え出すとわからなくなるので、もうひたすら覚えるしかありません。そういえばこの間の代講のQ先生にも「2ポジの音程が・・・」と注意を受けたのでした。このあたり、難しくはないのですが音程が引き続き厳しいです。
0Melody in F BBBB

 ひきつづいて、今度は みーしらそ・・・なんですが、ここも1オクターブ上です。さすがにさらにオクターブ上げることはないのですが、弓順が変わっていることに変化はなく、やっぱり4ポジで苦労します。
0melodyinF 2

 で、毎度のトリル。最初の音がE線3ポジのドですが、これを2の指でとるので音程が定まりません。後は半音、全音でE線上を下ってくるのですが、力がはいって指が回りきっていません。ようやくシで3拍伸ばすところは感じがつかめてきましたが。
0melodyin F cadenza

 カデンツ。音程はずいぶんよくなっているとほめられますが、ゆっくり弾いていると弓が足りなくなりそうになるので「正確な音程を維持したまま、テンポを上げましょう」ということになりました。出来れば苦労していません・・・最後の れれ♭ど 、3本の指をくっつけて音程とること。うーん、G線の3ポジなのでこれもぱっと指が動かせていません。テンポはまあ、リタルダンドかけていてもOKのようです。短いとはいえ一応カデンツァですからね。

 主題再現部。同じ注意です。後半からのクレッシェンド。ゆっくり弓の量を多くして音量をあげていくこと。
0melodyin F octave

 重音。ここ、フォルテシモなんですね。オクターブがずれているのを証明すべく力いっぱい弾くのですが・・・「指がきちんと置けてから弓動かしましょう。少し間があいてもいいですから。いまは音程を指で探しているので」と注意されます。
0Melody in F Finale

 アルペジオの音程。多少改善していますが、まだ何箇所か上ずっている。等々。

 「ゆっくりの曲って音程をシビアにとらないと台無しになってしまうので、気をつけて弾いてください。ずいぶん良くはなっていますが、まだまだ・・・」ということでレッスン終了です。

レッスンの記録 第83回
2010.10.16 
・へ調のメロディ(6回目)
スポンサーサイト

タグ : ルビンシュティン へ調のメロディ 発表会2010

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

発表会

そろそろ大詰めですね
わたしもそろそろ決めないと・・・
弾きたい曲と弾ける曲
自分が弾きたい曲と先生が弾いて欲しい曲
どこらへんで妥協(?)したらいいものか
自分が弾ける曲、ではお許しでなさそうだし
なんだか数ヶ月前のcredenzaさんみたい・・・

いねむりチワワ | URL | 2010.11.17 21:43

Re: 発表会

チワワさん

> そろそろ大詰めですね
> わたしもそろそろ決めないと・・・

チワワさんもそろそろ本格的に準備開始ですね!

> 弾きたい曲と弾ける曲
> 自分が弾きたい曲と先生が弾いて欲しい曲
> どこらへんで妥協(?)したらいいものか

そうなんです、このバランスが結構難しい(笑)

> 自分が弾ける曲、ではお許しでなさそうだし
> なんだか数ヶ月前のcredenzaさんみたい・・・

わはは。今度はチワワさんの番ですね。
どういう選曲になるのでしょうか、その過程もブログに書いていただけると参考になりまする・・・

credenza | URL | 2010.11.18 01:32

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。