スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

レッスン#24 その1 リュリのガヴォット(リベンジ編)

2009.07.25 00:05  レッスン日記

第24回 リュリのガヴォット (2009.06.27)

 さて、先週上手くいかなかったリュリのガボット。一週間師匠に言われたことを思い出しながらゆっくりと練習しました。

 で、レッスンに出かける前に久しぶりにミュートをはずして弾いて見ます。うーん、やっぱり今ひとつ音がきれいに響きません。ミュートをつけているとそこそこきれいな音がしているように聞こえるのですがやっぱりどうやっても貧相な音です。

 ちょっと駒がごくわずかに傾いていたので直しますが、やっぱり響きがよくありません。特にこの間かえたE線。なんだか音がひっくり返りやすくなっているような気がします。

 仕方がないので弓をさらにゆったりと動かすように少し練習してからレッスンに出かけました。

 今日は夏のような暑さ。師匠のお宅は地下鉄の駅から徒歩3分ほどのところにあるのですが、それでもレッスン室に伺ったときには汗だくです。さっそく調弦をはじめますが、微妙に合いにくく思わぬ時間がかかりました。どうもケース内の湿度が70%近くと高いままなのでペグの調子もよくありませんし、何よりいつもの響きがしないようです。

 で、リュリのガボット。早速通して弾きますが、汗で指が滑ってただでさえ不安定な音程ががたがたです。それでも一応最後まで弾きましたが、音程に気をとられたためかスラーを何回か間違ってしまいました。そのたびに師匠から「あ、そこスラー」と指摘され、弾きなおしました。

 「スラー間違うと、結局弓を元に戻すのにもう一回違った弾き方をしないといけないので2回間違うことになりますよね。だから暗譜をする時に特に気をつけて。譜面をはずすのはもう少し後でもいいかも知れないですね。」とのこと。

 ついでに付点音符の長さが不ぞろい。「これ、ずっと課題になりますから。上級者になってもやっぱりこれっていつも問題になります。」と師匠。まあ、いつものことですけど先は長そうです。

 いつも指摘されるスタッカートについてはさすがに今日は「きれいにできてますね。」とほめられました。というか、ほかにほめるところなかったようです(笑)。

 先週散々やったG線でドレと16分音符で弾いてD線のミに戻るところ。意識しすぎたのかちょっと早く弾きすぎたようです。もうちょっとゆっくりやって、ミの二分音符の長さをきっちりとりましょうということで、ここも何回がやり直します。

 そして、やはり中盤のアルペジオ。汗で指が滑るのは仕方ないですが、どうも前のめりに弾いてしまい、追っかけ音程も不安定になってしまいました。

 「ゆっくりやってみましょうか。CとG♯、それと低いB♭をきちんと取れるように。」師匠のお手本は本当にきれいに響きます。それに比べるととても同じ楽譜を弾いているように聞こえないのは情けないところです。

 まあ、何度かゆっくり引いて音程が取れていることを確認してから少しずつインテンポに戻していきました。やっぱりスピードが上がると、どうしても指がばたばたしてしまい、例によって「ちゃんと指を押さえてください。」と指摘を受けます。

 とりあえずなんとかここもクリアして一度通します。よろめきながらも一応弾きとおしますが、なんとなく今ひとつです。中盤の最後のリタルダンド、「もっとゆっくり弾いて、たっぷりとってから最後の部分に入りましょう。」ということで、最後に一度気合をこめて弾いたところ、「随分よくなりましたね。はい、OKです。」ということでようやくこの曲は終了となりました。ヤレヤレです。

(つづく)
関連記事:
#22 その2 今度はリュリ
#23 リュリのガボット 2009.06.20
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第2巻 リュリのガボット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。