スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

レッスン#27 ボッケリーニのメヌエット 2

2009.08.25 23:56  レッスン日記

以前書いたとおり、今回のレッスンはあらかじめ師匠に楽器屋さんから弓をかりて持ち込むことをお伝えしてあったので、まずは弓の弾き比べから始まりました。6本も持ち込んでしまったので、とっかえひっかえ、師匠と交代で弾いて比べていきます。

 結局2本残ったところで、弾き比べ終了。というところは前の記事(弓探求・其三 試奏編)に書いたとおりです。

 結構疲労困憊していましたが、師匠が「せっかくだからレッスンもやっていきましょうか。」ということでよろよろと宿題のボッケリーニを弾きます。

 が、さんざんいろんな弓を弾き比べたあとで自分の弓(1万5千円)にもちかえると勝手が相当違い、なんだかいつもの調子がでません。いや、いつも調子は出ていないのですが、それすらでません。

 どういうわけかこういうときは走ってしまうので、さっと通したところで師匠から「何言われるか、わかってますよね?」ということで叱られます。

 「いまのテンポの1.5倍ゆっくりでいいですから、きちんと弾きましょう。ちなみに先週に引き続き4の指が低いです。」とのこと。

 出だしのところで、きちんとD線に移弦してからアクセントをつけるように、ということですが、なかなかきれいにアクセントが付きません。「ここはいったん音を切って、移弦、それから改めて弾きなおす形で練習してください。」と楽譜にとりあえず印をします。「この線、できるようになったら消していいですから。」と師匠。
Boccherini 1
 ついでに強弱。「この 2段目の らーふぁ のところはきちんと音量を考えて。有名なところなのできれいに響かせましょう。」 
 
 後半。指が回りきっていないので、ガタガタです。スタッカートであがってから降りてくるところ、これも移弦がきれいに言っていないので師匠はだまって開放弦を響かせます。

 はい、開放弦でちゃんと練習して来い、ということですね。実はやってるのですが、ここは移弦とともにいきなり4の指でミレドシとやるのと、そのつぎはE線のファのあとはD線でラソファミとまた4の指から始まるので、成功率はまあいいところ50%なのです。
BocMinuet 002
 それから・・・「あ、ここのところミスプリですからね。ちゃんとスタッカートであがってください。」と師匠が最後から2段目の段であがってくるところの音をすべてスタッカートに変えてしまいました。

 変だなぁと思いながらここはわざわざ普通に弾いていたのですが・・・先週言ってくれても良かったのに。多分師匠忘れていたのでしょう。

 ついでに、最後の小節。DCで戻るときには半弓で弾き、余裕をもって最初に戻ること。それから、でっかい左向きの矢印は・・・走るな!の意味です(笑)

 あとは・・・例のら ららら、のところ。さすがに先週で懲りたので弓使いと数はちゃんと数えているのでそこはOKですが休符。「ここもともと弦楽五重奏で第二ヴァイオリンが伴奏に回るところです。伴奏は走るとアンサンブル がめちゃくちゃになるので絶対走らないこと。ちゃんとカウントとってくださいね。」と今度は各小節の最初の八分休符で師匠が手をたたきます。で、最後のところどうするんだろうなぁ、と思いながら弾いていると・・・師匠が落っこちました(笑)
BOCC002.jpg

 「まあ、もう一週間やりましょうか、この曲。」ということで6本の弓の弾き比べで師匠ともども疲労困憊したレッスンも無事終了しました。

レッスンの記録:
第27回目 (2009.07.25)
 ・弓の弾き比べ(とりあえず終了?)
 ・ボッケリーニのメヌエット(継続中)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第2巻 ボッケリーニのメヌエット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

凄い

凄い書き込みですね~でも、なんだか熱心さが伝わってきますね。
と、言いますが…
凄く難しそうな楽譜ですね(汗
私はメヌエットは苦手なんですが、これもやはりスタッカートだらけなんですね…
私には弾けそうにありませんが、credenzaさんならすらすら弾けちゃいそうなイメージがあります。
応援してます!!

ありょう | URL | 2009.08.26 23:30

Re: 凄い

ありょうさん
 いえ、凄いわけではないです・・・でもおっしゃるように、最近師匠の指導に熱が入っていて、結構叱られています。まあ、私の方が年だけは随分上なので、師匠も多少は遠慮はされているようですが。

 私も最初2巻を開いたときは、「これは絶対弾けっこない!」と思いましたが、何とかなるものです。(実際にはなんともなっていないのですけど・・・)

 ありょうさんも遠からず必ず弾けるようになると思いますよ。
 スタッカートは・・・私もまだ全然ダメです。先週もこってり絞られました・・・お互い頑張りましょう!

credenza | URL | 2009.08.26 23:49

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。