スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#21 ガボットはつづく 2009.06.06

2009.07.06 07:00  レッスン日記

なんだか週末の度に降っている雨。湿気のせいかヴァイオリンの調子も今ひとつです。

 で、やっぱりガボットは仕上がらずもう一週間やることになりました。

 前回も指摘を受けましたが、

○レ ソ とあがった後32分音符で刻むファソファソ。その次のファミがスタッカートということもあり、なかなかうまくいきません。ファソファソと刻むだけならいいのですが、続けてしまうと4つの刻みが6つになったりしてだめです。ミニヨン1


 師匠は「前半の部分と後半のスタッカートを分けて弾くと大丈夫でしょう。」とおっしゃるのですが、その前半の部分、人差し指に力が入ってしまいファソファソと4つでぴたりと止めるのが難しいのです。

 それからダウンでファのスタッカート、弓を返して開放弦でミのスタッカートです。ファのところできちんと弓が止まらない。これを止めないとスタッカートになりません。

 結局こればかり10分ぐらいやっていましたが、埒があきません。

○元弓でアップで弾くところ。そのあとレミレと4の指で三連符を弾く部分でどうしても弓があがるのかきちんとミニヨン4 音が響きません。弓をべったり付けているとその次はまたスタッカートなので・・・というか、4の指での三連符がきれいに出ません。どうしても指の力が弱いためでしょうか、レミレのミの音が貧弱です。ここもなんども師匠の前で弾いてみますが、やっぱりだめでした。

○後半。転調した後でD線のファをアップの弓でスタッカートで弾いた後、ファシ♭とスラーでつながるところ。これ、何度やってもきれいに行きません。最初のファのスタッカートがきちんと出ないので、なんどもやっているうちに師匠に「弓をとめる」と書き込まれてしまいました。

 うーん。ひたすら練習あるのみでしょうか。ここの部分、随分工夫して直前にE線でとるファ♭とあわせてシ♭を人差し指で押さえてしまい、2の指でD線でファを取ったままA線のシ♭を弾く、という方法でやっていますが、2の指ミニヨン2  がA線に当たるのかなかなかきれいな音が出ません。

 そもそも1の指でとるシ♭がどうしてもうわずってしまいますが、これを修正するタイミングが判らない、というか1の指に力が入っているので動かせないのです。師匠の指を見ていると、さっとシ♭をとってA線に移弦するときは2の指をあげているのです。2回目からは音程があがってくるので少しは楽なのですが。そうそう、ここでも弓があがっているとの指摘を受けました。うーん。

 あとはちょっとした音程の間違いを指摘され修正して弾くものの、どうしても上の箇所で引っかかってしまい全曲がきれいに通せませんでした。「これ結構難しいからもう一週間やりましょう。次にはできるようになりますよ。大丈夫です。」と師匠に慰めていただく始末です。

レッスンの記録:
第21回目(6/6) ミニヨンのガボット(トマ)(練習中)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第2巻 ミニヨンのガボット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009.07.07 16:22

Re:

鍵コメさん

はじめまして。
同じようなところで苦戦されているようですね。
お互いにがんばれるといいですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

credenza | URL | 2009.07.07 17:33

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。