スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

発表会の曲 その2

2009.08.22 00:33  発表会

少し前になりますが・・・発表会の曲、ようやく決まりました。

 しばらく前にアップした記事の通り、いろいろ悩んではいたのですが、弓探しだのでどたばたしていた間にメールで師匠とやりとりの末、結局バッハのブーレにすることになりました。

 発表会で弾く曲を選ぶ、条件を一言で言えば、「弾きたい曲の中で弾ける曲を選ぶこと」につきます。

 弾きたい曲は世の中にたくさんあります(笑)から心配はありませんが、その中で「弾ける曲」を選ぶことが重要です。ただ単に弾けるだけではなく、人前で(そこそこ)ちゃんと弾けること。これにはもちろん十分な練習が前提であるわけですが。

 そんなわけで、生意気ですが、私が独断と偏見で考えた選曲条件は、

(1)できればこれまでに習ったテクニックだけで弾けること
 教本をすすめて行く中で、そのときにやっている曲を選ぶという考え方には一理あります。しかし、安定したテクニックで弾けることは重要で、わざわざ難しい曲を弾くことはないと思います。極端に言えば1stポジションだけで弾けること。また、ハーフポジションの様に神経をつかう音程がなるべく出てこないこと。要はあがってしまっても何とかなるレベルの曲であることです。

(2)長い音符があまり多くないこと
 これはビブラートをかけられないと響きの点でどうしても聞き劣りしますし、長い音をひっぱると音程のまずさがわかりやすくなります。何もそういう曲をあえて選ぶことはないと思いました。

(3)落っこちにくい曲であること
 ピアノ伴奏がつくとはいえ、休符が中途半端にあると例えばボッケリーニのメヌエットのように休符の前後で落っこちやすいです。またピアノ伴奏が延々続いて途中で入る曲も難しいです。特にステージに上がって頭がボーっとしていると何が起こるかわかりません。

(4)とはいえ弾き応えがある曲であること
 いかに(1)~(3)の条件をクリアしていても、たとえば鈴木1巻の「こぎつね」を弾くというのは流石にちょっと抵抗があるわけです(笑)。 (1)~(3)までは必要条件ですがやはり十分条件としてはこれが大事だと思います。

(5)そして聴き応えのある曲であること
 本来であれば本末転倒なのですが、最後にこれ。そもそも発表会とは楽器演奏者の自己満足の場ではありますが、折角(運悪く?)発表会の会場に来て頂いた聴衆の方にもそこそこ楽しんで頂く必要があります。だから、あまりつまらない曲では申し訳ないわけです。

 そういう観点で師匠から言われた第3巻の7曲から選んでいくと、やはり結局このブーレになりました。(4)、(5)の点からはその前のガボットでもよかったかもしれませんが、こちらは装飾音のオンパレードなので実は(1)の条件をクリアしません(笑)。

 一方で、以前の記事のコメントでもちょっと触れましたが、この曲を選ぶにあたって気になったのは、
(1)無伴奏であること
(2)ついでにいきなり第3巻の最後の曲であること

の2点です。

 とはいうものの、鈴木の3巻にある7曲のうちでは一番親しみがありますし、もともとバッハの無伴奏はチェロもヴァイオリンも好きでしょっちゅう聞いていたので、折角発表会で弾く機会があるのなら、できればこの曲に挑戦してみたい、と思った次第です。師匠へのメールの中ではそういったこともお伝えしました。

 師匠からは「バッハはクラシックの中でも格別の難しさがありますが、やってみたい曲があるのはいいことです。せっかくなので是非やりましょう。鈴木は編曲されている上伴奏もついているので、まずはきれいな音を出せるようにがんばりましょう。」

 ということでブーレに決定しましたです。おお、これから大変だ...って後でもっと大変なことになるのですが、それはこのときにはわかりませんでした・・・

 この曲、もとはチェロ(無伴奏チェロ組曲第3番)ですが、ヴァイオリンやヴィオラ用にも編曲されています。まあ、録音ではヴァイオリンで弾いた演奏は手元にないのですが、オリジナルのチェロによる演奏は「神様」カザルスをはじめいくつか持っています。

