スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#98 そろそろカイザーが

2011.04.17 23:50  レッスン日記

レッスン日記 第98回
2011.02.26

 春一番が吹いた次の日、一気に冬に戻っています。
花粉も一気に飛び始めたようで、風邪気味なのに加えて目と鼻が・・・いやな季節になりました。

○カイザー23番

 ゆるゆると弾き始めます。例によって1の指が下がりきっていない、との指摘。これはもう気をつけるしかありません。大抵は大丈夫なのですが時々明らかに下がりきっていないのが弾いていてもわかります。これは重症です。

 2ページ目に入ってポジションが移動するところ。このあたりから音程が微妙に不安定です。今度は3ポジの音程が低め。あちこち指摘され、直しながら弾きますが指に力が入ってしまい、音がだんだん貧相になっています。

 全音の間隔が狭目になっていて指が開ききっていません。2と3の指で2がフラットで半音下がり、3にシャープがついて半音あがっているところなど全然届いていません。

 特に3ポジから1ポジに戻ったときにきちんと下がりきっていないので、そこから先の音程が微妙に高い、等々。

 最後の重音。休符があいまい。なんだか師匠も呆れ顔ですが、まあいいでしょう、音程もずいぶん細かいところまで聞き分けられるようになっています。あとは、一曲を通して同じテンポで引けるように注意しましょう。これ長期的課題です、ということでこの曲おしまいになりました。

 どうしても走ってしまうのですね、特に弾きにくいところ。うーん。


○ドッペル 第1楽章

 さて先週の続きです。

 さすがに何週間か引き続けていると、多少弾けるようになっているせいもあり、家での練習はどうしてもテンポがあがりがち。そのまま師匠の前で弾くとしかられることは明白なので、ゆーっくり弾き始めます。このテンポ、遅すぎて最後までとても維持できません。

 本日は、2ページ目の下のほう、ソロのところから。2ポジにあがるところ、下の土台がきちんと取れていない、いきなり4の指を取ろうとしていて音程が崩れている。

 全音と半音の間隔。これがあいまいなので全体的に安定していない。4、3、2、1の指の間隔をしっかり意識すること。特に移弦のあとはなんとなく手を置いている感じ。

 61小節目。ここ、この曲で一番弾きにくいところです。A線とE線の移弦の間で指の間隔が変わってくる音の並びです。あまつさえ、1の指で2本の弦を押さえるので力が入ってしまってそのあとの指が不安定になってしまいます。うーん、練習あるのみですが、1の指を無理やり残さなければまあまあいけそうです。でもそうすると音程が・・・

0Doppel B61

 65小節目。開放弦でいいところをわざわざ4で弾いていました。でもこの指使い不自然ですね。なぜ、0と4を使い分けるのかよくわかりません。

0Dppel B65

 69小節目から。移弦するタイミングがあやふやで音がにごっている。移弦の場所を正確にチェックして練習すること。

 75小節目から。このあたり、スピードがあがって手の形があやふやになってしまい、音程がばらばらになってしまいます。
0Doppel B73

 右手と左手がずれている、押さえていない指もきちんと正しい位置におくこと。指が浮いています、との指摘。これ、速いパッセージだとついつい一本指になってしまいます。

 「譜読みが難しい曲なので、徹底して読んでくること。この曲譜読みがちゃんと出来ればそれで70~80%できたことになるようなものです。一本指で弾かないように、その癖のツケが必ずくるので、ちゃんとほかの指で中身の音を押さえるように。」ということで、本日のレッスンは終了です。

 反省点としては、譜読みがややあいまいなまま引き続けていたことと、やはり、指、特に4が安定していないことにつきます。

 前者は気をつけてやり直せばいいですが、後者のほうの癖はなかなか直りませんね。困ったものです、うーん。

レッスンの記録
第98回 2011.02.26
・カイザー23番
・バッハ ドッペル2Vn 第1楽章(譜読み後半)
スポンサーサイト

タグ : カイザー 23番 鈴木第4巻 バッハ ドッペル 第1楽章

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

指使いについて

はじめまして、最近このブログみつけて、いつも楽しく拝見させて頂いております。
ヴァイオリン始めて1年の初心者です。
オトナです(笑)
指使いについて、0と4が入り混じる理由が不明とのことですが、私にはわりと自然な指使いに思えました。
私のとこでは、基本的に上向系は開放弦、下降系は下の弦、と習っているからです。
その他、上記の法則に当てはまらない場合も音色を変えるためにわざと0と4を行ったり来たりする練習というのもありました。
見当違いのコメントだったらごめんなさい。
ちょっと酔っ払ってるので許してください。

