スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#88-2 バッハのガヴォット

2010.12.30 23:14  レッスン日記

○バッハ ガヴォット

 発表会用のヘ調のメロディをずっと弾いていたので、教本はしばらくお休みでした。

 で、どうするのかな、と思っていたら「せっかく音もよくなってきているので、もうしばらく弾きやすい曲を弾いてからドッペルに戻りましょう」ということで、先に5巻に突入です。

 一応しばらく時間があったので、宿題は1番のバッハのガヴォットと5曲目のディッタースドルフのドイツ舞曲です。ま、いずれも音を出すだけなら簡単そうなのですが。

 で、まずはバッハのガヴォット。この曲ももともと無伴奏チェロ組曲の中の一曲ですね。6番の最後。チェロで弾くと最初の重音など深い響きがきれいです。
BachGavotte1.jpg

 アップの重音は初めてですが、なんとか弓で弦を掬うようにして弾きます。注意はスタッカート。2音目の切れが悪い。ちゃんと弓を止めること。

 あとはあまり注意はありません。移弦が難しいパッセージ。慌てず弓をばたばたさせないこと。
BachGavotte2.jpg

 後半のガヴォットII。E線、A線の移弦がつづくところで、なんとなく音が汚くなるのは、移弦が完全に終わっていないのに一瞬早く弓を動かしているから。少しゆっくり目に丁寧に弾くこと。
BachGavotte3.jpg

 出だしの装飾音+アップの重音+スタッカートのところ。八分音符をなぜだか四分音符で読んでいて師匠にしかられます。こういうのっていったん思い込んでしまうと簡単な修正なのになかなかできなかったりするので往生します。やっと直ったと思ったら今度はスラーが曖昧になっていたり。
BachGavotte4.jpg

 あとは「バッハなのでバッハらしく」というか「こういう簡単な曲は音色に注意を払って弾かないと本当にやることなくなっちゃうので、いつも以上に丁寧に!」というコメントでした。

レッスンの記録
第88回 2010.12.05
・カイザー20番(継続)
・鈴木5巻 バッハ ガヴォット(1回目)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第5巻 バッハ ガヴォット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。