スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

発表会を終えて

2009.11.05 22:52  発表会

 発表会に参加しての感想です。ちょっと続く・・・かもしれません。

 まずなにより、「発表会に参加して良かった。ヴァイオリンを続けてきて良かった」という一言に尽きます。

 始めたばかりのヴァイオリンですから、一体どの程度まで人前で弾けるようになるのか、最初に発表会の話が出た6月頭には具体的なイメージがわきませんでした。

 当時はまだ鈴木2巻の半ばを一生懸命やっていた頃ですから、発表会で何が弾けるかなどとても考えられるわけがありません。

 そんな中でやや背伸びをして曲を決め、何回かのレッスンを経て本番にたどり着きました。

 ピアノリハーサルと本番を通じ、自分がどれだけ緊張するか、そしてその緊張の中で普段の練習のうちどれだけが出せるか、が改めて判った気がします。

 さすがに落ちまくったピアノリハーサル後の最後の一週間はあせり、都合2度人前でヴァイオリンを弾いてみる、との経験もすることになりました。もちろんそれで本番の緊張が緩和されたわけではないのですが、(無理やり)他人に聞かせるために弾くことを経験すること、また、広い会場で自分のヴァイオリンの音が確認することができました。

 それから、自分のつたない演奏をブログにアップすることに踏み切ったのも、本番の数週間前からでした。皆様からの暖かいコメントには随分励まされ、また、webの彼方にアップロードしたファイルを自分で聞き直すことにより、客観的な評価が出来たように思います。お聞き頂き、またコメントを入れて頂いたみなさん、ありがとうございました。(残念ながらさすがに落ちまくったピアノリハの録音をアップする勇気はありませんでした。)

 打てる手は全部打ったつもりで臨んだ本番。直前のリハーサルでは一週間前のピアノリハよりは改善されましたが、やはり一部止まってしまい、大きな不安を抱えたまま本番に臨むことになりました。

 その結果はお聞き戴いた通りです。

 決して上出来とはいえませんが、なんとか空中分解せずに弾き通せて安堵しました。弾いている途中は兎に角無我夢中でいろんなことを考える余裕はありませんでした。最後の重音を弾き終わって弓をあげるときにようやく無事終わったことを感じたのでした。

 緊張して結果はぼろぼろでしたが、弾いている途中、それでも最後の繰り返しにかかるころは、「ああ、もう終わってしまうんだ」と少し残念な気がしました。ステージで自分が中心となって弾く快感というのも、わずかですが久しぶりに体験出来たように思います。

 あと、これまで他の生徒さんの演奏を聴くことはレッスンの前に、前の方のレッスンを少しばかり聴くのが関の山で、じっくり聞く機会はありませんでした。発表会の演奏を聴いて、「上手い人はいるものだなぁ」、とこの先の道のりの長さももちろん感じましたが、皆さんそれぞれ自分のペースで頑張っていることが感じられ、いっそう励みになりました。自分の本番の出来は散々でしたが、これで良かったのだと思います。
 
 そしてなにより、これまで1年弱、ときには落っこちそうになりながらもヴァイオリンを続けてこられて本当に良かったと感じたのでした。

 これまで粘り強く指導してくださった師匠に本当に感謝です。

 ・・・って、このブログ師匠にみつかるとやばいですけど(笑)

 それから・・・来年はもっとまともに弾けるようにがんばりたいと思います。
っと、そろそろ曲を決めなきゃ間に合わないかも・・・(笑)





スポンサーサイト

タグ : 発表会

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

お疲れさまでした!
色々とよい経験が出来るものみたいですね~
私はまだ未経験(と言っても来週出るかもですが・・・)なので、色々と勉強になります♪
発表会に出た方々皆さんが、「発表会に出てよかった!」っていう意味がまだ理解できていません。
というのも、私は今回出たら2度と出ないんじゃないかな?と思ってます。
緊張に弱いのとか、演奏レベルも低いから恥ずかしいなと言う気持ちもあったりします。
そういうのをひっくるめて、出てよかったと思うものなのでしょうか?

