スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

発表会と暗譜

2009.10.14 01:45  レッスンの周辺

ある日のレッスンで「本番で落っこちてもちゃんと戻ってこれる様にするためには、指だけでなくちゃんと頭で楽譜を覚えていること。」と師匠。

 暗譜って昔から苦手です。大体合唱をやっていたくせに歌詞からして覚えるのが苦手だったりして、細かい譜面となるとなおさらです。なものですから、本番で上がってしまって落っこちたらもう、戻ってこられないかもしれません。

 一人で楽器を弾くためにステージに上がるのは、人生二回目か三回目です。なのでたぶん上がってぼーっとしてしまうのはほぼ確実です。そうなっても何とかなるように練習しておく、ということが大事なのは良く理解できます。

 まあ、前回の器楽ソロでステージに上ってから40年近く経っていますし、その間の「亀の甲より年の功」と合唱他でステージに立った経験もありますので、そんなにひどいことにならないことを(密かに)期待しています。そういえば、遠い遠い昔、本番でいきなり止めて最初から振り直したこともありましたっけ・・・若気の至りですね(笑)。

 ともあれ、暗譜って結構厄介です。大体、譜面をそのまま画像として覚えられるか、というと得手不得手があると思います。

 この「画像記憶型」で有名な話としては、ディミートリ・ミトロプーロス(指揮者)は、電話帳を30秒ぐらいにらむとそのまま画像として覚えてしまい、誰の番号でもちゃんと間違えずに言えたとか。こうなると、暗譜は結構たやすく、頭の中にある画像をもう一度その場で読めばいいわけです。最近はやりのフォトリーディングに近いかもしれません。

  一方、全てを暗譜で振っていた指揮者のなかで、トスカニーニは極度の近眼のため楽譜に目を近づけてなめるようにして覚えていたようです。どの道近眼でスコアなど見えないわけですから、暗譜せざるをえないわけです。これ、全体を一度に見ているわけではないのでそれぞれの楽器について音楽の流れとして覚え、それを重ねあわせて全体を理解していたのかもしれません。

 まあ、幸い今回覚えなければいけない譜面は、ヴァイオリン・ソロですから何しろ一段なので、オーケストラやオペラのスコアを覚えるのよりはずっと簡単です。それでもやはり歳のせいかなかなか頭に定着できずに困っています。あ、ピアノ伴奏がどうなっているかも一応見ておかないといけません・・・ああめんどくさい。

 指で覚えてしまう他に、頭できちんと暗譜する方法って他にあるのでしょうか??

aidaDSCF5790.jpg
スポンサーサイト

タグ : 発表会

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんにちは。初めまして。
四十路仲間としては読み逃げできない話題です。
というのも、ここ数年、五分前の事さえうっかり忘れてしまうような体たらくで、真剣に脳みその心配をしてしまう日々であるにもかかわらず、発表会となると、暗譜せざるを得ず、憶えたと思って出ては、それまで一度も間違った事がないような所をふっとばす、なんてことを二年続けてやってしまいまして。
寄る年波には勝てないのか、と夜空を見上げつつ涙にかきくれ、諦めが入っていた所だからです。

「画像として憶える」のは効果的だと思います。
今年の曲は、最初この状態で憶えていました。
「どうだったかな」と思ったら記憶の中の譜面を読む。そのことに己でびっくりしたのを憶えています。
大昔、ピアノを習っていましたが、こんな覚え方をしたことがなかったからです。
最後までその調子でいけたら失敗しなかったかな~と後悔したのですが、そのうち指で覚えてしまうと、面倒になって視覚で憶えるのやめてしまったんですよね。

というわけでcredenzaさんのフォトリーディングの行く末に興味津々です。
がんばってください。

i-hana | URL | 2009.10.14 17:40 | 編集

暗譜ですが、真面目に言うならばひたすら譜面とにらめっこな自分です。
毎回ドラえもんの暗記パンがほしいと思います。
あれがあれば楽勝なのになーーと現実逃避とかして、また暗譜に戻るんですが(笑)
ステージで落ちるとかボーっとしてしまいそうっていうのは、多分私もそうなりそうです(汗
極度に緊張しない方法というのが知りたいものですよね。

ありょう | URL | 2009.10.14 23:44

こんにちは。

なんと!credenzaさんは指揮もされてたのでしょうか!?