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
(2007/06/20)
カザルス(パブロ)

商品詳細を見る
バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
(2005/06/22)
鈴木秀美

商品詳細を見る
バッハ/無伴奏チェロのための6つの組曲バッハ/無伴奏チェロ組曲
(1996/12/20)
フルニエ(ピエール)

商品詳細を見る
バッハ:無伴奏チェロ組曲 全曲バッハ:無伴奏チェロ組曲 全曲
(1994/08/01)
マイスキー(ミッシャ)

商品詳細を見る
バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
(2009/03/24)
堤剛

商品詳細を見る
バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)
(2004/11/17)
ビルスマ(アンナー)

商品詳細を見る

 で、改めて聞き比べてみると、これ、ちょっと本当に大変そうです。

 まず、テンポが想像以上に速い。カザルスしかり、鈴木秀美しかり。速いといわれている教本のCDよりもずっと速いです。なんであんなに激しくかつまた飛ばすんでしょうね。いえ、聞いている分にはかまいませんが、いざ自分で弾くとなるとあのスピードと表現はとうていマネができません。

 例によって手元にあるCDを引っかき回して聞き比べをしてみると、ピエール・フルニエ、ミッシャ・マイスキー(旧盤)あたりの演奏がしっくり来ました。テンポはそこまで遅くありませんが、カザルスなどに比べるとゆったり優しく響きます。ついでながら今年出たばかりの堤剛のCDも中古で手に入れて聞き比べです。これ、いいじゃないですか。あ、ピリオド楽器もいいですけど、モダン楽器で弾いているビルスマもいいですね。お気に入りです。

 ちなみに聞いた感じでは、フルニエが鈴木教本のCDと近いテンポ、マイスキーの方は心持ちゆっくりといった感じです。

 でも鈴木教本のCDの様に軽く弾いてしまうのもちょっと抵抗があります・・・かといって、カザルスのように大げさではなく、これも好みで行くとマイスキーの様な感じでしょうか。

 なんだかごちゃごちゃ言っていますが、まずはとにかくきちんと譜読みをしないといけません。表情云々はそれからなのですが、やはり自分の実力を棚に上げて弾きたいように弾けるといいなぁ、と思っているところです。

関連記事:
発表会の曲 (2009.07.18)
スポンサーサイト

タグ : 発表会 バッハ ブーレ

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

おお、選曲決まりましたか!
おめでとうございます。
選曲条件、なかなか興味深いです。
特に、(1)と(3)は僕と真逆ですね(笑)
(2)はおおむね同意、(4)と(5)は同感です。
選曲は素晴らしいと思いますよ。
練習頑張って下さい。

この曲って、弾く人によってテンポの幅がメチャクチャ広いですよね。
冗談抜きで倍以上の違いがありますからねぇ。
マイスキーの旧盤は特にドラマチックなので、僕ら初心者が手本にするにはいいかもしれませんよね。
あっさり弾くのは、ドラマチックな演奏が当然のように出来るくらいの技術がないと、全く面白味が無くなっちゃいそうです。

そうそう、僕も選曲決まりましたよ。
散々悩んだ挙げ句、結果的には最初にやろうと思っていた曲になりました。
そのうちブログのネタにしますので、お暇があったら読んでみて下さい。

che | URL | 2009.08.23 00:24

Re: タイトルなし

cheさん
ありがとうございます。結局最初の思惑どおりの曲になりました。

> 選曲条件、なかなか興味深いです。
> 特に、(1)と(3)は僕と真逆ですね(笑)
> (2)はおおむね同意、(4)と(5)は同感です。

ははは。なるほど、(1)と(3)は逆ですか。これも良くわかります。
せっかくの機会なので色々チャレンジする、というのはすばらしいことです。

しかし、また記事にしますが、選曲決定後すでに(1)は大きく崩壊しております(悲)

> この曲って、弾く人によってテンポの幅がメチャクチャ広いですよね。
> 冗談抜きで倍以上の違いがありますからねぇ。
> マイスキーの旧盤は特にドラマチックなので、僕ら初心者が手本にするにはいいかもしれませんよね。