なおぽん | URL | 2011.04.18 21:57

Re: 指使いについて

なおぽん さん

> はじめまして、最近このブログみつけて、いつも楽しく拝見させて頂いております。
> ヴァイオリン始めて1年の初心者です。

こんばんは。はじめまして。コメントありがとうございます。

> オトナです(笑)

あはは。何気にうけました(笑)

> 指使いについて、0と4が入り混じる理由が不明とのことですが、私にはわりと自然な指使いに思えました。
> 私のとこでは、基本的に上向系は開放弦、下降系は下の弦、と習っているからです。

はい。その通りです。しどれみふぁ の時のレは開放弦、みれどしら の時のレは4が基本ですね。

で、ここはぜーんぶ どれみ なんですね。ど→れ だから上向き。

なのに何故4でとるのか、というと、答えは簡単で移弦(特に一音だけの移弦)を避けるためです。

最初の4がついてるレ前後のド♯は、G線なのでレをDの開放弦でとると移弦が一回増えます。次のレが開放弦なのは、その次のミもD線でとるからです。

66小節のラも同じ理屈ですね。

ついでに66小節のレ。これはミ♭→レ→ド→レ→ファと下向と上向が変ってきますので理屈どおり、 順に4 0となります。

ちなみに65小節がこうなっているのは、実は3ポジを避けたからで、ガラミアン版もオイストラフ版もドから3ポジになっています。こうすると移弦の分は楽になりますが・・・

> その他、上記の法則に当てはまらない場合も音色を変えるためにわざと0と4を行ったり来たりする練習というのもありました。

ありますね。でもここのところはカタカタと刻んでいくのでそれほど音質が問題になるとは考えにくいです。音質きにするのなら、それこそポジション上がった方がいいですね。(ガラミアン版はそうなっています。)

> 見当違いのコメントだったらごめんなさい。
> ちょっと酔っ払ってるので許してください。

いえいえ、私も大抵酔っ払って記事を書いていますので(笑)
これからもどうぞよろしくお願いします。

credenza | URL | 2011.04.19 00:17

指使いの

credenzaさま、
ご丁寧な解説をありがとうございました。
上向系•下降系という言い方だとまぎらわしかったですね、レの次がドに下がるときは4、レの次がミに上がるときが0になっているので自然な、というか原則通りだな、と見えたのでした。でも果たしてそれでこの曲が弾きやすいかどうかはわかりません。
実は久々にレッスンが2週間休みになったのをいいことに、1週間近く楽器を出してないので…ヤバいです。
明日こそ出します!
雨だけど。
ちなみにポジション移動はまだ習ってません。
それから、確かにこの場合音色を変える必要性も特に感じられませんね~。
話が逸れますが、最初のころは開放弦で弾ける音は開放弦でひきたかったのですが、どうしても開放弦で弾くとそこだけ大きな音になっちゃうので、今では細かい音を刻むときは開放弦使いたくないな、って思っちゃうようになりました。だから早く上のポジション使えるようになりたいなって思います。
とりとめなくてすみません、地道にがんばります。
これからも楽しいレポートたのしみにしてます!

なおぽん | URL | 2011.04.19 01:14

Re: 指使いの

なおぽんさん

こんばんは。

> 上向系•下降系という言い方だとまぎらわしかったですね、レの次がドに下がるときは4、レの次がミに上がるときが0になっているので自然な、というか原則通りだな、と見えたのでした。でも果たしてそれでこの曲が弾きやすいかどうかはわかりません。

どっちもどっちだと思うのですね。開放弦をつかうと移弦がすこしやりやすい気がしますし、4でとるとちょっと忙しくなる反面、0か4か一瞬悩む必要もありません。

> 実は久々にレッスンが2週間休みになったのをいいことに、1週間近く楽器を出してないので…ヤバいです。
> 明日こそ出します!
> 雨だけど。

おお、少しづつでも毎日楽器触った方がいいそうですよ。今日の練習?はいかがでしたか?

