スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#28 ボッケリーニのメヌエット ~鈴木第2巻終了

2009.08.31 00:01  レッスン日記

第28回 レッスン日記 (2009.08.01)

 前回のレッスンはほとんどの時間を弓選びに費やしたお陰で、レッスンはほとんど進みませんでした。で、「まあ、もう一週間」の成果や如何。

 ・・・なのですが、結局楽器屋さんから2本の弓を借りてきており、一週間毎日のようにとっかえひっかえいろんな曲を遊びで弾いていたので、あまり練習にはなりませんでした。

 もちろんそれぞれの弓でボッケリーニも弾いてはいるのですが、どうしてもあれこれ弾きたくなるので宿題の練習不足は否めません。

 ということで、帰りに楽器屋さんに寄ることにして、2本の弓もあわせてレッスンに持ち込みます。

 師匠は「決まりましたか?あ、やっぱりこっちにしたのですか・・・じゃあ、せっかくなのでその弓でやってみましょう。」と言うことでレッスンが始まりました。

 が、今日はどういうわけか調弦にいつもより時間がかかってしまいました。A線が結構狂っていた上にD線のペグが上手い具合に止まりません。あれこれやって、ようやくまあまあのところでセット。

 さっそく弾き始めますが、なんだか調子がでません。随分家でやってきたときにはそこそこ弾けたような気がしたのですが・・・汗で指が滑ることもありますがやはり弓を変えると、まだ感触になじんでいないせいか、なかなか調子がでないような気がします。

 で、今回の指摘事項は

〇走らない。とくに後半の上から降りてくるところは簡単なだけにすぐにテンポが上がっている。しっかりテンポを守って弾くこと。(譜面に大きな左向き矢印が書き込まれました(笑))
BocMinuet 002

〇スタッカートの切れが悪く、音がつながっている。
 これはちょっと不思議です。新しい弓はよくスタッカートが切れるのですが、緊張しているせいでしょうか、何となく音が残ってしまいます。スタッカートが切れやすくなったので、逆にそれほど力を入れて弓を止めなくなったためかもしれません。ちなみにスタッカート、この後随分苦しむことになります。

〇休符をきちんととる。「ちゃんと休符の長さを数えましょう。数えられないときは伴奏が入っていると想像してやってください。」、とのこと。

 特に今日はD.C.で繰り返し最初に戻ってくるところの八分休符をしっかり確保することを指摘されました。移弦で れられ と戻ってきてまた最初にくるのですが、最初の繰り返しで曲の途中に戻る場合と2度目に曲の最初にDCで戻る場合に休符の数が違うので、そこもしっかりやりましょう、ということですが、まあ、伴奏がないので適当なところでお開きになりました(笑)。

〇アップでのアクセント、強弱。アップで弾いているとなかなかきちんとアクセントがつかないので気をつけること。先週指摘された通りです。

〇音程 特に、2段目のドーミ シーミミ の後、ラーミ ソーミミの最後のソ#をとるとつられてミの音が高くなってしまう点。これ、A線のシとD線のミを同時に1の指で押さえているのですが、ドの時はまだしも、3の指でラ、そして2の指でソをとるとつられて1の指が上がってしまいがちなのです。対策としては、せっかく押さえた1の指ですが途中で押さえ直す、ということで対処しました。

等々です。まあ、これまでの指摘と大差なく・・・毎度のことながらあまり進歩が感じられませんねぇ。

 と言うわけで何度か弾きなおします。

 ごそごそやっていると、とうとう師匠も根負けしたのか、「かなり上手く行くようになりましたね。特に最初の所はなかなか良かったです。この曲、これで終わりにしましょう。」と言うことで、ちょっと完成度は低いのですが一応これにて(めでたく?)鈴木教本第2巻が終了ということになりました。
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第2巻 ボッケリーニのメヌエット

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

鈴木の2巻終了、おめでとうございます!
さすがですね!

休符の取り方って、演奏していると難しいですよね・・・
一定のテンポできちんと演奏すること
大事ですが、これがなかなか厳しい・・・

ありるま | URL | 2009.09.01 12:22 | 編集

Re: タイトルなし

ありるまさん
どうもありがとうございます。
が、その後、3巻ではまりまくっていますので、全然進んでいません・・・

> 休符の取り方って、演奏していると難しいですよね・・・

 そうなんですよね。メロディ弾いているときの休符はまあ、何となくちゃんと行きますが、伴奏に回って合いの手入れるところだと、うっかりすると半拍から1拍遅れてしまいます。

> 一定のテンポできちんと演奏すること
> 大事ですが、これがなかなか厳しい・・・

 そうそう・・・メトロノームに合わせて弾く、のがいいのはわかっていますが、どうもあの電子メトロノームが気に入らないのでダメなのです(笑)

credenza | URL | 2009.09.02 00:16

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。