 おっしゃるとおりです。いろいろ聞き比べてわかったのは、「好き勝手にやっても問題な指そう」という点です。多分師匠は鋭くそれを感知して、のっけから牽制球投げてきていますが(笑)

> あっさり弾くのは、ドラマチックな演奏が当然のように出来るくらいの技術がないと、全く面白味が無くなっちゃいそうです。

 そうなんです。素直に弾いてもなぁ、という曲の典型ですね。教本付属CDなどはその例のように思います。


> そうそう、僕も選曲決まりましたよ。
> 散々悩んだ挙げ句、結果的には最初にやろうと思っていた曲になりました。
> そのうちブログのネタにしますので、お暇があったら読んでみて下さい。

 をを!おめでとうございます。
 とうとう決定ですね。ひょっとして、師匠と重奏されるのでしょうか?
記事のアップ、楽しみにしております。

credenza | URL | 2009.08.23 14:45

決まりましたね!

発表会の曲の決定、おめでとうございます!

バッハのブーレですか~!
やっぱり!という感じです。

また(1)~(5)も興味深く、拝見さえて頂きました。
とくに(5)は素晴らしいご意見だと思います。

発表会は、あくまでもお披露目の場なので、
観客を意識することが大事だと思います!

がんばってくださいね!

ありるま | URL | 2009.08.27 12:38 | 編集

Re: 決まりましたね!

ありるまさん
とうとう決めました!やっぱりこの曲にしました(笑)

> また(1)~(5)も興味深く、拝見さえて頂きました。
> とくに(5)は素晴らしいご意見だと思います。

 ありがとうございます。結局「弾きたい曲で弾ける曲」ということになるのですけど、なかなかバランスが難しいですね。

> 発表会は、あくまでもお披露目の場なので、
> 観客を意識することが大事だと思います!

 人前でステージに立つのは随分久しぶりなので、ちょっと心配です。

> がんばってくださいね!

 ありがとうございます。またこの曲のレッスンが始まったらアップしますね。

credenza | URL | 2009.08.27 20:40

こんばんは

発表会の曲、決定ですね。

バッハのブーレ、素敵です~
この曲大好きです。

それと選曲に当たっての5つのポイント
すごく参考になりました。
私なら(2)は思いつきません・・・

credenzaさんバッハ無伴奏チェロ組曲のCDも
たくさんおもちなんですね。
実は以前からこの曲のCDを購入しようと
思っていたのですが、迷っていました。

こちらもすごく参考になり、まずはマイスキーに
しようかなと思っています。
この曲、youtubeで確認したら自分のイメージより
ほんと速い~

発表会に向けての練習スタートですね。
頑張ってください!

ゆこべえ | URL | 2009.08.27 23:39

Re: こんばんは

ゆこべえさん
やっぱり最初にいいな、と思った曲にしました。

> それと選曲に当たっての5つのポイント
> すごく参考になりました。
> 私なら(2)は思いつきません・・・
 これ、普段から自分の弾いている音がどうしようもなく貧弱なので、なるべくボロが出にくい方がいいと考えたわけです。ちょっと情けない理由ですが。

> こちらもすごく参考になり、まずはマイスキーに
> しようかなと思っています。

 この中では録音の新しさを含め、マイスキーが一番お薦めだと思いますよ。ちょっと思い入れの強い演奏ですが。聞きなおしてみると、穏やかだと思っていたフルニエの演奏が実はかなり力のこもった物だと判ったり聞くたびに発見はあります。
 あと、ここに挙げるのを忘れていましたがロストロポーヴィッチの演奏もしっかり丁寧に弾いていてお薦めです。ヨーヨーマは好みが分かれるかもしれません。明るく、楽しくっていいのですけど・・・

> 発表会に向けての練習スタートですね。
> 頑張ってください!
 ありがとうございます。でも師匠は、まだ、時間あるからと言ってレッスンしてくれないのです・・・

credenza | URL | 2009.08.28 00:31

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。