スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

指弓ってどうよ

2011.09.15 23:49  レッスンの周辺

 師匠とレッスンをはじめたばかりの頃。

 いつものようにガリガリ弾いていると、「あの、指弓ってやってませんでした?」とおたずねです。

 指弓、指運弓・・・要は上げ弓と下げ弓で弓の返しをきれいにつないで音が途切れないようにするために、弓の方向が変わる直前に指をつかってやわらかく弓を動かすテクニックです。

 もちろん知っていましたが、実際やったことはありません。「鈴木も4巻になるとそろそろ練習をはじめてもいいんですけどね。」とおっしゃって早速練習です。

 その前に、いつものことですが親指と小指が突っ張っている点を指摘されます。これ、きちんと丸くなっていないと指のバネが利かない。当然指のバネをフルにつかう技術でもある指弓ができるわけありません。

 師匠のボーイングをみていると、一音一音弓を返す際には指のスプリングが効いていて、とてもスムーズです。

 というわけで指弓の練習。

 まずはふわっと弓をつかんで親指と小指がきちんとカーブしている状態を保つ。
そして弓を垂直にたてたまま親指と小指を伸ばしたり縮めたりする練習。

さらに弓先を左手でもち、水平に弓を構えて指を伸ばす力で弓を押したり引いたりの練習です。

 文字で書くとそれだけですけれど、実際にやってみると小指がつっぱたりとなかなか上手くできません。

 指を柔らかく保ったまま弓を押したり引いたりしようとすると、弓を落としそうになりますし、しっかりと力を入れようとすると指が突っ張ったり小指が外れたりもします。

 これも単純なように見えてなかなか難しいですね・・・

 指弓など、ヴァイオリンの弾き方で何がなんだか、どうしたらいいのか、わからなくなったときにまずは開く本。

だれにでもわかるヴァイオリン奏法の知識だれにでもわかるヴァイオリン奏法の知識
(2002/08/30)
菅原 英洋

商品詳細を見る


 一通りのことを丁寧な図でわかりやすく説明してあるので、重宝しています。

 問題はタイトルにあるとおり、「だれにでもわかる ヴァイオリン奏法の『知識』」なので、この本で得られるのはあくまで「知識」。つまり、仮に判ったとしても実際に出来るかどうかは良くわからないところです・・・
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

指弓はなかなか難儀です

たま~に仕事中に鉛筆でやってます。

エメラルド | URL | 2011.09.16 17:40

昔習っていた先生は、指弓重視だったので、早くからセブシック1-1の1小節目のラシドシラシドシで指弓の練習をさせられました。1音ずつのロングトーンの返し目で指弓、4音スラーの返し目で指弓、16音スラーの返し目で指弓という練習方法でした。親指は浅く曲げて、小指は丸く置いて、と習いました。

upからdownへの返し目では、弓がまだupの方向に動いている時に、手は指弓を使ってdownの形になり(手のほうが早くdownになって)、downの方向に引っ張ることにより、弓の方向と手の方向(の返し目)にわずかなタイムラグが起こり、その結果、音が切れないのだと聞きました。

ということで、指弓を使っても使わなくても、重要なことだと思っています。長くなってすみません。

Fuyuko | URL | 2011.09.16 22:02

ビブラート以上に訓練しないと難しいかな?
楽器持ってなくても、右手があいているときはずっと練習してます^^;
まあ、これできなくても?なんですけど、弓の返し以上に、これできないとスタッカートが困ります
いろんな場面で使いますよ
キレイに弾くために・・・頑張ってくださいね

智和 | URL | 2011.09.18 06:05

Re: 指弓はなかなか難儀です

エメラルドさん

> たま~に仕事中に鉛筆でやってます。

皆さんやってるんですね。

右手は指弓の練習、で、左手でビブラートの練習・・・
他人から見たら異様にみえるでしょうね(笑)

credenza | URL | 2011.09.18 10:10

Re: タイトルなし

Fuyuko さん

> 昔習っていた先生は、指弓重視だったので、早くからセブシック1-1の1小節目のラシドシラシドシで指弓の練習をさせられました。1音ずつのロングトーンの返し目で指弓、4音スラーの返し目で指弓、16音スラーの返し目で指弓という練習方法でした。親指は浅く曲げて、小指は丸く置いて、と習いました。

ありがとうございます。これ、やらされそうです。

あと、親指と小指の注意はしょっちゅうです。つい突っ張ってしまいます。

>
> upからdownへの返し目では、弓がまだupの方向に動いている時に、手は指弓を使ってdownの形になり(手のほうが早くdownになって)、downの方向に引っ張ることにより、弓の方向と手の方向(の返し目)にわずかなタイムラグが起こり、その結果、音が切れないのだと聞きました。
>
> ということで、指弓を使っても使わなくても、重要なことだと思っています。長くなってすみません。

理屈はわかるのですけれど、実際やるとなるとかなり難しいですね。無理に意識すると余計にカクカクとなってしまいます。

credenza | URL | 2011.09.18 10:12

Re: タイトルなし

智和さん

> ビブラート以上に訓練しないと難しいかな?
> 楽器持ってなくても、右手があいているときはずっと練習してます^^;

どっちも難しいと思います。練習は、左右両方一遍に出来ますね。ちょっと異様かもしれませんが。

> まあ、これできなくても?なんですけど、弓の返し以上に、これできないとスタッカートが困ります
> いろんな場面で使いますよ
> キレイに弾くために・・・頑張ってくださいね

そうですね。最近スタッカートが何故綺麗に切れないのか何となく判ってきました。指のバネがきちんと利いていないと、どうしても弓がスッと止まらないんですね。子供の頃からやっている人だと知らないうちに出来るようになるような気がします。
練習あるのみですね・・・

credenza | URL | 2011.09.18 10:15

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。