スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

脱指防止

2011.09.18 22:11  レッスンの周辺

 指弓の練習もたけなわだったある日のレッスン。

 師匠が「これ、生徒さんが作ったもの。」と輪ゴムのついた紙製の小さな円筒を手渡されました。素材は・・・牛乳パック(笑)一応ビニールテープが巻いてあります。

 そう言えば先日来「私の(=師匠の)生徒さんで年配の方がいるのだけれど、弓から小指が外れてしまうので、ちょっとした治具をつくって弓につけています。発表会もそれをつけたままで出て・・・1年位になるけれど随分弓の持ち方がよくなりました。」云々との話をお聞きしていました。

 早速弓につけて弾いてみると・・・確かに小指は落ちませんね。ちょっと窮屈、というか指に汗かきそうですけど。

Bowring1IMG_6691.jpg

 ところで、あれこれ調べてみると、この右手の小指の置き場所には2つの流派(?)があるようです。いえ、基本的に弓を持つことには変わりありませんから、そんなに大きな差があるわけではないのですけれど。

 弓の後ろは大概断面が8角形になっているので、小指をこの8角形の一番上の面に載せるやり方と一つ手前の面に載せるやり方です。

 弓全体を小指でコントロールする観点からは前者のほうが理にかなっていますし、その一方、手前の面に小指を引っ掛けるというのは弓を傾けて持つ、つまりスティックをスクロール側に押し出して弓の毛を傾けるという観点からはこちらの方が都合よさそうです。

 で、この治具というか輪っか。基本的に8角形の一番上の面に当てた指がずれないようにする工夫なので、師匠の流派は前者、ということになりそうです。

 まあ、どちらの流派でもかまいませんが、そうするとこの輪っか、単に円筒を弓に載せて輪ゴムで引っ掛けているだけなのですぐずれてしまいます。あ、ずれないように小指を常に垂直に近い形で弓に当てればいいのですけど・・・

 というわけで改造型(笑)の試作品です。

Bowring2IMG_6694.jpg

 弓の断面が8角形になっていることと、フロッグを利用して円筒が傾かないようにスカートを付けた形になっています。ちゃんと輪ゴムを引っ掛けるためのフックも作ってあります(笑)。試作品なので図面を引きやすいように方眼の入った情報カードで作りましたが、製品版(笑)は強度の観点から師匠の作品と同じく牛乳パックを使うのがいいかもしれません。

 一応、強度を稼ぐために紙を二重になるように作ってありますので、これでしばらく弾いてみましたが、当分は使えそうです。

(つづく)
スポンサーサイト

タグ : 指弓 弓の持ち方

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

パールマン

彼は小指をのせない(笑)
わたしもほとんど小指をのせない、つーか、弓のバランスとるために使ってる?
小指が弓から離れないと全弓で先弓まで使いきれないし・・・
 先弓=人差し指でバランスと加圧
 元弓=小指でバランスと加圧
今、親指と人差し指と中指だけで持って微細な動きのスタカートの練習をしています
その治具使うとできなくなっちゃう~
普段から小指をあえて無理してして弓にのせておく努力をしないので、小指ピーンっ!もありません
弓を持つ指5本、決まった形の持ち方をさせてしまうと、単調な弾き方しかできない
習い始めの方の練習にはいいかもしれませんが
わたしの、「あえて小指をのせておく努力をしない」、これも流派、ですかね^^;


智和 | URL | 2011.09.19 06:28

その治具

手のどの部分に当たるんですか?
私もしょっちゅう小指が弓から落ちます。小指が役割を果たしてないからなんでしょうね。親指もずれます。人差し指側にすっぽ抜けて弓を落としそうになったことが何度かありましたね。指弓が出来ると弾きながら指の位置を微調整出来るようになります。

エメラルド | URL | 2011.09.19 10:36

Re: パールマン

智和さん

> 彼は小指をのせない(笑)
> わたしもほとんど小指をのせない、つーか、弓のバランスとるために使ってる?

うーん、私が見た人の中でずーと小指を曲げたまま弓に乗せていないのはパールマンだけだったと思います。小指乗せないと弓のコントロール利かないのではないですか?

ちなみにパールマン、弓を返すときには人差し指も離していますよ(笑)。

> 小指が弓から離れないと全弓で先弓まで使いきれないし・・・

先弓のときに小指を離す、というか離れるのはかまわないと思います。そもそもそのときに小指にはほとんど力がかからないはずです。

>  先弓=人差し指でバランスと加圧
>  元弓=小指でバランスと加圧

↑この元弓の時にも小指が弓から離れているのでしょうか???

> 今、親指と人差し指と中指だけで持って微細な動きのスタカートの練習をしています
> その治具使うとできなくなっちゃう~

はい。出来ませんね。特に師匠作成のものは円筒が細いので指がすっと抜けません。
なので試作品では円筒を大きくしてあって、小指は多少自由に動かせます。

> 普段から小指をあえて無理してして弓にのせておく努力をしないので、小指ピーンっ!もありません
> 弓を持つ指5本、決まった形の持ち方をさせてしまうと、単調な弾き方しかできない

というか、弓をコントロールするには出来る限り接点が多い方が安定すると思いますけど。せっかく指5本あるのに、なにも3本で弾くことはなくって、まずはちゃんと5本使いましょう、ということだと思います。

> 習い始めの方の練習にはいいかもしれませんが
> わたしの、「あえて小指をのせておく努力をしない」、これも流派、ですかね^^;

うーん、自然に離れるのはいいと思いますし、あえて離すところもあると思います。
むしろ、「乗せて置くべきなのに乗せて置けないのは困る」と言うことだと思います。

ちなみにカール・フレッシュおじさんによると、ずーっと小指を乗せたままにするのは「古いドイツ式」だそうです。で、彼によると、元弓でも小指を離したままだったのはイザイだけだったとか。パールマンはイザイのマネをしている??

智和さんもイザイを目指してください!!

credenza | URL | 2011.09.19 23:35

Re: その治具

エメラルドさん
> 手のどの部分に当たるんですか?

この円筒のなかに小指を入れるわけです。ちゃんと入れておけば、小指が弓から落ちる心配はなくなるというわけです。

> 私もしょっちゅう小指が弓から落ちます。小指が役割を果たしてないからなんでしょうね。親指もずれます。人差し指側にすっぽ抜けて弓を落としそうになったことが何度かありましたね。

私などしょっちゅうです。流石にレッスンではありませんが、練習しているときに弓を落としたこともあります・・・割れなくて本当によかった・・・

>指弓が出来ると弾きながら指の位置を微調整出来るようになります。

なるほど。先は長そうです。

credenza | URL | 2011.09.19 23:37

おお、、

ご自分で試作品をささっと(想像デス)作ってしまうところが、さすがcredenzaさん!
ところで、、バイオリンの弓って、どのくらいの重さなのでしょうか?トウシロウですみません^^;
*リンクさせていただきました。

skyblue | URL | 2011.09.20 12:47 | 編集

Re: おお、、

skyblueさん

> ご自分で試作品をささっと(想像デス)作ってしまうところが、さすがcredenzaさん!

いえいえ。こういうのは簡単ですから・・・あとでもっと簡単にしましたけど。

> ところで、、バイオリンの弓って、どのくらいの重さなのでしょうか?トウシロウですみません^^;

大体60グラム前後のようです。あ、カーボンだともっと軽いです。

> *リンクさせていただきました。
ありがとうございました!

credenza | URL | 2011.09.20 23:46

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。