スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

新レッスン日記 02 とうとう始まったセヴシック・・・

2011.09.29 00:03  レッスン日記

 レッスン日記が滞っています。

 師匠を替わって4ヶ月、坦々と毎週一度のレッスンは進んで行きますが内容的に大きな変化はないので、あんまり書くことがありません。あ、ドッペルは引き続きやっていますが、そろそろ終わりになりそうなので、そちらはそのうちまとめて・・・

 で、レッスンのお品書きは新レッスン日記 01で書いたとおりです。

 それぞれの教本を一応きちんと区切りのいいところまで一週間練習してきてレッスンで弾く。何回かまずいところ(大抵は音程・・・(笑))を直して次に進む、と言う段取りですがひとつづつ丁寧にやっているとあっという間に1時間のレッスンが終わりに近づき、あわててドッペルを弾く、ということの繰り返しです。ほとんどレッスン時間オーバーして見ていただいていますけど、やっぱり足りない・・・

 ただ、師匠が変ってまだ何となく緊張していること、そして、前の師匠のところではついにはずさなかった指板のシールを取っ払ったこともあって、やたら左手に力が入ってしまっています。音程が不安定な分、無意識のうちに指に力をいれて弦を押さえつけて仕舞っている、という感じです。

 見かねた師匠、「随分左手に力が入っているみたいなので、脱力の練習をはじめましょうか。」ということで、最初は小野アンナの音階を使い始めたのですが、なにしろこれ、ハ長調から始まってフラットが一つ、二つと毎週長調と短調の二つの音階をやってくるのはいいのですが、音程に神経が行ってしまうので、なかなか脱力まで気が回りません。

 と言うわけでとうとうセヴシックが追加になりました。さらにレッスンが忙しくなりますが、セヴシックのOp1-1を最初から一段づつです。

BOSWORTH版 セヴシック バイオリン教本 OPUS 1 PART 1BOSWORTH版 セヴシック バイオリン教本 OPUS 1 PART 1
(2007/09/14)
不明

商品詳細を見る


 師匠から頂いたのはお嬢さんが使っていたというセヴシックのコピー。これで始めますが、4音づつゆっくり弾いてからスラーで繰り返す、と言うのは指示通りです。

 これに、ゆっくり弾くときは「指を高く(となりの指の第2関節以上)上げてから、すばやく打ち下ろして直ちに力を抜く」という、やや大げさな弾き方をすることによって脱力する感覚を身につけよう、と言うやり方です。

 一弓4音、8音、16音とやっていきますが、8音くらいまではこのちょっと大げさな弾き方です。

 ゆっくりやれば何のことはない課題ですが・・・3の指と4の指、すなわちA線のレとミがいずれも低くなりがち。毎回のように指摘されています。

 真面目にやっていると結構疲れますし、指、痛くなりますね。

 かくして忙しいレッスンはさらに忙しくなっています・・・。

レッスンのお品書き

1.小野アンナ 音階教本 (最初から。2オクターブの音階。♭1つ~ 長調+短調のセット)
2.セヴシック op1-1 No.1 一段づつ (4音、8音、16音スラーx4)
3.5度の教本 (1セクション毎)
4.カイザー(復習)
5.バッハ ドッペルコンチェルト第1楽章 2Vn

スポンサーサイト

タグ : セヴシック 脱力

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

あ~大変そう

メニューは5種類ですか。その他にビブラートの練習もありますよね!私は自宅での練習日数が1週間あってもやる事が多いと時間が足りないのでどれかが手抜きになっちゃいます。毎日3時間は練習したいです。

エメラルド | URL | 2011.09.29 00:20

Re: あ~大変そう

エメラルドさん

> メニューは5種類ですか。その他にビブラートの練習もありますよね!私は自宅での練習日数が1週間あってもやる事が多いと時間が足りないのでどれかが手抜きになっちゃいます。毎日3時間は練習したいです。

いや、本当に忙しいです。あれが終わったら、これ、と言う感じです。

でも別に曲が進まなくてもいい、と思えばこれはこれでなかなか楽しめるレッスンです。ビブラートは別の先生でやっていたので今のところメニューには載っておりません。

毎日3時間くらい練習できたらいいですね。出来ても2時間くらいが関の山で、週末にまとめて練習している有様です。

それより飲み会が入ったりして練習できないと却って指や肘が痛くなります・・・

credenza | URL | 2011.09.30 00:16

こちらにくるのがご無沙汰している間に
レッスン内容がずいぶんと充実されているようですね!

ヴァイオリンとは教本が違うので
詳しくはわかりませんが
理論的に着実に習えそうな内容ですね。

結局は何事も基礎が大事でそこへ戻るわけなので
脱力や弓の持ち方、弓の返しなど
身に付きそうな印象です^^
是非習得して下さい♪

音程に神経が行くと力が入ってしまうというのが
手に取る様にわかります。

リリカフェリーチェ | URL | 2011.10.01 23:15

Re: タイトルなし

リリカフェリーチェさん

お久しぶりです!

> こちらにくるのがご無沙汰している間に
> レッスン内容がずいぶんと充実されているようですね!

いろんなものが増えましたが、全部今ひとつ、だったりします。

> ヴァイオリンとは教本が違うので
> 詳しくはわかりませんが
> 理論的に着実に習えそうな内容ですね。

確かに基礎の基礎のところをやっている感じですね。
でもこれが結構大変です。

> 結局は何事も基礎が大事でそこへ戻るわけなので
> 脱力や弓の持ち方、弓の返しなど
> 身に付きそうな印象です^^
> 是非習得して下さい♪

ありがとうございます。

でもやっぱり曲も進まないと、流石にちょっと退屈してきました。

> 音程に神経が行くと力が入ってしまうというのが
> 手に取る様にわかります。

credenza | URL | 2011.10.03 00:07

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。