スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

クライスラーのメヌエット

2009.11.14 22:52  レコード棚から

ヴァイオリンを始めて、遅かれ早かれ弾くことになる曲にバッハのメヌエットがあります。例の「れーそらしど れーそ、そ」です。いえ、バッハのいろいろあるメヌエットの中でもこの曲ほどいろんな楽器の入門時に弾かれることの多い曲はないでしょう。

 鈴木の教本で行くと、第1巻の15番目、3曲あるメヌエットの中の最後として登場しますし、もう一度3巻で今度は後半部分も合わさった完全な形で登場します。

 きれいな可愛らしい曲ですが、この曲、実は結構難しくってきれいに弾くだけでも結構大変です。3巻の方は夏休みの半分くらいずーとやっていましたが、納得いくようには弾けませんでした。

 さて、この間骨董市でまとめて買ってきたSPレコードのなかに、クライスラーが弾くこのメヌエットがありました。あのクライスラーですから、こういうヴァイオリン初心者が弾く小曲でも大変聴き応えあります。

 以前、エルマンが弾くベートーヴェンのメヌエットをアップしたときに、「このように弾くと師匠に殺される」と書きましたが、クライスラーの演奏の方はそのようなことはなさそうです。何よりたとえようもなく音がきれいです。他の曲のようにビブラートやポルタメントを多用しているわけでなくってもクライスラー節は健在です。
BBB02.jpg
 よーく聴いてみると、例のDCのところのモルデント、きちんと楽譜どおりかかっていますね。


 ちなみに、大抵の曲は何度も再録音しているクライスラーですが、このメヌエットは唯一の録音です。1925年録音。ピアノはカール・ラムソンです。



 ついでにクライスラーの弾くウィーン奇想曲。クライスラーの真骨頂がここにあります。こちらは1926年録音。ピアノはカール・ラムソン。

 それにしてもこの2つの録音、音の響きが全然違うのは、蓄音器を鳴らしている部屋が違うからです。広さもさることながら、天井の高い空間で鳴らすと本当にいい音です。

 いつもどおり、HMV163による再生音をステレオ録音。



スポンサーサイト

タグ : SPレコード バッハ メヌエット クライスラー 蓄音器 HMV163

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

メヌエット♪

一巻復習として時々演奏録音などしていますが、
おっしゃるとおり簡単なようで難しい曲だと思っていました。

クライスラー、天は二物を与えずとは言いますが、
これだけの演奏ができ、作曲もこなし、容姿端麗etcと
そなわった方なんですね。

クライスラーのようには一生かかっても弾けませんが
メヌエット復習はこの演奏をイメージしたいです。

貴重な録音を聴かせていただき
ありがとうございました。

ゆこべえ | URL | 2009.11.15 09:18

Re: メヌエット♪

ゆこべえさん

> 一巻復習として時々演奏録音などしていますが、
> おっしゃるとおり簡単なようで難しい曲だと思っていました。
そうなんですよね。何度やっても満足のいくように弾けたためしがありません。

> クライスラー、天は二物を与えずとは言いますが、
> これだけの演奏ができ、作曲もこなし、容姿端麗etcと
> そなわった方なんですね。
クライスラーは別格なんだと思います。ハイフェッツが嫌いな人はいてもクライスラー嫌い、と言う人はおそらくいないでしょう。

> クライスラーのようには一生かかっても弾けませんが
> メヌエット復習はこの演奏をイメージしたいです。

ほんと、これ、模範的ですよね。変に崩していないですし、こういう風に弾きたいものですね。

> 貴重な録音を聴かせていただき
> ありがとうございました。
いえいえ。どういたしまして。こういうのもたまにはいいでしょう(笑)?

credenza | URL | 2009.11.15 23:06

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。