スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#96-1 なんだか判らないカイザー

2011.03.28 00:47  レッスン日記

レッスン日記 第96回
2011.02.12

 毎週のレッスンは土曜日なのですが、木曜日になって師匠からメール。

 次のレッスンは都合により、代講になります、とのこと。前に一度代講にいらっしゃった先生とはまた別の方のようです。

 うーん、今日からドッペル始まるところなのですけど・・・

 ご挨拶してケースからヴァイオリンを取り出すと「調弦やりましょうか」と訊かれるのですが、いつもやらされているので・・・というわけでちょっと緊張しながらレッスン開始です。

○カイザー23番

 この曲、3拍+1拍がスラーでつながっています。本当はスタッカートが付いているのですが、スラーでつなげてたーら、らーり、らーら、りーら、という感じで弾きます。あとよせばいいのにフラットが4つもついています。えっとそれって何調?(笑)
kayser23.jpg

 最初の指摘は、2音目にちょっとアクセントが付いている。手だけで弾いているので、腕をつかってゆったり弾くこと。弓を吸いつけて、2音目もはっきり、でも変なアクセントが付かないように・・・と哲学的な指摘です。

 もう一度始めます。と、「わかった!一音目弓、使いすぎ!」と先生。ゆったり弾くとどうしても弓をたっぷりつかってしまうんですね。

 出来れば強弱もつけて・・・との指摘。同じようなリズムでも楽譜に強弱が付いているのは、弾き方が違うから。弓を少し多めに、押し付けて弾くように。逆にピアノは弓から少し力を抜くこと。

 シフトが入るところから、音程がうわずってしまいます。♭はあまり出てこないので、難しい。指を意識的にくっつけること。

 途中から先生が弾き始めます。音の響きがぐっと厚くなります。

 ページが変わって、スラーが切れるところ。譜面にはその直前にsimileが書いてあるのですが、その後にもスラーがところどころ付いているので、譜面どおりスラーを切って弓を返して弾いていると・・・「あ、スラーそのままでいいですよ!」という指摘。「simileというのは同じパターンで、ということなのですけど・・・」と先生。

 その通りですが、だったらもっと前に書いておけば、スラーとスタッカートを全部につける必要は無かったはずですね、と指摘すると、「まあ、ゼンオンの楽譜ですし・・・」と言うコメントでとりあえずカイザーはここまで。

 「曲やってましたよね?曲行きましょう、曲!」

 どうも先生ご自身がゆーくりのカイザーに付き合って弾いていて退屈された様です(笑)

 あの、私はもっと・・・(笑)

(つづく)
スポンサーサイト

タグ : カイザー 23番

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。