確かに本番はいろんな事が起きますよね^^;
近年、一番の悩みは同じく暗譜です(>_<)

で私はこんな感じで工夫しております
歌の場合はとにかく歌詞という切っても切り離せない
呪縛のようなものがありますので
詩の内容を自分なりにストーリ仕立てにして
前後で関連づけて展開させていく

曲をブロックに仕切りその中で
ポイントとなる箇所を見つけ頭の中で映像的にとらえる

普段の練習に取り入れて体に染み込ませるようにすると
いいかも知れません
発表会がんばってくださいませ~(^^♪

リリカフェリーチェ | URL | 2009.10.15 21:29

Re: タイトルなし

i-hanaさん

はじめめして。

> 四十路仲間としては読み逃げできない話題です。
あはは。これに懲りずいつでもコメントくださいね。

>それまで一度も間違った事がないような所をふっとばす、なんてことを二年続けてやってしまいまして。

これこれ、これが一番恐ろしいのです。というか、今やっている曲のメロディがふと頭に浮かぶのはいいのですが、「これ何の曲だっけ?」と一瞬悩んでしまう自分が恐ろしいです(笑)

> 「画像として憶える」のは効果的だと思います。
> 今年の曲は、最初この状態で憶えていました。
確かにそうなんですけど。これ、苦手なんです。

> 「どうだったかな」と思ったら記憶の中の譜面を読む。そのことに己でびっくりしたのを憶えています。
> 大昔、ピアノを習っていましたが、こんな覚え方をしたことがなかったからです。
私ももっと大昔(笑)ピアノやっていましたが、その頃はまだ幼少のみぎりで何でも覚えられました。

> 最後までその調子でいけたら失敗しなかったかな~と後悔したのですが、そのうち指で覚えてしまうと、面倒になって視覚で憶えるのやめてしまったんですよね。
そうそう。もう指で覚えてしまっていまして、目をつぶっていても勝手にそこそこ正確な音程で弾けるようになりました...

> というわけでcredenzaさんのフォトリーディングの行く末に興味津々です。
> がんばってください。
ありがとうございます!大体の楽譜の形は覚えたのですけどまだ頭の中で楽譜が読めるほど覚えていません。

これからもよろしくお願いします!

credenza | URL | 2009.10.15 22:59

Re: タイトルなし

ありょうさん

こんばんは。

> 暗譜ですが、真面目に言うならばひたすら譜面とにらめっこな自分です。
結局こうなるんですけど、例えばこの間やっていたマルティーニのガボットなんてよく似たパターンの繰り返しなので、この覚え方だけではとても正確に暗譜できませんでした。

> 毎回ドラえもんの暗記パンがほしいと思います。
> あれがあれば楽勝なのになーーと現実逃避とかして、また暗譜に戻るんですが(笑)
確かにそうですね。

> ステージで落ちるとかボーっとしてしまいそうっていうのは、多分私もそうなりそうです(汗
> 極度に緊張しない方法というのが知りたいものですよね。
車酔いとかの薬があるのですから、上がらない薬ってあってもよさそうですね。誰か作ってくれないでしょうか(笑)

credenza | URL | 2009.10.15 23:01

Re: タイトルなし

リリカさん

こんにちは。

> なんと!credenzaさんは指揮もされてたのでしょうか!?
えー、ずーっと昔、ピンチヒッターでしばらく合唱(+ときどきブラスバンド)の指揮をしていたことがありました。

> 確かに本番はいろんな事が起きますよね^^;
> 近年、一番の悩みは同じく暗譜です(>_<)
やはりプロの方もそうですか。

> 歌の場合はとにかく歌詞という切っても切り離せない
> 呪縛のようなものがありますので
> 詩の内容を自分なりにストーリ仕立てにして
> 前後で関連づけて展開させていく
なるほど。確かに歌詞はそうやって行くしかないですね。でも、ながーいオペラの歌詞でも結構覚えているものですね。中学生の頃はまっていた魔笛など30年以上経った今でも半分くらいは歌えます。が、悲しいことに日本語です(笑)

> 曲をブロックに仕切りその中で
> ポイントとなる箇所を見つけ頭の中で映像的にとらえる
これはいいかもしれませんね。器楽曲の場合どう映像化するのか難しいですが。

> 普段の練習に取り入れて体に染み込ませるようにすると
> いいかも知れません

> 発表会がんばってくださいませ~(^^♪
ありがとうございます!

もうすっかり指は覚えてしまっていますが、音名で歌えるように練習中です。でもこれ師匠にばれてソルフェージュやらされるといやだなぁ(笑)

credenza | URL | 2009.10.15 23:11

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。