スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

今年の発表会を終えて

2010.12.06 00:47  発表会


 発表会が終わってから出張で出かけたりとバタバタしているうちにもう12月。発表会からはもう随分経ってしまった様な感じがするのですが、一応記録のために感想などを。

(1)選曲について

 すでに記事にしていますが、去年と異なり、今年の発表会ではアンサンブル(2曲)に参加することにしました。(というか、ほとんど自動的に参加することになっていました(笑)

 通常のレッスン以外に合計3回、当日のリハを入れると4回のアンサンブル用のレッスンがあり、通常のレッスンでも、また、自宅での練習でもこちらに多少練習時間を割くことになりました。(というか、有志で集まって自主練までやってましたからね。楽しかったですけど(笑))

 というわけで、ソロの曲を決める際にはあまり負担にならないこと、特に暗譜ができないと最後はかなりパニックになりかねないので、なるべく簡単な曲にしようと思いました。
 
 それで、最初に選んだのは前にも書きましたが、ヘンデルのソナタ3番の第4楽章です。これ、メロディがワンパターンなのと技術的にそれほど難しくはなさそうなのでよかったのですが、師匠から「やるのなら3楽章も併せて!」と指摘されてしまい、当初のもくろみが崩れました。

 他にも候補を挙げてあれこれ考えていたのですが、ちょっとこの頃はいろいろあってあまりレッスンに気乗りもせず、結局、おすすめの曲のうち、「ヘ調のメロディ」にしたわけですが、やってみるとこれが意外と大変でした。

 これまでの記事で書いたとおり、この曲は同じメロディが一オクターブ上がったり、少し変形したりして続くきれいな曲ですが、その分音程がきれいにとれないととても目立ちます。

 また、本番でうまく行かなかったとおり、オクターブの重音はあるは、不安定なポジション移動はあるは、連続トリルがあったりと結構面倒です。

 でもそんなことに気がつくのは、しばらく練習を始めてからで、後の祭りでした(笑)

(2)発表会に至る過程

 鈴木の教本を順番にやっていた去年とは異なり、4巻最後のバッハ、ドッペルコンチェルトの手前でしばらく教本はお休みになり、しばらく他の曲を弾くことになりました。

 リーディングのコンチェルトをなぜかゆっくり一月近くかけてやり、そのまま発表会用の曲の練習に入った訳です。なので、へ調のメロディは例の「綺麗な音で弾く練習」の一環としての位置づけです。

 したがって、夏以降はなんだか進歩が止まってしまった様な感じがしました。これも何となくやる気がそがれた一因かもしれません。

 その一方で、曲が簡単なだけに多少余裕が出てきて、当初の目標通り多少は音もきれいになってきたような気がしています。そうそう、本番の後の師匠のコメントが振るっていましたね(笑)

 その意味でヘ調のメロディをやったことは決して無駄では無かったのではないか、と感じています。というか、そう思いたいところです・・・。

 一方で、もし発表会に出ずにそのまま通常のレッスンを続けていたら・・・と考えるとやはり、ヘ調のメロディに費やした時間、つまり夏以降の2ヶ月半ほどは少々もったいない気もします。これ、あちらを取ればこちらが立たずということで、どうしようも無いのかもしれませんが。

(もうちょっとつづく・・・かも知れません。)
スポンサーサイト

タグ : へ調のメロディ 発表会2010

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

発表会とはいえ本番を踏んだ経験というのは

レッスンだけよりも遥かに成長させてくれるものと思います。

実際、credenzaさんのまとめの様に冷静にご自身を分析されているのも

苦難を乗り越えた達成感のようなもを感じます。

もし得るものが何もなかったら大人から始めた習い事での発表会なんて

ただの拷問です~^^;

とはいえ、私もアンサンブルの中の1人なのに

本番がなかったらどんなに気楽かしら!?と毎回思ってしまいます^^

リリカフェリーチェ | URL | 2010.12.07 21:22

Re: タイトルなし

リリカフェリーチェさん

> 発表会とはいえ本番を踏んだ経験というのは
> レッスンだけよりも遥かに成長させてくれるものと思います。

まあ、確かにその側面はありますね。でも一年の1/4近くを投入すべきか、となると一寸効率が悪いかもしれませんね。

> 実際、credenzaさんのまとめの様に冷静にご自身を分析されているのも
> 苦難を乗り越えた達成感のようなもを感じます。

確かに達成感はありますね。それとあれこれ反省すべき点・・・

> もし得るものが何もなかったら大人から始めた習い事での発表会なんて
> ただの拷問です~^^;

ははは。でも出ない自由はあるわけですからね。もっと弾きたい曲が弾けるようになるといいのですけどね。

> とはいえ、私もアンサンブルの中の1人なのに
> 本番がなかったらどんなに気楽かしら!?と毎回思ってしまいます^^

よくわかりますよ~。記事にはしていませんが、アンサンブルも結構大変でしたから。

credenza | URL | 2010.12.09 00:26

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。