スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

スタッカートの練習

2009.09.24 00:00  レッスンの周辺

このレッスン日記をずっと読んで頂いている方には「またか」と思われるかもしれませんが、師匠から指摘される事項ってほとんど毎回同じです。

 レッスンで同じことを指摘されるのは時間がもったいない、というか情けないことではありますが、出来ないものは出来ないので仕方ありません。伊達に歳はとっていないので開き直るところは開き直りです(笑)。

 ことスタッカートについては、前回のレッスンで「スタッカートは簡単な曲で練習するように」と言われたばかりです。

 実はレッスンの最後あたりで、「そういえばスタッカートが一杯あったのは・・・ゴセックのガヴォットですね。」と言ったところ、師匠は複雑な笑いを浮かべていました。そして師匠がごそごそと「新しいヴァイオリン教本2」を引っ張り出してあれこれ曲を探していたのですが見つからず時間切れ、となったのでした。

 で、家に帰って来て「そういえば」、と取り出したのが鈴木教本の1巻。流石にキラキラ星で練習するのもなぁと思ってページをめくっていると、やっぱりありました。

 「8番アレグロ」と「10番アレグレット」です。特に10番はほとんど全部スタッカートではないですか。これでセコセコとスタッカートの練習を行うことにしました。

 まあ、以前に比べればずっと出来ているはずなのですが、やはり今一。その上、曲が曲だけにどうにも単純なので退屈します。(そういえば以前・・・「鈴木センセ作曲のやつは退屈」、って記事に書いた記憶が・・・(笑))

 そこで・・・ぜーんぶ3ポジで適当に弾くことにしました。で、やってみると結構大変です。うーん、スタッカートと3ポジの練習が両方一遍に出来るのはお徳です(?)

 ついでに昔、コーラスをやっていた頃のお遊びを思い出しました。

 シューベルトの「野薔薇」。あの「わ、ら、べは みーたありぃ」で始まるヤツです。これ、近藤朔風の訳ですね。もう一つ有名なのにウェルナー作曲の「野薔薇」もありますね。実はこちらは同じ近藤朔風でも別の訳詩があるのですが、最近ではどちらも、同じ訳詩で歌われています。(注)こちらはゆったりと「わ~らべ~へわぁ みぃ~たりぃ~」というあれです。schubert.jpgwelner.jpg

 いずれも可愛らしい曲ですがメロディラインが根本的に違いますし、大体拍子もばらばらです。

 そこで、冗談半分で一小節づつ、シューベルト→ウェルナー→シューベルト・・・と歌うわけです。これ、半端でなく難しい(笑)というか、もう大混乱です。でも、しっかり頭の中で二つのメロディを歌って時に応じて切り替えていく、という極めて高度ながらも全く役に立たない練習となりました。



 
 そこで・・・さっきは全部3ポジで弾いた曲。今度は一小節づつ1ポジ→3ポジとやって見るとこれはもう、ウルトラC級に難しくなり、もう一回やっただけでダウンしました。特にアレグレットは大変です。

 と言うわけで、スタッカートの練習は適当に(笑)1ポジと3ポジを上がったり下がったりしながらやることにしました。うーん、手がつりそうで、一体何をやっているのか、やっている本人も忘れそうになるのが玉に瑕ですが(笑)。

(注)シューベルトとウェルナーの野薔薇、ゲーテ作の歌詞にそれぞれが作曲したものですが、訳詩は2つあります。この詩に曲をつけたのはこの二人に限らず、かつて21名の作曲による野薔薇を集めた本も出ました。ちなみに二つの野薔薇の訳詩とその考察について、面白い記事がありますので勝手にリンクを貼らせて頂きました。
スポンサーサイト

タグ : 日々の練習 スタッカート

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。