> ちなみにポジション移動はまだ習ってません。
> それから、確かにこの場合音色を変える必要性も特に感じられませんね~。

音色変えても、全然わからないですね、こういうパッセージだと。

なおぽんさんは今どんな曲をやっていらっしゃるのでしょうか?ポジション移動ももうすぐ始まるころでしょうか。

> 話が逸れますが、最初のころは開放弦で弾ける音は開放弦でひきたかったのですが、どうしても開放弦で弾くとそこだけ大きな音になっちゃうので、今では細かい音を刻むときは開放弦使いたくないな、って思っちゃうようになりました。だから早く上のポジション使えるようになりたいなって思います。

あ、そうですね。それから、私は「どうせ練習なので出来るだけやりにくい指使いを使う」と言うのを原則にしていますが、あまりに弾きにくいと開放弦です(笑)。

> とりとめなくてすみません、地道にがんばります。
> これからも楽しいレポートたのしみにしてます!

こちらこそ、よろしくお願いします。ちょっとでもお役に立てるとうれしいです。

credenza | URL | 2011.04.20 00:35

こんばんは

credenzaさま

アドヴァイスありがとうございます!
私は今篠崎の2巻をやっています。
今月の初めに初めての発表会があって、友達と2人でヴァイオリン、先生のピアノ伴奏で短い2曲を弾きました。
その直前までは『よくわかった、私は全然なってないんだ。発表会終わったら基礎練だ基礎練。曲は当分お預けだ!』などとストイックなことを言っていたのですが、その後のレッスンでどっさり宿題を貰ったら、練習する前にお腹いっぱいというていたらくです。
今日恐る恐る宿題の48頁の基礎練から始めて、あまりの酷さに、もっと下手になるための練習をしているようなもんだな、これはと思い、30分くらいで早々に片付けました、20時過ぎてたし。
ミュートはあるけどキライなんです。
今回の宿題曲は、ドンジョヴァンニからのメヌエットと、ダンクラのポロネーズと、友達のリクエストで先生から譜を頂いたパーセルのロンドです。
で、今この時間なにやっているかというと、グスタフ•レオンハルトがバッハを演じてる『アンナ•マグダレーナ•バッハの年代記』DVDを観ています。
ホントに締まりのある、優れた音楽映像作品です。
と、話をそらしてそろそろ失礼します。
おやすみなさいm(_ _)m

なおぽん | URL | 2011.04.20 01:28

Re: こんばんは

なおぽんさん

こんばんは。

> 私は今篠崎の2巻をやっています。
> 今月の初めに初めての発表会があって、友達と2人でヴァイオリン、先生のピアノ伴奏で短い2曲を弾きました。
> その直前までは『よくわかった、私は全然なってないんだ。発表会終わったら基礎練だ基礎練。曲は当分お預けだ!』などとストイックなことを言っていたのですが、その後のレッスンでどっさり宿題を貰ったら、練習する前にお腹いっぱいというていたらくです。

初めての発表会だったのですね。如何でしたか?やっぱり緊張されたのではないでしょうか。
その後ストイックになるというのは・・・誰しも経験があると思いますよ(笑)

> 今日恐る恐る宿題の48頁の基礎練から始めて、あまりの酷さに、もっと下手になるための練習をしているようなもんだな、これはと思い、30分くらいで早々に片付けました、20時過ぎてたし。

早速拝見しました。これ、全部やると大変そうですね。篠崎は教本にいろいろ入っていて便利だとは思うのですが、

> ミュートはあるけどキライなんです。

たしかに。でも仕方ないですね。一週間の練習、ほとんどミュートつけてやっています。これだと響きが今ひとつ良くわからないんですよね。

> 今回の宿題曲は、ドンジョヴァンニからのメヌエットと、ダンクラのポロネーズと、友達のリクエストで先生から譜を頂いたパーセルのロンドです。

盛りだくさんですね。がんばってください!

> で、今この時間なにやっているかというと、グスタフ•レオンハルトがバッハを演じてる『アンナ•マグダレーナ•バッハの年代記』DVDを観ています。
> ホントに締まりのある、優れた音楽映像作品です。
> と、話をそらしてそろそろ失礼します。
> おやすみなさいm(_ _)m

アンナ・マグレーナ・バッハ、みた事があります。レオンハルトのチェンバロ、いい感じでしたね。でももともとの「年代記」が贋作というか後年の創作だったのは、ちょっと残念ではありますけど。

credenza | URL | 2011.04.21 00:39

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。