スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

半年ぶり?のレッスン その1

2013.03.01 23:04  レッスン日記

2013.03.01

久しぶりに開いたこのブログ、すっかり更新が滞っています。
お正月以来ですから・・・もう誰も読んでいないでしょうね(笑)

昨年8月末にこちらに来てから、もちろんヴァイオリンのレッスンは中断、一人でこそこそ練習する毎日でした。

で、2月半ばからしばらく帰国する機会があって、久しぶりに師匠に見ていただくことになりました。

とはいうものの、自宅から徒歩数分のところにある教室はもうやめてしまったので、そこは使えず、また、お忙しい師匠のご都合もなかなかつかないので、ご自宅に伺うことに。
出発する前に「久しぶりなので一度きちんとレッスンしていただきたい」旨のメールを差し上げたら、「一度だと心もとない(?!)ので2回はやりましょう」とのありがたいご連絡をいただいたのですが、何しろ毎日40度近くある場所から真冬そのものの日本に帰ったのでいきなり体調を崩し、結局最初のレッスンはキャンセルせざるを得ず、電車を乗り継いで閑静な住宅街にある師匠のご自宅に伺ったのは出発の直前、3月に入ってからでした。

さっそくご挨拶して・・・と、「まずコーヒーでも」ということであれこれお話。一向にレッスンが始まる気配がありません。まあ、つもる話もありますから(笑)

半時間ほどしてようやく、開始です。
まずは音階から。

小野アンナの音階教本、これはこちらにも持ってきており、1オクターブの音階は大体ほとんどの調性でおわり、シフトを入れた2オクターブを始めたところです。

久しぶりのレッスンで緊張しているのか、音程はかなりボロボロ。それでもゆっくり繰り返しているうちにだんだん安定してきて、まずまずOKということになりました。

注意は、シフト。特に降りてくるときに指を弦から離さず、ぎりぎりまでポルタメントのように引きずってから正しい音程にくる直前に次の指と入れ替える、という練習をすること。これにより音程がより安定するとのこと。

なんどもやってみますが、シフトの際、かなり指に力が入っているのでなかなかスムーズに行きません。

何のかんのと言いながら、45分くらい音階ばかりやっていました・・・まさか師匠、半年分のレッスンを一回でやろうとしているのではないでしょうね(笑)

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。