スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

初めてのレッスン   2008.12.14

2009.06.16 00:18  レッスン日記

 体験レッスン後初めてのレッスンは、ヴァイオリンの構え方から。

 先週に引き続き、持ってきたサイレントヴァイオリンをとりだそうとすると、師匠から「せっかくなので、ここではこの楽器を弾いて見ましょう。」ということで、練習用のヴァイオリンを渡されました。f字穴からこっそり覗くとちょっと古いイタリアの楽器のようでした。お値段は「ちょっとした軽自動車が買える」くらいだそうです。

 始めてしっかり自分で弾いてみた楽器はサイレントとはずいぶん音の出方が違います。なにより軽さにおどろきました。うーん、いい感じです。
 
 早速、ヴァイオリンと弓の持ち方を教わり、ギコギコと「キラキラ星変奏曲」を練習し、ついでに次の「ちょうちょう」をなんどか弾きました。

 最初から気になったのが指番号。昔昔ピアノを弾いていた頃習ったのは左右とも親指から順に1,2,3,4で小指が5です。ところがヴァイオリンは開放弦がゼロで人差し指から順に1,2,3で小指が4なわけです。

 「ちょうちょう」をA線で弾く際に指使いを師匠が「3,1,1,2,0,0」などと歌ってくださるのですが、これが却って混乱してしまいます。では、ということで「レシシ、ドララ」と音名で言われると今度は・・・昔ハ長調で覚えたちょうちょうの「ソミミ、ファレレ」と音は聞こえるのにイ長調の音名で言われるとこれも何となく居心地がわるいものです。

 まあ、弓はあちこち滑るし、音は裏返るしでろくなことはありませんが、単純に見えるこの変奏曲、実は結構いろいろ基本的な要素が含まれているようで、「来週までにがんばって弾けるようにしてくださいね。これ結構難しいんですよ。」と師匠から言われてこの日のレッスンはおしまい。

 あっという間の一時間でしたが、寒いのに結構汗をかいてしまいました。半分冷や汗?
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。