スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

振り出しの体験レッスン

2011.07.22 20:29  レッスンの周辺

というわけで、前の師匠の最後のレッスンから丁度一月ばかりたった頃、ようやく都合が合ってこの教室の体験レッスンに伺いました。

 教室の案内をみると、今度の先生は、音大卒業後元某交響楽団員で活躍されお子さんの教育のために退団(?)、現在はとあるアンサンブルのメンバーほかとして活躍されている様ちょっと小柄なベテランの先生です。

 で、この教室、確かに大人の生徒も募集はしているのですが、現在はほとんど子供さんばかり通っているとのこと。先生自ら「他の大人の生徒さんと一緒にやるのなら別のところを探したほうが・・・」などとおっしゃっています。まあ、事務局には内緒でしょうけど。

 まずはご挨拶をしてあれこれお話ししました。いつからヴァイオリンを始めたのか、前の師匠のところでどこまでやった等とのお話をすると「2年半でそこまで行くのはすごく速い」と驚かれた様子。ともあれ「何か弾いてみて下さい」と言われます。

 振り返ってみると、前の師匠の下を離れてからバタバタしておりあまり練習もしていないのと、ちょうどヴィヴァルディのG-mollの譜読みを始めたばかりのところだったので今のところ一番弾けそうなのは・・・ドッペル。

 しばらく弾いていませんでしたが、ついついインテンポで始めてしまいます。何も言わずにずっと聴いていらっしゃる先生。とうとう最後まで通っての感想。

 「ちょっとテンポが速すぎて音程がガタガタです。ここまで進んだのは立派ですが、音程が安定しないのはとても残念。左手の親指の位置が悪いのか、指がバタバタしていて音程が全般的に高いです。弓の持ち方も工夫しましょう。小指が突っ張っています。」等々の指摘です。

 早速弓の持ち方から。小指を置く位置、中指、薬指をしっかりフロッグにかけること。ここで指弓の実演です。先生のボーイングは大変スムーズで右手のバネがきちんと利いているせいか、力強い音がふわっと出てきます。何とも自然な感じです。

 左手は・・・親指に力が入っていてネックを押さえている。もう少し低い位置で。シフトの際に親指が残っている。4の指の伸びが足りない。等々実際に指をおくところから丁寧に指導されます。口当たりは易しいですが、指導内容には自信をもっていらっしゃるようで、有無を言わせず指の位置を修正されます。

 「今度は一緒にやってみましょう」と先生と二人でドッペルを最初から。音のニュアンスのつけ方の指導が入ります。しっかりと音を響かせること。そのためには弓のどこを使うか等々。

 ややテンポは上がりますが、二人でぴったり合わせて弾くドッペル、音程がぴったり合っていると自分の音が聞こえなくなる感じがします。小柄な先生の弾くヴァイオリンの音は響きもきれいでかつ音量も半端ではありません。必死でついていきます。

 途中、音程が崩れてストップ。「隣の弦を押さえるときに指だけ伸ばせばいいのに、手のひらごとずらしているのでバタバタしている上に音程が不安定です。」との指摘です。

 細かい指摘をうけつつ、最後まで通ったところでちょうど1時間のレッスンが終わりになりました。

 事務の方と次の生徒さんが現れますが、先生からは特段どうする、こうする、とのお話はありません。どうも子供さんばかりが集まっていることを気にされているようですが、この際基礎からやり直したいので、別に途中でまた別の先生に移ることになってっもいいや、と思い、次回から正式にレッスンを始めていただくことにしました。

 先生はおとなしい方なのか、こちらからあれこれ確認してもにこにこされているだけです。レッスン時間については・・・「子供さんなら30分で始めるのもいいですけど、大人は最低1時間です。3時間くらいやってもいいと思います」などと先生がおっしゃっています。それはこちらが持ちません。事務の方にあれこれ説明を聞いて、先生にご挨拶して戻ってきました。

 これからどうなるかちょっとわかりにくいところもありますが、せっかくの機会なのでじっくり基礎を見直していこうと思っています。

 ということで次回持ってくるのはカイザー1巻!
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011.07.24 11:50

こんにちは

こんにちは。
以前、「先生探し」のあたりで「私も先生探しています」とコメントしたshishiです。

あのあと家から徒歩10分のところに良い先生がいらっしゃって、昨年5月からバイオリンのレッスンを始めたものの・・・12月末に転勤。
住み慣れた大阪を離れ、今は千葉に住んでおります。

ところで、はしばしに「事務の・・・」というお言葉が入りますが、先生(教室)はどのようにしてお探しですか?
私の住む近所には教室がなく、・・・いや、正確には3軒ヒットしたんですが、
1軒目は「もう今はお稽古をしていない」
2軒目は「今は出産・育児でお休みしていて、再開の目処がたっていない」
3軒目は「自分の演奏活動があるので、定期的ではない。しかもレッスン可能な曜日と時間は、○曜日の○時から○時の間だけ」
など、全くだめな状態でした。
バイオリンケースを背負っている中学生をよく見るので、「どこで教えて貰ってるの?」と聞きたいのですが、変質者!?と思われても、と・・・

さしつかえなければ、どうやってお探しなのか教えて下さい。よろしくお願いします。

shishi | URL | 2011.07.26 14:25 | 編集

Re: タイトルなし

鍵コメさん

ありがとうございます。

しばらく放っておいたら、随分時間が経ってしまいましたが、少しづつアップしていきます。

credenza | URL | 2011.07.26 23:56

Re: こんにちは

shishiさん

> こんにちは。
> 以前、「先生探し」のあたりで「私も先生探しています」とコメントしたshishiです。

お久しぶりです。コメントありがとうございました。

> あのあと家から徒歩10分のところに良い先生がいらっしゃって、昨年5月からバイオリンのレッスンを始めたものの・・・12月末に転勤。
> 住み慣れた大阪を離れ、今は千葉に住んでおります。

そうですか。関東の方に引っ越されてきたのですね。

> ところで、はしばしに「事務の・・・」というお言葉が入りますが、先生(教室)はどのようにしてお探しですか?
> 私の住む近所には教室がなく、・・・いや、正確には3軒ヒットしたんですが、
> 1軒目は「もう今はお稽古をしていない」
> 2軒目は「今は出産・育児でお休みしていて、再開の目処がたっていない」
> 3軒目は「自分の演奏活動があるので、定期的ではない。しかもレッスン可能な曜日と時間は、○曜日の○時から○時の間だけ」
> など、全くだめな状態でした。
> バイオリンケースを背負っている中学生をよく見るので、「どこで教えて貰ってるの?」と聞きたいのですが、変質者!?と思われても、と・・・
>
> さしつかえなければ、どうやってお探しなのか教えて下さい。よろしくお願いします。

と言うことは、半年くらいレッスンをお休みされているのでしょうか。

私はあれこれネットで検索して教室(大手ではない、かなり小さな音楽教室です)を見つけました。

サーチエンジンで、いろんなキーワード(ヴァイオリン、地名 等々)を入れて見て、ヒットしたところをあれこれ比べてみました。

あとはご存知かも知れませんが、「音楽先生」という検索ページがあります。
http://www.11ongaku.com/
こちらなどで探して見られては如何でしょうか。どの辺りにお住まいなのかわかりませんが、職場近辺なども対象範囲に入れると見つかり易いかもしれませんね。

いい先生が見つかるといいですね!

credenza | URL | 2011.07.27 00:01

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。