スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#86 やっぱり へ調のメロディ(最終回)

2010.11.20 23:44  レッスン日記

レッスン日記 第86回

 あれよあれよと言う間に、とうとう本番前最後のレッスンです。

 早速弾きますが、師匠のコメントは「音質を一定にするように。」弓先、弓元で音質がかわる、と言うか、まず音がかすれないように。ついでにアップとダウンで音が変らないように!

 音程。いつもの通り。流石に多少は改善しているけど、注意深く弾くように。

 チェンジポジション。形が崩れている。ちゃんと親指から動かすように。今の段階では替えなくていいけど、発表会終わったらもう一度やりましょう。をを。最近音がバラバラになりがちなため、ポジション移動の巾をなるべく節約しているので、特に4の指でドをとりにいく時に上がりきっていない、というか、4の指で音を探っている。きちんと1の指を動かして移動するように。

 あの、去年も同じようなこと言われていますね、たしか。チェンジポジションのところは完全に弦から指が浮いていて、途中に別の音が入ってしまっています。この曲、オクターブでの移動が多いので、まずなんとしても音程を当てることを優先しているので、こうなってしまうのですね。気がついていないわけではないですけど・・・リソースの有効配分を考えると、これは仕方ないんですけど。

 「まず自分が嫌な音をきちんと嫌がることから。そうしないと音綺麗になりません。」師匠、なんだか今日は説教調ですね。

 E線での5ポジ。ここ3と4の指が広がったままポジション上がったり降りたりするので、「最初から指の形をつくって移動するように。指は離すだけ!」と注意されますが、指を開いたまま移動するのってここに限らずうまく行きません。力が入っているせいですけど、じゃあ力が抜ければ綺麗に出来るかと言うと、今度は弦に指が引っかかって間隔が縮まってしまいます。うーん。何度やっても綺麗にいきませんね、この辺り。というか、この曲いったい何時からやってんだっけ?
0melodyin F 1

 トリル。ピアノあわせでうまく行かなかったトリルの長さは、まあ、ゆっくりやっていると何とかなるのでそれほど問題ではありません。で、ここでの問題は・・・しばらく長さだけに気が行っていたので音程。全音と半音が入り混じっているのですが、なんだか全部同じ巾でトリルをかけているような感じ。聴いていた師匠が思わず吹き出しています。

 何度かやりますが、あれ?、うまく行かない。あとでゆっくり見直したら、実は指が違っていました。道理で全音のところが半音になるわけです。本来ポジを移って2で押さえるところを無理やり1でとってるわけですから、トリルの下の音が下がりきっておらず、本来全音あるべき間隔が半音になってしまっていました。

 つまり半音の後の全音が狭くなっている。トリルの上の音は変らないで下の音が下がりきっていない、と言うことです。

 カデンツ。ようやくシ♭は音程が取れていると褒められます。最後のれれ♭ど、のところあまりあっさり弾かないように。ここ、リタルダンドにして次の再現部でアテンポになるように。

 音がかすれているのは・・・力んでしまって弓が駒の近くを弾きすぎていること。音がかすれている原因をちゃんと理解して対策を考えること!って言われますけど・・・

 主題再現部。早くならない。出だしと同じテンポで。うーん、ちと早くなってもいいと思うんですけど、ダメみたい。これ、昔のレコードを聴いていると大抵後半の方がテンポが上がりがちなのは、録音時間の限界があるので名手でもついついテンポを上げるからでしょう。で、それを普段聴いているわけなので・・・まあ、本番どうなるでしょうか。

 最後。ふぁーファの装飾音。重音からポジション移動しながらとるファの音が汚い。これは、ポジション移動が綺麗にできていない、重音から単音になる際の移弦がうまく行っていないのでD線がなる、弓が弦にぶつかっている、の三重苦です。最初の音だけ弾いて何度かやります。一瞬遅れてもいいから、ちゃんと弓をA線に綺麗に載せてから装飾音を弾くこと!何度かやっているうちにようやく綺麗な音がでて、珍しく師匠が騒ぎます(笑)

 それよりその前の重音の音程が心配なんですけど・・・これはもう運を天に任せて弾くしかないみたいです。

 最後のところ。16分音符で刻んでいったあと最後は3連符なのでそれらしく弾くこと。単純に8分音符みたいになっている!ここは最後の5ポジFに向けてリタルダンドがかかるのですが、それにしても一拍をきちんと3連符で刻むこと。ぴったり倍の8分音符にしてしまうとおかしい。

 最後の師匠のコメント「注意事項は全部楽譜に書いてあるので総復習をやって置いてください。音、随分綺麗になっていますので本番は自信をもって弾いてください。」

 と言うことでこの曲のレッスンはお仕舞い。

 本番までもう残すところ日がありません。

レッスンの記録 第86回
2010.11.06

・へ調のメロディ(レッスン終了)

スポンサーサイト

タグ : ルビンシュティン へ調のメロディ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

師匠が騒ぐ

ずっと騒いでもらいたいですね(爆)
てか、そうありたいですね
本番、いつでしたっけ?来週?
車で2~3時間なら絶対応援に(謎)行きます
行きたいなぁ・・・きっとあたしもドキドキしちゃうんだろうけど(^^ゞ

いねむりチワワ | URL | 2010.11.21 06:10

Re: 師匠が騒ぐ

チワワさん

> ずっと騒いでもらいたいですね(爆)
> てか、そうありたいですね

本当にそう思います。要は、師匠が騒いでいるうちはきれいな音が出ていないことなので。

> 本番、いつでしたっけ?来週?
> 車で2~3時間なら絶対応援に(謎)行きます
> 行きたいなぁ・・・きっとあたしもドキドキしちゃうんだろうけど(^^ゞ

うーん、ちょっと遠いですね。

でももうすぐ本番の音をアップできると思いますので、乞うご期待!

credenza | URL | 2010.11.22 05:36

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。