…って多分、そういうものなのかもしれないですよね(汗
日記を拝見していると、「あれ?発表会って実は良いもの?」と感じましたから(爆

ありょう | URL | 2009.11.06 01:23

無事終了されたようで、お疲れ様でした。
何か一つ達観されたようですね。
(私も今年は、なんか悟りを開いたような気になりましたよ;直後だけでしたけども)

ピアノ教師の友人曰く、
「発表会は出た方がいい」。
なぜなら
1・大抵は難しめ(生徒のレベルよりちょっと上)の曲を選択
2・通常より時間をかけてじっくり仕上げる
3・教師も教える立場のプライドがあるので、通常とは妥協のレベルが違う
等の理由により、発表会が終わった時には格段の進歩を遂げているからだそうでございますよ。

子供なら本当に進歩は顕著なんでしょうけれどもね;
友人によれば「大人だってそう」だそうですので。
発表会に出る意味はそれだけでもあるんじゃないでしょうか。
もっともそう言われていても、私は、先生にじんわり外堀を埋められるまで出ようとしなかったヘタレですが。

i-hana | URL | 2009.11.06 12:43 | 編集

発表会、よかったですね♪

この感触?は発表会に出てみないとなんとも
他の人には説明しづらいものもありますよね。

でも、そのあたりの感触を実感できたようで
とてもよかったです。

ありるま | URL | 2009.11.06 21:53 | 編集

Re: タイトルなし

ありょうさん

こんばんは

> お疲れさまでした!
> 色々とよい経験が出来るものみたいですね~

やっぱり、想像しているのよりも実際出て見るといろんな面でいい経験ができます。

> 私はまだ未経験(と言っても来週出るかもですが・・・)なので、色々と勉強になります♪
> 発表会に出た方々皆さんが、「発表会に出てよかった!」っていう意味がまだ理解できていません。
> というのも、私は今回出たら2度と出ないんじゃないかな?と思ってます。

下のコメントでi-hanaんさんがお書きのような感じだと思いますよ。まず発表会があると、とにかく頑張って練習する!というだけでもプラスですし。やっぱり人前で弾くっていうのは楽しいものです。

> 緊張に弱いのとか、演奏レベルも低いから恥ずかしいなと言う気持ちもあったりします。
> そういうのをひっくるめて、出てよかったと思うものなのでしょうか?

はい。そのとおりだと思います。滅茶苦茶緊張しましたし、他にも上手な人は大勢いらっしゃいましたが、そこは「発表会」であって、「演奏会」ではないので、「ここまで頑張って引けるようになりました」というスタンスでなにも恥ずかしがることはないと思います。むしろ、「結構自分もいけるじゃない!」と思えるかも知れませんし。

> …って多分、そういうものなのかもしれないですよね(汗
> 日記を拝見していると、「あれ?発表会って実は良いもの?」と感じましたから(爆

ははは。私も最初に師匠から言われたときはありょうさんのように一瞬躊躇しましたが、とにかく出ます、と宣言しました。それからは結構大変でしたけど、とにかくいい経験になりますし、発表会の出来はさておき、結果的にぐっと上達したと思います。

credenza | URL | 2009.11.06 23:42

Re: タイトルなし

i-hanaさん

> 無事終了されたようで、お疲れ様でした。
> 何か一つ達観されたようですね。
> (私も今年は、なんか悟りを開いたような気になりましたよ;直後だけでしたけども)

ありがとうございます。流石に疲れましたが、久しぶりに真面目にステージに立っていい刺激になりました。


> ピアノ教師の友人曰く、
> 「発表会は出た方がいい」。
> なぜなら
> 1・大抵は難しめ(生徒のレベルよりちょっと上)の曲を選択
> 2・通常より時間をかけてじっくり仕上げる
> 3・教師も教える立場のプライドがあるので、通常とは妥協のレベルが違う
> 等の理由により、発表会が終わった時には格段の進歩を遂げているからだそうでございますよ。

この理由、とても納得いきますね。特に3.!師匠も必死だったんだと思います。1.と2.の理由から、レッスンでは随分こってり絞られましたけど。

> 子供なら本当に進歩は顕著なんでしょうけれどもね;
> 友人によれば「大人だってそう」だそうですので。
> 発表会に出る意味はそれだけでもあるんじゃないでしょうか。
程度の差こそあれ、そのわずかかもしれない差を認識できる、と言う点では大人の方がメリットも大きいのではないかと思います。

> もっともそう言われていても、私は、先生にじんわり外堀を埋められるまで出ようとしなかったヘタレですが。
私の場合は、師匠が有無を言わさず「でてくださいね!(でないと・・・)」と言う感じでした(笑)

credenza | URL | 2009.11.06 23:45

Re: 発表会、よかったですね♪

ありるまさん
> この感触?は発表会に出てみないとなんとも
> 他の人には説明しづらいものもありますよね。
その通りですね。
大勢でステージにあがったり、普段ひょこひょこやっているのとは全然違った感覚を久しぶりに取り戻したような感じです。何十年ぶり、かも。

> でも、そのあたりの感触を実感できたようで
> とてもよかったです。
ほんと、やってよかったと思います。
ありるまさんのように、詳しい感想はかけませんが、少しまたアップしますね。

credenza | URL | 2009.11.06 23:47

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。