スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

発表会への準備

2009.11.07 00:15  発表会

発表会の準備を進める過程で随分得ることも多かったと思います。

 まず、
●曲目の決定まで。
 これについては別途記事を書きましたので、一部重複しますがもう一度思い出すと、

 師匠より言われ、鈴木3巻より選ぶことになりましたが、その過程で一通り3巻の内容を確認できたました。まあ、一通り弾けそうかどうか実際に2週間くらいかけて弾いてみたので何となく3巻の感じがつかめました。これ、実は結構な予習になっている・・・はず、です。

 そのなかでいろいろ考えてバッハのブーレにしました。

 一つにはやはり発表会なのでそこそこ立派な曲が弾きたかったこと。またある程度長い曲でないともったいない、というのもありましたので、結局3巻の最後の方から選ぶことにしました。結局、6番のガヴォットと7番のブーレ、のどちらかにしようと思いました。

 もう一つ重視したのは出来る限り新しい技術なしでも弾けること。

 これはレッスン始めてから発表会までの時間を考えると新しい技術が絶対に必要になる曲ではひょっとして間に合わなくなるのではないか、と考えたからです。

 が、ここで大きな誤算が。曲を決めてから、最初は1ポジだけでも弾けるので安心していたのですが、師匠から指使いの変更、それも3ポジ、2ポジ入り交じったややこしい譜面になりました。これで難易度が一気に上がってしまったのは言うまでもありません。つとめて平静を装いましたが、これ、結構きつかったです。

 結局本番では必ずしも上手く弾けなかったのですが、練習する過程でポジション移動のいい練習になったことは間違いありません。もし、これをやっていなかったら短時間でここまでポジション移動に真剣に取り組まなかったかもしれません。

 実は師匠から「ユーモレスクどうですか?」とも言われていたのですが、譜面を見てみるとやたらとポジション移動が入っていることと、やはりビブラートがかからないとちょっと聴き応えがしないような感じがして躊躇していたのでした。(この間ちょっと弾いてみたらそんな感じはあまりないのですが...夏初めて弾いた時には原曲から移調されていることも含め、ちょっと??だったのです。)

 師匠は意外とそのあたりを見抜いていらっしゃったのかもしれません(笑)。ともかく、指使いの変更によって随分苦労もしましたが、逆にとてもいい練習になりました。(おかげでリハで落っこちまくる遠因にもなりましたが・・・)

 しかしやっぱり最後は曲の好みです。7曲ある鈴木3巻の中では一番気に入った曲だったからです。もともとチェロの曲ですが、バッハの無伴奏はチェロもヴァイオリンも折に触れては繰り返し聴いていたので、折角自分で弾くチャンスがあるのならその機会に是非弾きたいと感じたのでした。

 「ブーレでいきたい」と申し上げたときの師匠の最初の感じはちょっと心配そうではありましたが、生徒の意見を尊重してくれての選曲結果となりました。その分、レッスンでは随分しごかれましたが(笑)。

●発表会に至るレッスン

 これまで合計6回のレッスンでこの曲に取り組みました。

 5分弱と初心者が弾くには少し長めの曲で、繰り返しがあるとはいえやはり長丁場には代わりありません。レッスンの最初に師匠曰く、「ちゃんとしっかりやりますから」のとおり、なかなか上達しない中、かなり丁寧にレッスンしていただけました。

 最後の方のレッスンはかなりハードで、レッスン中に何度も通して弾くことになり、終わると汗だくになっていましたが、今後、より難しい曲に取り組んだ場合のレッスンに近いものが経験出来たのではと思っています。

 これまで記事にしているとおり、師匠の指導は普段はとても優しいのですが、ここぞというときになると随分スパルタです。時にはちょっと手加減していただきたくもなるのですが、今回のブーレも何回目かのレッスンでスイッチが入ってしまったようで、後半のレッスンはとても厳しく感じました。

 ひょっとしてレッスンが進む中で「これは大丈夫かもしれない。」と思って戴いたのならうれしいのですが。その意味で、本番大きくしくじって「破門」にならなくて本当に良かったです(笑)。

 今後のレッスンがどのように変わるのか、そしてどこまでちゃんとついて行けるのか、楽しみでもあり、少々恐ろしくもあります。

● ピアノリハーサル
 師匠とのレッスンではこれまでピアノ伴奏で曲を仕上げたことはありませんでした。(いえ、ゴセックのガヴォット・・・はありましたが(笑))

 初めてステージで自分で楽器を弾いてピアノと合わせるという貴重な経験でした。もっとも、選んだ曲は本来無伴奏のものですので、ピアノとの掛け合いという意味では今後に課題が残ったことになります。

 そしてピアノリハから本番まで・・・についてはこの間書いたとおりです。

 こうやって書き出して見ると、結構いろいろ考え、また経験できた2ヶ月間だったなぁと改めて思いました。





スポンサーサイト

タグ : 発表会

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

まとめがいっぱい

発表会の後って、あれこれと反省をしたり、
練習を始めた頃からのことを振り返ったりして、
あ~!あれも書きたい!これも書きたい!
ってなりますね。

それを分かりやすくまとめて書いている
credenzaさんは、さすがです(´▽`)

ありるま | URL | 2009.11.08 20:10 | 編集

Re: まとめがいっぱい

ありるまさん
こんばんは

> 発表会の後って、あれこれと反省をしたり、
> 練習を始めた頃からのことを振り返ったりして、
> あ~!あれも書きたい!これも書きたい!
> ってなりますね。

そうなんですね。やっぱり随分長い時間かけて準備するだけあって、書くこと一杯ありますね。
忘れないうちに振り返っておこうかと思いました。

> それを分かりやすくまとめて書いている
> credenzaさんは、さすがです(´▽`)

いえいえ。ありるまさんほど詳しくかけません!(笑)

credenza | URL | 2009.11.08 23:15

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。