スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

で、次の曲は・・・

2013.09.14 05:03  レッスン日記

2013.09.14

レッスンをしていただいたのが、かれこれもうひと月前。その後はお盆休みに入り、また私の方も少しバタバタしてまたこちらに戻ってきました。

その間に師匠からいただいたメール:

「この間は数ヶ月分を短時間(!)で一通り目を通したので、あまり突っ込んでやるところまではいきませんでした。でも音程はかなりよくなっています。時間がありませんでしたがビブラートも前よりよくなっていますがもうちょっとといったところでしょう!・・・」

ここまではよかったのですが、次の曲は何にしましょうか?というところで、

「ヴィターリのシャコンヌなどがいいのでは?と思います。」

と書かれていて!!!な訳です。

だって、あれ、難しいですよ、とはさすがに言えなくって、まあ、せっかく師匠がそうおっしゃっているのなら、と言うことで楽譜をコピーしてこちらに持ってきました。(そういえば、去年蓄音器をお聞かせした時にティボーの弾くこの曲が好きです、などと言ったような記憶が・・・)

手許にある楽譜は3種類。

・新しいバイオリン教本6巻(!!)
・演奏会用ヴァイオリン名曲集 第2巻

そしてなぜかカール・フィッシャー版 これにはちゃんとダーヴィット/シャルリエ編と書いてあります。

この中で一番丁寧に指番号が振ってありそうな「あたばよ6巻」をちまちま譜読みしていますが、最初からとても弾けそうにありません。

特にここはどうやって弾けばいいのか見当もつきません。重音トリル。

ダブルトリル シャコンヌ


ちなみに他の楽譜には指番号が振っていないのですが・・・指が動くかどうかはこの際別としても、1-4で押さえてしまうと下の音はともかく、上の音にはどうやってもトリルかからないと思うのですがどうでしょうか?Youtubeで動画をみても良くわかりませんでした・・・やっぱりこの曲、取り掛かるにはまだまだ早いような気がしてきました・・・今検索してみたら、こんなページが↓

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1335870663

やっぱり無理かなぁ、やめておいた方が無難でしょうか。

とりあえずベートーヴェンのロマンス2番なんかを弾いて遊んでいる時間の方が長くなってきています・・・



スポンサーサイト

| コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

下に tr と書かれているので下のミを1と2の指でトリルするのではないでしょうか?昔やりましたが全く覚えてません。

エメラルド | URL | 2013.10.08 17:09 | 編集

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。