スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

メニューイン・エネスコのドッペルコンチェルト 

2012.03.28 00:09  レコード棚から

 あんまりMixiは覗かないのですが、友人のibotarowさんのページ(その後blog記事にもなりました)を見ていたら、バッハのドッペル、正確に書くと「2つのヴァイオリンのための協奏曲、BWV1043」のSPレコードが話題になっていました。(で、ついでに私のことも出てきたりして(笑))

 以前にもどこかで書きましたが、この曲の名録音とされるレコードが沢山ある中で、初録音(?)となったクライスラーとジンバリストによる盤の他にも未だに名盤とされる録音の一つにメニューインとエネスコがソロを弾いている録音があります。
b0050920_040259.jpg

 ジョルジョ・エネスコはルーマニアの作曲家ですが、ヴァイオリンの名手・名教師としても知られ録音もそこそこ残っています。人気の方も中々でソロのSPレコードなどなかなか高価なものですが、弟子のユーディ・メニューインとのこの録音は数多く出回っており、比較的入手しやすいものです。

 録音は1932年、メニューイン若干15歳。後に彼はオイストラフ他、大勢の名ヴァイオリニストと組んでこの曲を録音しますが、もちろんこれが初録音です。

 不思議というか、この曲のレコードにありがちなことに、どっちがファーストでどちらがセカンドかはレコードレーベルには記載がありません。

 しかし、あらえびすの「名曲決定盤」などをみても、全ての記録がメニューインがファースト、エネスコがセカンド・ヴァイオリンとしており、実際に聞いてみてもやや力が入って元気良く鳴るファーストにくらべて、しっとりとこれを支える感じのセカンドをみても、師のエネスコがセカンドに回っているようです。

 リンクにあるSLANさんもMixiで「ドッペルの思い出」など書かれていますが、現在一年近くかかって3楽章に取り組んでいる自分としても何かまとめて書いておきたいと思っています。

 その前にこの録音。メニューインとエネスコの絶妙の組合せが楽しめます。

 伴奏はピエール・モントゥー指揮のパリ交響楽団。1932年パリ録音のSPレコードを蓄音機HMV163で再生しています。

 部屋が狭いので弱音針で鳴らしていることもあってちょっと貧相な音ですけど・・・第1楽章です。




 ちなみに復刻盤のCDはNAXOSから出ています。同じくメニューインによるバッハのコンチェルト1番と2番とのカップリングでいずれもなかなかの名演ぞろいです。

J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番, 第2番(メニューイン)(1932 - 1936)J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番, 第2番(メニューイン)(1932 - 1936)
(2001/11/01)
J.S. バッハ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

タグ : バッハ ドッペルコンチェルト 第1楽章 HMV163

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。