スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

フリッツ・クライスラーの「思い出」

2011.08.07 00:36  レコード棚から

 こんな記事ばかり書いてないで、いい加減そろそろ溜まりに溜まったレッスン日記をアップしろよ、との声も聞こえてきそうですが???

 えっと、リンクを頂いてるエメラルドさんのリクエストでフランツ・ドルドラ作曲の「思い出(Souvenir)」です。本当は自分で弾けると言うこと無いのですけど・・・楽譜を見る限りまず無理そうですね(笑)。
Fritz-Kreisler.jpg
 フランツ・ドルドラはチェコのヴァイオリニストです。1868年生まれで1944年に亡くなっていますので、もちろん彼自身の演奏も残っています。確か数年前にチェコで発売されたヤン・クーベリック協会のCDに彼自身の演奏がすこしまとまって復刻されていました。

 でも、軽音楽(ライト・クラシック)の作曲家としても知られた彼の名前が今日残っているのはこの「思い出」の作曲家としてです。

 それこそクーべリックをはじめ多くのヴァイオリニストがこのメランコリックな小曲の録音を残していますが、あまり粘っこくなく、さりとてあっさり弾きすぎていない録音というのはなかなか無くって、結局良く聴くのはクライスラーの録音です。なんともいい節回しの演奏で、クライスラー節がぴったりの録音で、あちこちで復刻されています。

クライスラー:愛奏曲集クライスラー:愛奏曲集
(2002/07/24)
クライスラー(フリッツ)

商品詳細を見る


 1928年録音、ピアノはカール・ラムソン。いつものようにSPレコード(DA975)をHMV163でかけたのをマイクで収録しています。



スポンサーサイト

タグ : クライスラー ドルドラ スーヴニール

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

感激です

クライスラーが弾く思い出をアップしていただいて、ありがとうございます。
やっぱりレコードの音は良いですね。CDより厚みがあり円やかに感じます。ずーっと聞いていたくなります。実際5回以上連続で聞きました。今も聞きながら打ち込んでます(笑)。最後の方、1オクターブ上で弾いているのかフラジオレットなのか解りませんがクライスラーのアレンジなんでしょうかね。
あと、重音を単音にすれば credenza さんも弾けると思いますよ。チャレンジしてみてください!

エメラルド | URL | 2011.08.07 10:29

Re: 感激です

エメラルドさん

> クライスラーが弾く思い出をアップしていただいて、ありがとうございます。

聴いていただいてありがとうございます。

> やっぱりレコードの音は良いですね。CDより厚みがあり円やかに感じます。ずーっと聞いていたくなります。実際5回以上連続で聞きました。今も聞きながら打ち込んでます(笑)。最後の方、1オクターブ上で弾いているのかフラジオレットなのか解りませんがクライスラーのアレンジなんでしょうかね。

やっぱりオリジナルのレコードが一番いい音がしますから。お気にいっていただいたようで何よりです。
最後の所は、たぶんクライスラーのアレンジではないでしょうか。クライスラーの編曲集、持っていても弾けないので、楽譜が手許にあるわけでは何のですけど。

> あと、重音を単音にすれば credenza さんも弾けると思いますよ。チャレンジしてみてください!

さっきやって見ましたが、重音もさることながら、高いポジションが苦しいですね。とてももとの音楽とは似て非なる音が響き渡りました(笑)

credenza | URL | 2011.08.08 23:33

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。