スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

新レッスン日記 01 

2011.09.06 23:44  レッスン日記

 出張だ、夏休みだ、風邪ひいた、また休みだ・・・などと更新をサボっているうちに、とうとうブログのトップに広告が出るようになりました。せっかくブログを再開したのにこのままだと意味ありません。

 さて、新しい師匠の下で再開したヴァイオリン、途中にお休みがあったりして8月末までで9回のレッスンに通いました。3ヶ月で9回ですから、月当たり3回。ちょっと少なめです。まあ、これは秋からまた通常のペースに戻ることを期待です。

 で、もう随分前の話になりますが、第1回目のレッスンは6月4日でした。

 その前の体験レッスンで、進め方について大体の方針を決めたのでしたが、ご挨拶して初めてのレッスン開始の前に、新しい師匠(以下、「師匠」というばあい、この「新しい師匠」です。ややこしい。)から、「随分難しい曲を弾いているようですが、これからもっと複雑な曲を弾けるようになるためには、この辺りできっちり基礎を見直しておいた方がいいです。まず音階から。」と言うわけで、小野アンナの音階教本を始めることになりました。
ヴァイオリン音階教本 <小野アンナ>ヴァイオリン音階教本 <小野アンナ>
(1998/12/10)
小野 アンナ

商品詳細を見る


 教本自体は持っていますが、今日は持参していないので最初のページは師匠のコピーです。この教本、最初は何も臨時記号が付いていないハ長調とイ短調から。だんだんフラットの数が増えていく仕掛けです。今日は最初の二段、つまりハ長調とイ短調の音階、もちろん第一ポジションです。

 まあ、音階、しかも臨時記号なしですから何となくは弾けるのですが、「高い」、「低い」、「ちょっと高い」・・・等々相当シビアに音程を直されました。特に4の指、これはもう無理やり力を入れて伸ばしているような有様です。

 次。

 またコピーをとりだして、「音程をきっちりとる練習としてこれをやりましょう。」と師匠。見ると開放弦の重音が並んでいて、最初はバラバラ、次にスラーが付いています。要は調弦するときの要領できっちり5度の感覚をつけるための練習です。2ページ目以降からは少し複雑になり、なんとラ・フォリアの後ろの方に出てくる重音によるテーマの再現部まで載っています。
鈴木バイオリン指導曲集副教材 五度の教本鈴木バイオリン指導曲集副教材 五度の教本
(2008/09/17)
鈴木 鎮一

商品詳細を見る

 きくと「5度の教本」とのこと。最初の数ページはコピーを頂きますが、これはテキスト買ってきてください、とのこと。数多くある鈴木の副教本の一つだそうです。

 これ、最初のうちは良かったのですが、なれない重音をきれいに響かせるのは至難の業でついつい左手に力が入って腕の筋が違ってしまうような痛みまで出る有様です。

 さらにエチュード。

 体験レッスンではカイザーの1巻からやりましょう、と言うことだったので久しぶりにカイザー1番をちょこっと練習してきたのですが、流石にそれはちょっと、と師匠も思ったのか、「カイザーはどこまでやっていたのでしたっけ?2巻終わって復習中でしたっけ。だったらそのまま続けましょう。」と言うことで例によって難航している15番から。教本の日付をみると、11ヶ月前に苦闘していたのがわかります。
カイザー ヴァイオリン練習曲(2)カイザー ヴァイオリン練習曲(2)
(2011/01/27)
不明

商品詳細を見る

 何しろしばらく練習していませんからボロボロ。出来が悪いとはいえ、流石に2回目ですからそこそこ弾けます。トリルで半音と全音の差をきっちりつけること等々、前の師匠から指摘されたことの繰り返しです。うーん。

 やっぱり指に力が入っているのが最大の原因ですね。こればかりはどうも・・・

 そしてドッペル。
 
 師匠とのやり取りで、これまでの進み具合、つまりこのブログでたらたら書いていることを説明したところ、「せっかくだからドッペル、きっちり弾けるようにやりましょうか。第1楽章終わったら第2楽章もやりましょう。」ということで、当分(数年?)はずーっとドッペルをやっていくことになりました。

 体験レッスンの時で懲りているのでゆっくり弾きます。途中から合奏になったりまたソロに戻ったりしたのですが・・・ドッペルについてはまた記事を改めて。

 と言うわけで1時間を大幅に超えるレッスンとなりました。

 この段階で、
1.小野アンナ 2段づつ
2.5度の教本 適当な段数
3.カイザー15番
4.バッハ ドッペルコンチェルト第1楽章 2vn

がこれからのレッスンのお品書きとなりました。

スポンサーサイト

タグ : カイザー 15番 鈴木第4巻 バッハ ドッペルコンチェルト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

お久しぶりです

長らく更新がなかったのでどうしちゃったのかと思ってました。
Credenza さんのレッスン内容はずいぶんと盛り沢山ですね!
やる事が沢山あるとなかなか前に進まないのが現状なんですが
お互いに頑張りましょう!

エメラルド | URL | 2011.09.07 09:24

Re: お久しぶりです

エメラルドさん

> 長らく更新がなかったのでどうしちゃったのかと思ってました。

ついついアップするのを先延ばしにしてしまいました・・・

> Credenza さんのレッスン内容はずいぶんと盛り沢山ですね!
> やる事が沢山あるとなかなか前に進まないのが現状なんですが
> お互いに頑張りましょう!

おっしゃるとおりです。遅々として進みませんが、まあ、これはこれでいいと思っています。
頑張りましょう!!

credenza | URL | 2011.09.07 23:20

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。