スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

新レッスン日記 04 ~ 何がどうなっているのか その2

2011.10.29 00:26  レッスン日記

レッスン内容について、前回の続きです。

3.鈴木 「5度の教本」

 鈴木メソッドの副教本の一つで、まずは開放弦の重音を弾く練習から始まって、5度の響きを確かめることにより音程をよくするための重音練習曲集です。

鈴木バイオリン指導曲集副教材 五度の教本鈴木バイオリン指導曲集副教材 五度の教本
(2008/09/17)
鈴木 鎮一

商品詳細を見る


 曰く「バイオリンの学習は昔から、ほとんどみな上行下行、つまり音階を基本として上下の音程を正しくするように構成されており、多くの練習曲もそのために書かれておりました。本書は横への直線、すなわち五度の移行を正しくすることによって、正確な位置を押さえることが出来るようになるための練習です・・・」

 まずは1の指でG線からラ、ミ、シ、ファ♯と押さえて指の平行移から始まり、だんだん重音になっていきます。

 5度の重音なので、きちんと音程が合っていれば響きますが、なかなか微妙です。あと仮に響きがよくっても、もともとの音程が違っていたりすると目も当てられません。
00IMG_6757.jpg

 これを1の指から4の指、第1ポジションからずっとやっていくのですが・・・えらく苦労します。最初のうちは重音を続けるだけで指が痛くなっていたのですが、だんだん亜少しづつ慣れてきたのか、それ程でもなくなってきました。

 毎週出来ても出来なくても一まとまり、重音でややこしくなってくるとペースをおとして1段づつ進むようになりました。

 現在そろそろだい1ポジションが終わりそうなところまでたどり着きましたが、多少は音程も改善しているように思います。

4.カイザー

 2巻の復習を前の師匠の下で始めていたわけですが、ようやくこちらは片付き、第3巻に入りました。

 3巻からはポジション移動が派手に入ることと、音階教本がフラット系の音階で始まっているのに対してこちらはシャープ系が中心なので、なかなか音程がきちんと決まらず、延々やっている感じです。前の師匠のところなら、とっくに合格になる程度はクリアしていると思うのですが、今度はスタッカートがきちんと出来ていなかったりと、まだ1曲目(25番)のままです・・・

5.そして曲
 
 毎回のレッスンで1から4までをじっくり時間かけてやっていると、ほとんど曲にまわす時間がありません。長くて20分、平均10~15分程度です。

 知らないうちに夏が始まり、気がつくとそろそろ冬の足音が聞こえてくる季節になってようやくドッペルの1楽章は終わりそうな雰囲気です。

 やり直しだったはずのドッペルですが、指使いをかなり変更したり、テンポを上げたりするうちに数ヶ月経ってしまいました。ま、多少は上達しているような感じはしますが・・・

 ともあれ、ようやく2楽章(2Vn)の譜読みに入りましたが・・・これも難航しそうです。
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

はあ~・・・その通りです・・・!

日頃は、音階の上下で、音を取ってます・・
まったくもって横の動きに関してはメチャメチャ弱いです・・

お師匠様に「この音階だと、なんの指が開いてますかぁ~?・・」っとか言われると・・・・

さっぱりです・・・
なぜなら、前の音を基準に半音なのか全音なのかでしか判断していないからなんです・・・

なので、移弦ポジ移動は本当に苦手です・・・

色々な練習しないとダメなんですね・・・

ドッペル2楽章もなんですね~・・
ゆっくりだけど、2楽章も好きです・・・

anis | URL | 2011.10.31 03:39 | 編集

その、横の並びでただいま悪戦苦闘中^^;
隣の弦の音、目では全音か♭か♯か、理解しているのに、指がついつい♯さわったり♭さわったり・・・
松葉記号書き込んでも意味なし!状態です
「わざわざ・・・なぜそこを押さえる!?」自分でつっこんで意気消沈の毎日w
身体がダメなほうに反応してしまいます
私も和音の嵐を特訓中でございます
だんだんと正確になってきているのはわかります
でも・・・
「音階でできてなぜ曲でできない!?」先生にも突っ込みまくられ・・・
だって和音の音階は階段になってるもん、慣れ、ってのもありますわなぁ
曲のなかではそうはいかん(--;)
ま、曲のほうだって覚えちゃえ!ってのもあるんですが・・・なかなか、ですね


智和 | URL | 2011.10.31 23:28

Re: タイトルなし

anisさん


> はあ~・・・その通りです・・・!
>
> 日頃は、音階の上下で、音を取ってます・・
> まったくもって横の動きに関してはメチャメチャ弱いです・・

確かに意外と盲点ですよね。実際に曲のなかで使うかどうかはべつとして・・・

> お師匠様に「この音階だと、なんの指が開いてますかぁ~?・・」っとか言われると・・・・
>
> さっぱりです・・・
> なぜなら、前の音を基準に半音なのか全音なのかでしか判断していないからなんです・・・

これ、前の師匠に散々訊かれました。
私の場合、頭の中にピアノの鍵盤を思い浮かべて考える(というか、そうしないと判らない)ので、ワンテンポ遅れてしまいます。

> なので、移弦ポジ移動は本当に苦手です・・・
>
> 色々な練習しないとダメなんですね・・・

うーん、確かにそうですね。指の間隔も全部変ってきますし。

> ドッペル2楽章もなんですね~・・
> ゆっくりだけど、2楽章も好きです・・・

ゆっくりですけど、ポジション移動とか大変になっています。
ドッペルについては、まとめて記事にしたいと思っています。

credenza | URL | 2011.10.31 23:36

Re: タイトルなし

智和さん
> その、横の並びでただいま悪戦苦闘中^^;
> 隣の弦の音、目では全音か♭か♯か、理解しているのに、指がついつい♯さわったり♭さわったり・・・
> 松葉記号書き込んでも意味なし!状態です

なんと偶然ですねぇ。
で、この間師匠とこっそり確認していたのは、「真っ直ぐに横に移動しただけでは微妙に音程が狂う」という点です。たてと横、両方を満たす音程って難しいです。

> 「わざわざ・・・なぜそこを押さえる!?」自分でつっこんで意気消沈の毎日w
> 身体がダメなほうに反応してしまいます

耳をとんがらせて聴いていますが、やっぱり微妙なずれはどうしようもありませんね。

> 私も和音の嵐を特訓中でございます
> だんだんと正確になってきているのはわかります
> でも・・・
> 「音階でできてなぜ曲でできない!?」先生にも突っ込みまくられ・・・

あ、これは、もう場数の違いですね。音階弾くみたいに曲弾いていたら、曲になりませんから。

> だって和音の音階は階段になってるもん、慣れ、ってのもありますわなぁ
> 曲のなかではそうはいかん(--;)
> ま、曲のほうだって覚えちゃえ!ってのもあるんですが・・・なかなか、ですね

大事なのは、間違っているかどうかを理解しているか、ではないかと思います。
曲のなかでうっかりはずしても、それに気がついているかそうでないか、で全然違いますから・・・と師匠に慰められています・・・

credenza | URL | 2011.10.31 23:41

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。