スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#32 その2 バッハ:ブーレ

2009.10.01 00:00  レッスン日記

レッスン日記 第32回 その2 バッハ:ブーレ (その1)
 
 と言うわけで、ようやく発表会の課題曲、バッハのブーレに取り組むことになりました。果たして間に合うのか??

 最初に師匠から、「この曲、速く弾く曲ではないのでゆっくり弾いてくださいね。それから、バッハですし、一つも違う音が出ないように!」としっかり釘を刺されます。走りがちになるパッセージがあること、良くご存知です(笑)。

 一応、ストレートに弾きはじめます。

 まずはブーレI の方。音程がまずいところはそれほどありませんが(一ヶ所、ドがナチュラルになっているのを間違えた)、スラーの掛け違いが気になります。師匠いわく、「音をとるのは大丈夫だけど、スラーまでちゃんと頭の中に入っていないですね。スラー一度間違うとずっと間違ったままになってしまうので気をつけてください。」

 まず最初に2回出てくる重音の弾き方。3音が重なっていますが、この場合明らかにメロディラインに乗ってくるのは一番上の音、つまりファとドなので、下の2音と上の音の2つに分けて弾くこと。3つの重音の弾き方は、(1)3つ同時に鳴らす、(2)1+2に分ける、(3)2+1にわける、(4)真ん中の線を二回弾く(つまり、1+2、と2+3と弾く。いわば2+2)の合計四通り。今回はパターン(3)というわけです。
Bourree1-1a.jpg
 具体的には下の2音(レ、ラ)を纏めて、前打音のように早めに弾いた後で、上の音(ファ)が楽譜どおりのタイミングで弾けるようにすること。さもないと一音あまってしまう!ということだそうです。うーん、やってみるとですね、意外と大変でどうしても3音均等に、弓を弦に沿って弧のように動かしてしまいます。これはダメ。ということで何度かジャーンと弾きます。

 そういえば、重音って習うのは初めてです。あ、毎回調弦はやってますけど。なかなか師匠がおっしゃるようなタイミングでバランスよく弦が響きません。まあ練習あるのみですね。
Bourree1-3a.jpg
 3段目(13小節目)、最初に楽譜に書き込まれたポジション移動(1ポジでシにあがってから、いきなりソを3ポジでとる)というのはやりにくいので、その前のラの音から3ポジにあがるよう変更。「ここの3ポジ、厳しいです。」といったので、1ポジに戻すのかと思ったら・・・。次のレ♯が低くなり勝ち。その次のミラ ソファミの初めのミ。開放弦ではなくって次の小節の指使いにあわせてA線の4。だんだん難しくなります・・・
 
Bourree1-6a.jpg ついでに27小節目。26小節目でシソレレ、シソレソとやる最後のソから3ポジにあがって降りてくるのですが、最後のレシだけスタッカート。これ、うっかり忘れがちです。

 その上、この部分3ポジに上がるのはいきなりA線の4でとるソ。で、次はレをA線の1でとった後はD線ですから波乱万丈です。まあここはスタッカートがついているとはいえ、1ポジに戻ってくるレが開放弦なのでシフトに一拍分稼げるのがせめてもの救いです(笑)。

 あと2段目、5段目、6段目。移弦がきれいにいかず、雑音まみれになっているのでちゃんと開放弦で練習すること。はい。わかってはいますが、先週はずっとマルティーニやっていたので、ブーレ、実は2,3回しか弾いていないのです・・・

 ということで前半はお仕舞い。来週はここまでやってくることになりました。

 ついでに「ブーレIIの方も譜読みしてあります?」とお尋ねになるので、それはまあ、やってますということで、一度ゆっくり通します。

 ここはスラーの掛け違いの嵐で、いちいち訂正されました。って、こちらの見間違えなんですね。ブーレ2の方は1にくらべてゆっくりなことと、基本的にアルペジオの連続に近く、音があまり飛ばないのでなんとなく頭に入っているのです。

 音程の注意としては、ファ♭、シ♭。たまーにきちんと下がりきっていないところがあること。

 次。最後から2段目。その前の段のアウフタクトから3ポジに上げたのですが、その次の段は3ポジから一部2ポジに変更したのですが、一ヶ所指使いを書き間違えてハーフポジションになっており、やたら難しくなっていたのを修正。最初の小節4拍目のドレから2ポジです。でラーとフォルテでのばしてから、ファ♯で1ポジに戻ってくる形に変更になりました。
Bourree2-5a.jpg
 一応前の指使いで練習していたので、ちょっと弾き難く感じました。まあ、これは来週以降の課題と言うことで・・・

 今回のレッスンではマルティーニのガヴォットがさらっと上がったのに比べ、ブーレの譜読みは結局全曲やる羽目になり、3ポジの指使いの変更を含め随分ハードなレッスンでした。うーん。前途多難です。

レッスンの記録:
第32回 2009.09.05
・1.マルティーニ ガヴォット(終了)
・7.バッハ ブーレ (譜読み開始)
スポンサーサイト

タグ : 鈴木第3巻 バッハ ブーレ 発表会 課題

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。