スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

半年ぶり?のレッスン その2

2013.03.02 15:28  レッスン日記

(つづき)
ようやく終わった音階、次はカイザーです。「カイザー?まだやってたんでしたっけ?」とは師匠。あの、33番までやりましたけど、34番のオクターブなかなか上手くいかないんでずーっとやってます。

というわけで、まずはオクターブを重音で鳴らしながら弾きます。うーん、あちらで普段使っているヴァイオリンとはちょっと感覚が違うので余計に音程が微妙。

最初のうちはそれでもきれいにオクターブが鳴っていますが、だんだん怪しくなってきます。

ところどころ音程を直されながら弾き終わったところで、「意外とちゃんと弾けてるじゃないですか。」と師匠。注意は先ほどと同じでシフトするときに指を弦から離さず、滑らせること。それと1の指で音程をきちんと確保すること、です。

では譜面通りに・・・これ、これがうまくいかないのです。オクターブで重音押さえているときは、音がずれても瞬間的に指をずらせて調整できるのですが、一音づつスラーで弾いているとずれがはっきり目立ちます。

訂正される箇所がさらに増えながらも、最後まで通します。師匠のコメント「うーん、やっぱりオクターブの間隔がずれてきますから、そこをよく注意して。あとは、弓が随分指板寄りをひいているので、もうちょっとコマ寄りを弾かないときれいに響きません。」

もう一回の前に、いつも思っている4の指で押さえている音、この場合オクターブの高い方の音がどうもきれいに響かない、というか貧相な音になっている理由を尋ねますが「小指の押さえ方が不安的なのでは?」というくらいしか思い当たらないようで・・・

まあもう一度、譜面通りに注意深く弾いたところで、まあ、いいでしょう、ということになりました。

師匠の口癖は「クロイツェルの最初よりカイザーの後ろの方がずっと難しいです」、というもの。確かに。「でも、オクターブ、クロイツェルの何番かでまた出てきますから、しっかりやっておいてくださいね。」・・・

ここで「ヴァイオリンの持ち方が気になっているのだけれど・・・」と指導が入ります。
一つはネックを上にあげすぎていること、もう一つはヴァイオリンが左側に開きすぎていること。この二つに注意してしかも体に力が入らないように、ということなのですが、ついつい癖なのかそうなってしまうのですね。

なんのかんの言って、ここまでで1時間半経過。あ、お茶の時間は入っていません・・・

で、曲。

エックレスのソナタです。

なぜこの曲になったのか、よく覚えていませんが、最後のレッスンの時に「次はエックレスでもどうですか」と言われたのがきっかけです。その後、日本を離れる直前に師匠をお招きして我が家で蓄音器をかけたのですが、その時のリクエストはティボーが中心、中でもエックレスのソナタは2回かけました。どうやら師匠、自分でおさらい中だったような(笑)

ともあれ、最初から弾きます。ゆっくりと繰り返しも入れてずーっと黙って聞いていた師匠。第一楽章が終わったところで、「とてもよく弾けていますね。」と一言。

第2楽章。ここは一か所だけテンポの狂いを指摘されます。で、こちらもほとんどノーコメント。もう一度弾きなおします。今度はテンポもOKです。

第3楽章。懸案の緩徐楽章です。ゆっくりビブラートをかけながら弾いて終了。音程がちょっと微妙なんですけど・・・。師匠のコメント「ビブラート、手のひらでかかっているようだけれど、できれば腕からかけた方がいいのでは?もっとも、この曲はあんまりかけなくてもいいけど。」としばらくビブラートの練習です。これはちょっと別の記事にします・・・。

第4楽章。「やってます?」と聞かれますが、何しろ半年近く有ったわけで、一応通せます。コメントは「できればもうちょっとテンポを上げて、弓も飛ばせればいいですね。」ってそれはできませんって。

最後に一度最初からとおしておしまい。

合計3時間弱にわたるレッスンは終了です。

おやつの時間頃からお邪魔しているのですが、もう夕食の時間です。さすがにお暇しようとすると、「まあ、ケーキでも」ということになりまたしてもご馳走になってしまいました。

すっかり暗くなってしまったので駅まで送っていただきました・・・
スポンサーサイト

タグ : カイザー 34番 エックレスソナタ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。